SOUVENIR(スーヴェニール)

130828

SOUVENIR(スーヴェニール)とは「旅行・場所・出来事などの思い出となるような記念品、おみやげ 」だそうです。

ハンガリーへの旅行を決めたとき、カロチャ刺繍とか可愛いんだろうな!とワクワクしました。

130828_2
(↑アマゾンさんからお借りしました。画像をクリックするとアマゾンのページへ飛び、この本の中身を閲覧できます)

↓そして、中央市場ではカロチャ刺繍のテーブルクロスやエプロンなどたくさん見ることが出来たのですが…

1308281

当たり前ですが良さげなモノは高く、手頃な価格のモノはあまり欲しいと思えない…自分のお土産として、スーヴェニールとして、何かひとつは買おうとじっくり見れば見るほど熱が冷めていきます。
家に持って帰っても果たして素敵に使いこなせるのだろうか…どうも我が家のテイストには合いそうにない…

なんだかいつもこうなのです。現地で素晴らしい工芸品をみても、つい我が家に合うかどうか考えてしまい、結局買わずじまい。

さて、10月にポーランドへ行くことにしたのですが、ポーランドといえばボレスワヴィエツ陶器。
ワタシが「ボレスワヴィエツ陶器、いいね!」と思ったのは、インテリアショップのUNICOで見たときでした。
暖かみのある素朴な図案が可愛らしく現地でも是非見たいのですが、日本のオシャレなショップにおいてある工芸品ってデザイナーの手がはいって多少スタイリッシュになってたりするので、また現地で熱が冷めないかちょっと不安です。
どうか、うっとりするものに出会えますように!(笑)

そうそう、ドブロヴニクの旧市街のメイン通りではなく、海側の城壁近くの住宅街では年配のご婦人が自分で刺した刺繍作品を売っていました。
それは、観光地のお店にあるものより、ずっとずっと手が込んでいて、しかも価格もかなりお手頃!ご婦人たちはユーロ等に換算した値段表を書いたノートを広げ指差しで「このくらいの値段ならどうか」みたいなやりとりをします。
丁寧な刺繍作品がびっくりするくらいの安価なので買いたかったのですが、そのとき現金をあまり持ち合わせていなくて断念。

みなさん、刺繍やレース編みをしながら道端で作品を販売しているのですが、その中にひとり高齢の紳士がいらして、そのおじいちゃま、ハンカチに可憐な花を刺繍しているのです。
男子が、しかも高齢の男子が慣れた手つきで刺繍する様子が忘れられません^^

1308282
↑ドブロヴニクのとあるレストランのテーブルにかけられた手作りっぽいクロス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハンガリーのメンズはカゴを持つ。

130827
ハンガリーのあらゆる食材が集まる中央市場は地下鉄のKaivin ter駅から徒歩5分。
巨大な市場の2階にはフードコートがあり、安くて美味しいハンガリー料理が食べれると聞き、朝食を市場でと意気込んで向かったものの、早過ぎた!市場は朝6時から開いてますが、フードコートは9時くらいからのようです。
しかたがないので市場の向かいのベーカリーでパンを買い、テーブル席があったのでそこで朝食。美味しかったから、ヨシとしました~

しかし、ヨーロッパの市場って、建物が美し過ぎでしょう!
↑は市場の裏側を撮ったのだけど、日本人のワタシには、市場に見えない(笑)

↓は市場の正面。やっぱ市場じゃなくて教会とか市庁舎とかに思えます。

1308271

↓内部は広く、野菜やお肉はもちろん、カロチャ刺繍のクロスや、パブリカ粉、サラミやフォアグラ、キャビアも比較的安価で売っていて、お土産選びも兼ね、あれやこれやと見て回ったのですが、一番目をひいたのは、買い物客のカゴ持参率の高いことでした。

1308274

大柄なハンガリーのメンズが真剣に品定め・・・かたわらには愛らしいバスケットがあったりして、なんとも微笑ましい光景でした↓

1308276

↓けっこうな確率でハンガリーメンズがカゴをもつ光景に出くわします。
ママに手をひかれた小さな男の子だってカゴ持参です。

1308278

カゴでお買い物は男女問わず良く見られた光景で、そうそう、クーセグでは自転車のカゴも自然素材のものをよくみかけましたよ!

