陽気な墓と陽気なあの人

Youkinahaka1

一つ前の記事で八丈島のお墓のことにふれましたが、「お墓といえば!」と思い出したのですよ、2016年のGWに行ったルーマニアのお墓のことを。

記事にしていなかったこともあり、いまさらですがアップいたします。

Youkinahaka

ルーマニア北西部、農村地帯のマラムレシュ地方の「サプンツァ」という小さな村には「陽気な墓」と呼ばれる墓地があります。

ブルーを基調とした木彫りの墓標には、故人の生前の生活や死因がカラフルにユーモラスに描かれています。

例えば↓は羊飼いを職業としていた方のお墓でしょうか。

一緒に描かれている犬は愛すべき頼りになる相棒だったのではと想像します。

Youkinahaka4

↓音楽が好きな人だったのかなー

Youkinahaka5

↓糸を紡ぐ姿からは、働き者であり、ものづくりを得意とした方だったのだろうなー

Youkinahaka3

↓ だいぶ色褪せ手いたので、かなり古い墓標なのでしょう。こちらの女性は織物の名手だったのかな。

Youkinahaka2

生前の様子だけでなく、死因を絵にしたものもあり、交通事故でなくなった方の図柄は事故の様子が描かれていたり、お酒好きで川に落ちた、みたいなエピソードのお墓もありましたが、悲惨さは感じられず、ユーモラスに描かれているので「陽気な墓」と呼ばれているのでしょう。


さて、お墓をみたあと、ドライバーさんが近くの一軒の家の横に車を止め、住人と挨拶を交わしだしました。

そして、その家の中に招き入れられたのです。

Youkinahaka7

住んでいるのは墓標を作る職人さんでした。

Youkinahaka8

日本から来たというと、「あれを見ていけ」と言われ、通された工房には、髪をおさげにしたセーラー服姿の墓標がありました。

Youkinahaka9_2

おわかりになりますか?
イモトアヤコさんです!

Youkinahaka10

たぶん「世界の果てまでイッテQ!」の取材でイモトさんが、はるばるルーマニアに来て、珍獣ハンターの撮影のほかに、このサプンツァの陽気な墓に来て自分のお墓を彫ってもらうことになったのでしょうね。

以上、「陽気な墓と陽気なあの人」でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーミング過ぎる!

Sinaia4

シナイア(ルーマニアの一地方)で、何がヨカッタって、チャーミングな家々☆

Sinaia7

古い貴族のお屋敷風から、ちょいと庶民にも手が出そうな小さな別荘風まで、その規模は様々だけど、

Sinaia3

すべてにおいて共通するのはチャーミングってこと。

Sinaia2


建物もそれぞれ個性があるし、そのロケーションも最高。

森林や青い空、遠くの山並みを背景にしてるから、少々、痛みが目立つお屋敷だって清清しく見える。

Sinaia6

↓たまに、こんな小路なんかもあって、私有地じゃなかったら、ずんずん進んで行っちゃいたかった!

この小道の向こうに、野性味あふれるキュートなお庭がありそう!なーんて想像するだけでニヤニヤしておりました。

Sinaia14

さて。↓写真は私が泊まったホテル。

Sinaia1

シナイアは、昔の貴族のお屋敷をホテルにしてたりするのですが、全体的に物価がお安めという有り難い地域です。

私の部屋は、内装はシンプルでしたが、ダブルベッドのある部屋と、我が家の寝室より広いバスルームがありました。
しかも家族4人で入れそうな浴槽はジャグジー!

駅から徒歩圏(上り坂だけど5分くらい)だし、メインストリートまで数分、シナイア寺院へは10分ほどというロケーションとこの設備で、さぁ、一泊おいくらだと思います?


ぬぁーーーーんと!
2800円でしたのよ!オクサマ!

ルーマニアってヨーロッパの中でも物価が安いのですが、このホテルの安さにはびっくりしてしまいましたよ。

シナイア、穴場かもしれません☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SINAIA(シナイア)がヨカッタ!