1308273

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪童日記の小さな町

130822koseg1

ハンガリー出身の作家アゴタ・クリストフが、フランスに亡命後、ハンガリー語ではなくフランス語で書き上げた小説「悪童日記」は、第二次世界大戦時下、大きな町から小さな田舎町の魔女のようなおばあちゃんの家に預けられた双子の少年が、したたかに行きぬいていく物語。
「ふたりの証拠」「第三の嘘」とあわせて三部作となっているのだけど、数年前に読んだとき衝撃を受けた大好きな本です。

ハンガリー行きの直前、物語中の「オーストリアとの国境のすぐ近くの小さな町K」というのは実在する町であることを思い出し、急遽、そこへ行ってみたくなったものの、情報が少なく、行くのは無理かなーなんて弱気でいたのですが・・・行ってこれちゃいました!

上の写真は小さな町K=KOSEG(クーセグ)の駅。
ブダペストからICE(特急)でSZOMBATHELYまで行き、写真の緑と黄色の電車に乗換え、クーセグにつきました。
電車から降りたのは私を含め5人だけで、英語もは全く通じす、駅前は閑散…

130822koseg3

町の中心地まではバスか徒歩でという情報だけは仕入れていたのですが、バスを待つより歩いた方が早そうだと歩くことに。
しかし地図もなく、前を歩くのは同じ列車から降りた老夫婦のみで、すれ違う人もほとんどない道を歩くのはけっこう不安なもんです。
たまに出くわす人に「セントラルはどこですか?」と聞いても、かえってくるハンガリー語、まったくわからず…

こっちでいいのかな?間違ってないかな?とドキドキしながら歩きつつ、それでも、ポストや平屋の家が可愛らしかったです。

130822koseg4

歩くこと15分。やっと、旧市街らしき街並みが見えてきました↓

130822koseg5

数時間で見回れてしまう「小さな町」はとっても綺麗で可愛いらしく、美しい教会やこじんまりとしたお城もありました(お城は、最初はお城だと気づかないで通り過ぎてしまったくらい質素でちんまりしてました^^)

↓足もとにもクーセグの紋章

130822koseg2

小説の中に出てくる中央広場や青い壁の家を探したり

130822koseg6

塔の上から眺めれば、ヨーロッパではお約束のオレンジの屋根

130822koseg7

↓八百屋さんもいい雰囲気☆
130822koseg8

旧市街は午前中だけで、ほぼ見て回れちゃったくらい小ささ。
城壁跡の外へ出て、国境近くの魔女と呼ばれていたおばあちゃんの家のほうにも行ってみようかと思ったのですが、言葉も通じず地理もわからなかったので断念。

でも、旧市街だけでも行けてよかった!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブダペストのホテルとその周辺

130813a
ハンガリーはブダペスト。空港からバスと地下鉄を乗継いで到着した西駅(Nyugati pu)周辺は、メンテンスされていない古い建築物が一見うらぶれた感を醸し出すモノの、けっこう賑やか明るく活気もある印象。

ちなみにワタクシ、先進的なヨーロッパの新都心より、色あせたぼろっちいい街並みが大好物☆
上の写真は、そんな古い建物の入口にあったもので、各室のブザーではないかしらと推測。

ホテルは西駅と地下鉄ヴェレシュマルティ広場駅の間にあり、賑やかな西駅付近から裏通りへと入ると、辺りは大好物地帯☆

130813
見事な装飾の建物も、色あせ、けっこう痛みが激しいのだけど風格のようなものを感じる。

130813e
住んでいる人はきさくで、窓からなにやら手招きしているのでそばへ行くとニコニコしながらなにやら話しかけるオバチャマもいたりして。
残念ながら、何を言っているのかさっぱりわからなかったのだけど、悪意がないことはわかるるので楽しい経験でした。

130813_4

そんな界隈にあるホテルに到着。

130813_3

石造りの古びた外観とはうらはらに、モダンシンプルな内装。
バスはシェアード。部屋はけっこうな広さ。
大きな窓から中庭がみえ、そこは宿泊客の駐車場になっていて、けっしてオシャレな空間ではナイのだけど、石の壁と大きな木と広い空が見渡せ、気持の良いホテルでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

STUDIO・APARTMEN・SOBEの違いとは?

130808sobejpg

ザグレブを一言で言おうとすると、やっぱ「可愛い☆」でしょうか。

小さな丘から見下ろせば、ヨーロッパではお約束のオレンジの屋根。

丘の上の聖マルコ教会の屋根も、やっぱ第一声は「可愛い☆」じゃないでしょうか。

130808cha_2

花壇も多く、観光都市として目指している方向は「可愛い」であろうと想像するくらい、ぬかりなく可愛い街でした。

130808

で、その可愛いザグレブで泊ったのは、可愛いとは全く方向性の違うカンジのインテリアの部屋でした。

二人用の部屋で、といってもツインではなく、二段ベッドのある二人用の部屋をシングル使用で予約。プライヴェートバス・トイレで街の中心部にありFree wifitを必須条件で探したところみつけたのがホテルより安いここでした↓

石壁にちょっとしたカウンターがある、なかなかクールなインテリアで鍵はまたも3つ(笑)。建物にはいるための鍵、ひとつめのドアの鍵、そして部屋の鍵。

130808sobe1

看板はSTUDIO・APARTMENとSOBEがありますが、その違いはいまひとつわかっていないんですけど(笑)

去年まではホテルしかとまったことなかったので、SOBEとかこういうタイプの部屋、なかなか新鮮です。
キッチンがついてるタイプの部屋もあるので、自炊したり、長期滞在にいいですね。

130808sobe2

さて、ここは個人宅ではなく、建物の中の何部屋かを貸し出しておりまして、レセプションは別のところにあります。(5月のスペイン旅行の際、セビーリャで泊ったのもこういうタイプのとこでした)
ここへ泊る数日前(そのときはハンガリーにいたのですが)、メールが来て、「レセプションは宿泊場所と違うところだから地図を添付するね!で、当日は何時頃着く予定?」みたいなことが書いてありました。

ちょうどその頃、ドブロヴニクのSOBEからもメールが来ていて、旅先でネット環境は今や必須だなと思いました。

正直、英文をiPhoneで打つのは慣れていないので気が重かったのですが(旅行前の英文メールのやり取りはPCからだったので)、まぁ簡単な質問内容だったので翻訳ソフトも使わず、ダイレクトに返しちゃいましたが、無事、意思の疎通はできていてヨカッタです。

ザグレブ到着は列車が遅れたため、メールに書いた時刻よりかなり遅くなっちゃうは、レセプションの住所には来てるのですが、看板がすごーーーーくちっちゃく(こういうとこって、わざと目立たなくしてるとしか思えないような分かりづらさです!)、何度も通り過ぎ、すっかり暗くなっちゃってヘトヘトの状態でレセプションに辿り着きました。

でも、レセプションの人すごく親切で、「こんな時間じゃ両替もできない・・」というと、空に近かったペットボトルにお水を入れてくれました。

それから、もしかしたらマシンだったら両替できるかもとマシンの設置場所や、24時間駅行のスーパーの場所を教えてくれたり、翌々日の早朝フライトのことをいうとタクシーの手配をささっとしてくれたり、英語なのにぜんぜんストレスを感じることなく対応してもらえて、疲れもふっとびました☆

あ、早朝フライトなので鍵をどうやって返すかを聞くと、「ポストに入れておいて」とのことでした。鍵の返し方ひとるでも、いろんなパターンを経験(笑)
こういうことも旅の面白さのひとつだと思います☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青果市場