Sinaia5

ゴールデンウィークの一人旅紀行、あれから2ヶ月経過しておりますが、そうだ!シナイアのこと書いてなかった!と気づきました。

シナイアというのは、ルーマニアの首都ブカレストから日帰りで行ける距離にあり、ブチェジ山麓の針葉樹森に囲まれた立地。
かつての貴族のリゾート地だったそうで、冬はスキー客が多いとのコトです。

ブラショフからシナイア駅に着くと、いきなり急な登り階段が現れ、スーツケースを持つ身としてはくねくねした迂回路のほうを登っていったのですが、緑豊かで、かといってすんごい田舎というわけでもなく、なかなかイイとこだなーというのが第一印象☆

主要観光としては、まず、上の写真のシナイア僧院。
ゆるやかな登り坂を10分ほどのぼったところにあります。

私が訪れたときは、(たぶん有名な)聖職者がお水を振りまき、周りはすごい数の信者の方々が殺到中。
皆、その聖職者に近づきたい、祈ってもらいたい、一目お姿を見られただけでも光栄です的な感動が渦巻いておりました。

寺院の中には有名なフレスコ画があるそうですが、ものすごい数の信者さんたちが埋め尽くす内部に入る事が出来ず。
でも、遠方から集う人々の熱を帯びた空気感を肌で感じられたとのほうが、有名なフレスコ画を見ることより嬉しかったりしました。

さて、上り坂をさらに進んでいくと、道の両脇には、別荘とおぼしき可愛らしい個性的なお屋敷がたくさん見られます。(この別荘郡のことはまた今度)

上り坂を上りきると木々の多い場所になり、ペレシュ城が見えてきました↓

Sinaia12_2

↑写真を撮ったときは気づかなかったのですが、お城の尖塔の先のポールに、誰かが登っていますね。
何をしてたんだろう?ポールを点検する人なのかな?
もしくは、ただ単に登ってみたかった人?


そしてペシュレ城に到着↓

Sinaia11

ペシュレ城の中へは、英語・フランス語・ルーマニア語のいづれかの言語を選択して数十名単位のグループに入り、ガイドさんに案内させれながら進むというシステムです。
私は英語のグループに入りましたが、うん、30%くらいしかわからなかったよ(笑)
でも、美しい装飾を見るだけでも十分満たされましたからイイんです☆

↓は中庭からみた壁の写真。

Sinaia9

けっこうりりしいおっさん顔の騎士が華麗な衣装をまとう絵が描かれてました。

なんか中世ってオジサンもファンシーね。
ファンキーじゃなくてファンシーよね。

Sinaia10

こちらはペレシュ城から徒歩数分にあるペリショール城↓

Sinaia8

ここも内部見学は言語別グループ方式だったのですが、その日は英語のガイドがいないとかで、「あなた、ルーマニア語かフランス語わかる?」と英語で聞かれ、「まったくわかりません」と答えたら、「じゃ、ひとりで進んじゃって」的なことを言われ、ひとり見学。

こういうユルさが海外来てます!と感じる場面。だって、日本だったら、ガイド付きグループで見学という決まりになっていたら、ひとりで進んじゃって、なんてありえなさそう(笑)

いや。そもそも日本だったら、「今日は英語ガイドがいないのよ~」なんて言っちゃうシチュエーションがないか(笑)

さて、シナイアの所要観光名所は上記三箇所くらいしかなく、半日もあれば見て回れちゃうし、メインストリートも観光地なのに、ぜんぜん混んでなくて人混みが苦手な私そしては、とても居心地よかったです。
あと、森林ならではの空気の良さがリラックスできたのだと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木と羊の教会

Mc2_2

石造りの建造物が多いヨーロッパにおいて、ルーマニアのマラムレシュの教会は木造。

マラムレシュ地方といえば樅の木と羊なんだそうです。

なので教会内部も木材と羊毛がたくさん使われておりました。

Mc4

私が訪れたのは緑がまぶしい5月でしたが、マラムレシュの冬はとーっても寒いのだそうです。

なので木の教会の床にも椅子にも手織りの羊毛が敷かれています。

Mc

祭壇におかれていた十字架も木の温かみが感じられました。

Mc1

かなり古い時代の壁画(たぶん世界遺産)も、木の壁に描かれているせいか、中央ヨーロッパの教会の雰囲気より、ぐっと素朴感があります。

Mc5_2

これまでいくつもの教会を見てきましたが、床も長椅子もウールが敷かれているのは初めての光景でした。

毛織物の技術も素晴らしかったですが、祭壇周りのクロスの刺繍も見事。
日曜日の礼拝には、民族衣装を着た村人が集うそうですが、見たかったなぁ。
写真集でみた民族衣装も、やはり手織物や刺繍がふんだんに施されたものなんですもの。

また行きたいな。マラムレシュ。今度はぜひ日曜日に!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

木造教会とコウノトリの巣

Mmwc1

マラムレシュを知ったのは、実は、ルーマニアに行くと決めたあとでした。

旅情報を収集しようとネットで検索するも、他のヨーロッパ諸国に比べ、その情報量、まぁ少ない!