130808za2
ザグレブの青果市場(DOLAC FARMER'S MARKET)は「ザグレブの胃袋」って呼ばれてるんだそう。

今回、ザグレブだけじゃなくって、ドブロヴニクやスプリットでも旧市街に朝市はあったのだけど、ザグレブの朝市は、ひとつの広場だけでなく、いくつも連なっていたのが特徴かしら。

130808za3
ひとつの広場を抜けるとまたすぐ広場があって市があり、その端から端をみてまわるとまた広場に出くわすみたいなかんじ。

130808za4
たしか一番低いところにある広場は花の市場で、次が野菜や果物、ゆるやかな上りになっていて、そのうち洋服やらウイッグやら売られている市場も出現。

130808za5

青空の下、パステルカラーの家々と市場の赤いパラソルはとっても相性の良い組み合わせ。

これがお昼を過ぎると、店じまいとなり、あっというまに商品もパラソルも手際良く片付けられ、市場があったなんて夢でも見たのかしら!なんて思っちゃうほどすっきりなくなっちゃう午後の光景も面白い体験でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葡萄棚レストラン

1308081
ザグレブの旧市街ってこじんまりとして可愛らしくって、こじゃれたカフェがたくさんあります。

しかしカフェは目につくのにレストランが少ない。
探したのが夕方前で、もっと遅い時間なら食事が出来る体制になるのかとも思いましたが、とりあえず、入口付近に置いてあるメニューに食事が書かれていた店に、あまり期待せず入店。

ところが、ひょいと入ったレストラン、入ったつもりが外だったのだからビックリ!

というのはね、入口からはいった店内に天井はなく、天井の代わりに緑のブドウの葉とツルが生い茂っているのです。

ブドウの実もたわわに実り、重なり合った葉の合間からは空がみえ、心地よい風が吹き抜けるなんとも素晴らしい空間。

外側からは想像しなかった造りだったので、足を踏み入れた時には軽く驚いちゃったのですが、その驚きは嬉しいもので、とりあえず入ったお店なのに、結果オーライでした☆

1308082

注文したのはビールとポークとサラダ。
付け合わせのキャベツの酢漬けのようなのが美味しかったな。

1308083

ポークのあいだにはハムとチーズがはさんでありまして、その大きさたるやワタシの胃袋には、かなりデカかったです。

1308084
美味しかったけど食べきれなかったです~
値段はずいぶん安かったと記憶。ビール・サラダ含めても1000円位だったと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザクレブ駅前の公園ときたら!

1308051
ブダペストからクロアチアの首都ザグレブへ冷房なしの列車で到着した時はもう日は落ちていて、駅構内の両替所も閉まっていて、足早に宿泊先へ向かった。

翌日は朝早く起きて、クロアチアの通貨クーナに両替するために駅へ行き、ついでに朝食の朝パンを購入。
コーヒーを買うにあたっては、自販機にコインを入れようとしたら、おじさんが身振り手振りをまじえ、何やら言ってる。どうやら故障しているらしい。
ワタシの次に自販機に並んでいた子連れの女性が、オジサンに「他にコーヒーを買うところはナイの?」みたいなことを聞いていて、彼女が「こっちよ」というそぶりをしたので着いていき、さっき買ったパン屋さんで無事コーヒーを購入。
クロアチアの人、ほんと気さくで親切!