そこで、図書館の検索ツールから、ルーマニア関連の本を調べてみたら「みや こうせい」というフォトグラファーの写真集やエッセイがヒット。数冊、借りてみたのです。

Mmwc_2

写真集では、マラムレシュの四季折々の自然と暮らし、これまで見たことのないカタチの木造教会と、伝統的な衣装を身にまとったひとびとが写っていました。

Mmhey

大きな干草のかたまり、木造教会、民族衣装のひとびと・・・一目でノックダウン!やられてしまいました!
もうもう、絶対、この写真の場所に行こう!と決めた瞬間です。

Mmwc3

ところがマラムレシュというのは、地名というより地方のことで、交通の便があまりよくないところに、村々が点在しているのです。(各村ごとに違う民族衣装がまた素敵なのです)

しかも、最寄の空港であるバイアマーレ空港がまさかの閉鎖中!
短い日程の中、自力で行くのは無理があると知り、ドライバーを雇う事にしました。(貧乏ツーリストとしては大英断!笑)

Mm

ドライバー兼ガイドのマラムレシュ地元民・Vさんとは、主に英語で会話しましたが、日本の盆栽に興味があるヒトで、片言の日本語も話してくれます。

とても気の利く優しい方で、ドライブ中に、「ハングリー?」と、ダッシュボードから手作りのポークのサンドイッチを取り出し食べさせてくれたり、お昼には自宅であるペンションで地元料理をふるまってくださいました。
そうそう、手作りのワインやウォッツカみたいな強いお酒(たぶん「ツイカ(Tuica」)を、ちょびっと飲ませてくれたりしました。

Mmwc2

そして、ときどき一人にさせてくれたのもヨカッタです。
ひとりで村をぶらぶらしているときに、見ず知らずのおばあさんのおうちに上げてもらったりしたのです。

そうそう!念願のコウノトリの巣も見ることができました!

東ヨーロッパって、コウノトリが民家や電柱に大きな巣を作っているのを旅番組で観たことがあって、いつか自分の目で見てみたかったのです。

↓かなーり傾いた写真で申し訳ありませんが、首を傾けてご覧ください☆

Mmstork

ちなみにコウノトリは鶴くらいの大きさ。だから、その巣もけっこうな大きさなんですが、村のいたるところで見かけることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マラムレシュのひとびと

Mm7_2

↑ルーマニア北部の農村地帯マラムレシュで出会った農作業に向かう女性。
こうやって、農器具をかついで徒歩ででかける人々をいたるところで見かけました。

はじめて馬車をみかけてときには、もうもう大・大・大興奮!

ましてや車と馬車と羊の群れが同じ道路にいるんですから!!


Mm4

ところが、そのうちに、この地方では馬車はちっともめずらしくないんだと気がつきました。

Mm8

けっこう頻繁に見かけちゃうの(笑)

Mm10_2

で、馬車の後ろに自動車がくると、追い抜ける道幅なら追い越していくし(対向車も少ないの)、追い抜けそうもないときは、素直に待つドライバー。

羊の群れに遭遇したときなんかは、たっぷりの時間をゆったり待つドライバー。

そういう光景が、マラムレシュで暮らす人々には、あたりまえなんだということに衝撃をうけた旅行者でした^^


↓コチラの写真は羊毛を紡ぐおばあさん。

Mm9

座っていた椅子から立ち上がり、私を座らせ、羊毛紡ぎをやらせてくれました。
大きな羊毛のかたまりから糸をひっぱり出し、くるくる綿アメみたく手に持った棒に巻きつけていくのです。

そしてその糸で布を織り、寒い冬を越すための目の詰まった生地にするのが、↓写真の共同洗濯場。

Mm6_2

川の流れを板でせきとめ、人工的に小さな滝を何段もつくり、強い水流と渦ができるしくみのようです。昔からある、電気を使わないトラディショナルな洗濯機なのです☆

村に何箇所かこういった共同の洗濯場があり、各家庭の毛布など大物も、ここに運んでて洗っていました。


マラムレシュのひとびとには、いたってフツーの事が、私にとってはとてつもなくめずらしい事だらけでした^^

Mm11


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ルルル♪ルーマニア

Clujnapoka2

行く前のルーマニア情報ときたら、「治安が悪い」「ぼったくられる」「ニセ警官に騙される」などなど行くのを躊躇するような噂が飛び交っておりました。とはいっても、最新の情報ではなく、5年から10年以上前の情報でしたが。

行ってみたら、感じの悪い人なんてめったにお目にかかることもなく、当然、ぼったくられるなどの被害に遭遇することなく、むしろ人情味溢れる暖かくって人懐っこい人ばかりでした!