ザグレブの駅↓の目の前には芝生の公園があり、そこで買ったばかりのパンとコーヒーの朝食をとることに。

1308052

芝生の周りには大きな木がたくさんあり、その枝ぶりはゆったりと横へ伸び、快適な木陰を作ってくれている。
青い空、朝の太陽、噴水の水しぶき、犬を散歩させる人などを眺めていると、旧市街に行かなくともここでこのままぼーっとしていたいと思うほど居心地の良い公園。

花壇の手入れも行きとどいていて見事。ワタシの部屋よりも大きいであろう花壇がいくつもあって、その色合いや、ぎっしり感があでやかでした。

ここから歩いて10分ほどで、ザグレブの中心地へ行けるのだけど、この場から離れがたく、いつまでもグズグズくつろいでおりました。


1308053

朝露に濡れた芝生にも小さな花が咲いてます。
1308054

クロアチアはいたるところでハートをみつけることができる可愛い町ということで、出発前にみつけたハート型バッグを持ってきてましたので、この芝生の上で記念撮影におよびました↓

1308055


| | コメント (2) | トラックバック (0)

細い坂道ほど魅力的なものはナイ。

130801sp1

スプリトのローマ遺跡は見事だけれど、案外あっという間に見学し終えてしまい、それならばと、街を少し歩いてみることに。
この日の宿泊先のSOBEがあるあたりもイイかんじにフツーの住宅地だったけど、それとは逆側に行ってみようとプロムナードをずんずん進み、これ以上行っても変わり映えしなさそうだなと思ったとき、階段状の狭い坂道を発見。

なんでしょねー
細い坂道、無性に歩きたくなる性分です。

130801sp7

けっこうくねくね登っていく道で、両脇には家々が立ち並んでいます。

130801sp2

息が切れてきた頃、後ろを振り返ると、港と旧市街が見えました。

130801sp3

一息つこうと座れそうな場所を探すため、さらに進むと、展望台のように開けた場所につきました。
そこからは、来た道とは違う、柵のある道もありました。
どうやら丘へのウォーキングコースになっているよう。
帰りは、緑豊かなウォーキングコースで降りましたが、登ってきた住宅街のくねくね道、やっぱ無性に好きです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリトのローマ遺跡

130801sp
スプリトは世界遺産になっているローマ時代の遺跡・ディオクレティアヌス宮殿があるところ。
下図の再現図(Wikpediaからお借りしました)のように四角い宮殿。再現図で海の部分は現在は道になっており、椰子の木とカフェのテラス席のあるプロムナードになっています。

130801sp6

この由緒正しき遺跡はもちろん多くの観光客が訪れているのですが、遺跡内で暮らす住民がいてフツーに生活している(たぶん。一介の旅行者からはそう見えました^^)というのが、スプリトの魅力となっているようです。

↓ディオクレティアヌス宮殿の上の階の住居に住む人々は、ココが世界遺産だからって洗濯物を隠したりしてません^^

130801sp5

出発前に、「スプリトは一泊だけなんだけどタイトすぎるスケジュールかしら?」と、数ヶ月前に行ってきたばかりだというMさんに訊ねると、「けっこう小さいから、数時間で見切れちゃうかも。じっくり遺跡を観察したいなら話は別だけど」とアドバイスいただいたとおり、うん、すぐ見終わっちゃってどうしよう…と思ったほどでした(笑)

130730split3

でも、ま、せっかくだからと、再度、宮殿の中を歩きだしたら、ひとけのない場所があって、壁を隔てた向こう側はたくさんの人で賑わっているのに、なぜか、私を含め数名の人しかいない場所というのがあって、そこがとんでもなく気にいってしまいました。

130801sp4

さびさびの鉄格子越しに海が見え、古代の石壁に囲まれた中庭のような場所。
それこそ古代の人々が現れそうな雰囲気のある場所なのに、なぜ、人がほとんどいないのか不思議でした。

あ、決して、立ち入り禁止区域ではなかったんですよ!

誰もいない遺跡。ほんとうに居心地がよく、明るい時と暗くなってからもそこに足を運んだのだけど、いつ行ってもひと気のない場所でした。

そうそう、スプリトのローマ遺跡はすぐ見終えちゃうって書きましたが、じっくり見ればそれなりに時間が必要でしょうし、美術館もあります。
また、フェリーで島々へ行くのも人気のようで、その起点となる場所でもあるので、何日も滞在しても充実して過ごせそうですよ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL Venezia ヴェネチアとスロヴェニア TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品