写真↑と↓はルーマニアで最初に入った地、クルージュナポカで泊まった部屋。3千円台の部屋なので期待していなかったのに可愛い部屋で大満足!(しかもプライヴェートシャワー&トイレもあります)ご近所のロケーションもふつーに素敵な住宅街で、いったいどこに治安の悪さが潜んでいるのか探せ出せませんでしたよ(笑)

ちなみにこの部屋まで、空港からタクシーで30分ほど。バスを乗り継いでいこうかとも思いましたが、ルーマニア物価が安いと聞いてたし、バス停から部屋までけっきょくタクシーみたいな距離だしで、最初っからタクシーとしました。料金は2千円弱くらいだったかな?おつりをチップにというと、ものすごく恐縮されました。威圧的なドライバーの噂を聞いていたのにびっくりです。

ふだん日本にいるときはタクシーなんて使えない貧乏人のワタクシですが、歩けば30分以上はかかるところなどもタクシーで4~5百円程度なので、暗い時間の移動時など、かなり気軽に使わせていただきました☆

Clujinapoka1

ドーハのトランジットホテルはゴージャスでしたが、ワタシの好みとしては、このクルージナポカのこじんまりした部屋みたいなのが大・大・大好物でございます。

そして↓は、ルーマニアはマラムレシュ地方のお宅。

マラムレシュというのは、クルージナポカからはバスで4~5時間の距離にある大農村地帯で、地理的にはハンガリーやウクライナと隣接してるあたり。

舗装された道路でも、馬車も羊の群れも行き交うもんだから、その光景に、初めはいちいち驚いていましたが、かなり頻繁に見られる、つまりは車、馬、羊が同じレベルで道路を使っているという、その共存具合が面白かったです。

で、↓のキッチンはそのマラムレシュの農村のとあるおうちで撮ったものです。

村を散策中、庭先いたおばあさんに「写真を撮ってもいいですか?」と英語は通じないので身振り手振りで訊ねたところ、「どうぞどうぞ」と門扉をあけてくれて、家の中に入るようゼスチャーで歓迎してくれたのです。

Maramurese2

いえいえ!庭先のアナタが可愛らしかったので撮りたかっただけなんですと言うも伝わるはずもなく、背中を押されるように、小さな可愛らしいおうちにあがらせていただきました。

おばあさんは生まれたばかりの子猫を見せてくれたり、好きなだけ写真を撮りなさいと(身振り手振りで)言ってくれたのですが、出発前に聞いていたルーマニアの治安の悪さが頭をよぎり、もしや最終的にお金を要求されるかも・・・なんて一瞬でも考えちゃったりしてゴメンナサイ・・・けっきょく、ほんとうに、ただの善意でそのおばあさんは家に上がらせてくれたのでした。
しかも、手作りのミニバッグまでくださったのです。

Maramurese

マラムレシュのひとたちって、ほんと人懐っこいんです。
最初は働いている人たちの写真を撮るのは迷惑だろうなと思っていたのですが、馬車を操つるひと、馬で畑を耕すひと、農機具をかついで畑へ向かうひと、羊の群れを連れてるひと、みんな仕事の途中でも、こちらをむいてにっこりしてくれるし、なんならポーズもとろうか?くらいの協調性でこちらに対応してくれるのです。

おうちにあげてくれたおばあさんには、日本から持って来たお菓子を差し上げると、近所のおばさんに嬉しそうにみせ、別れ際はぎゅーっとハグしてくれました。

ルーマニア、危ない目に一度もあわなかったなー

今回、ブカレストなどの都会には行かず、地方都市と農村部中心だったからかもしれませんが、今まで行ったどこの国の人々よりもあたたかかったです。

↓マラムレシュの別のお宅。
羊毛や木製の民芸品がぎっしりでした☆

Maramurese1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL Venezia ヴェネチアとスロヴェニア TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品