GREECE #17 ONE DAY CRUISE3

110310iland2

ワンデイクルーズ最後のエギナ島では、船で知り合ったSちゃん・Kくんと3人でタクシーをチャーター。前にも書いたけど、SちゃんとKくんはロンドン在住なので、交渉はふたりにおまかせ状態でスタート(とはいえ、ギリシアのすべてのタクシードライバーが英語がわかるわけでもないのだけど)

110419x
ここエギナ島は、かつて2年間だけギリシャの首都になったこともあるとか。
島の最大の見ものは、島の東部、丘の上に立つアフェア神殿(↑写真)。
保存状態もよく、神殿内部が2階建てになった複雑な形が特徴です。

110419y
↑次に向かったのはギリシャ正教の教会・聖ネクタリオス修道院。
先のアフェア神殿も、この修道院も、けっこう高い丘の上にあり、歩いてなんかきたらとんでもない距離だったと思いました。
いやぁ、タクシーのシェア、誘ってもらってよかったです。

さて、ここでのフリータイムは最後の島だからか、わずかしかありません。
ダッシュで(タクシーだけど)丘を下りてもらい、港にほど近い場所にある1本の柱と土台の一部が残るのみとなっているアポロン神殿へ。なんかね、1本しかないが故の力強さみたいなものがありました↓

そして、ずっと曇り空だったこの日、夕方近くのこの時間に、やっと日がさしてきて、なんか、すごいね、奇跡っぽいね、と話したり、はしゃいだり。ひとり旅では味わえない共感てやつを共有したのでした。

110419a
         
乗船時間が迫っていましたがタコ料理を食べるという計画は外せません。
ダッシュで(今度はタクシーじゃなくてホントに駆け足)で港へ向かったものの、タベルナで食べる時間はなく(ダジャレじゃなくて)、Sちゃんがタコをテイクアウトでオーダー、その間、私とKくんはビールを買うという、素晴らしいチームプレイを発揮したのでした。

続きを読む "GREECE #17 ONE DAY CRUISE3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GREECE #16 ONE DAY CRUISE2

110310iland1
↑島々には迷路のように入り組んだ幅の狭い石段や道があり、そこおかれたハイネケンとギリシアのビール「マラソン」も、なんだか絵になる。ちなみにギリシアのビール「ミソス」は飲んだけど、このマラソンは味わってこなかったのがちょっぴり心残り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワンデイクルーズとはいえ、各島への移動は数時間ほど。その間、乗客を退屈させないようにとの配慮からか船内ではショータイムがありました。
民族衣装を着たダンサーがギリシアの民族舞踊を披露するのですが、困ったことに、私の苦手な観客巻き込み型のやつでした。

このてのショーは、イタイものもになりがちで、無理やり舞台に引っ張られた心優しき素人は大やけどさせられ、見ているほうも苦笑いで、しかし、場を和ませることを強いられ、結果的に客席全体がものすごい疲労感に襲われたりします。

旅においての災難とも言えそうなこのショータイム、ひとりで見たら、きっとかなり辛かったと思います。
けど、このショーをSちゃんとKくんと一緒に見れたこと、ものすごく救われました。

Sちゃんは、何年か前にもこのクルーズに参加したことがあったそうで、そのときのダンサーたちの踊りもルックスも、そりゃー素晴らしかったのだそうです。
そのときSちゃんと一緒に旅行していたお友達の女子が、当時のダンサーと恋におちたエピソードを聞かせてくれました。

でも。でもね。今回のダンサーときたら、かなり残念な方・・・
きっと、素敵男子ダンサーは、乗客と恋に落ちる確率が高いから、あえての残念な人材を雇用しているのだろうと勝手なことを話したり、このショーを企画したのは一体誰?もちっとまともな企画出来ないもんか、とか話せたことが楽しかったです。

さて、私の子供たちほどの年齢であるSちゃんとKくんとの出会いは、乗船直後に写真を撮りっこしたときですが、一緒に行動を共にするようになったのは、エギナ島でタクシーをシェアしてチャーターしないかと誘われたのがきっかけでした。

エギナ島はこのクルーズでのいちばん最後に行く島で、アポロン神殿とビザンチン様式の教会が有名ですが、徒歩で行くには距離があるらしく、船の中では、バスで行くビスタチオ工場見学の3000円くらいの料金で参加者を集ってました。

Sちゃんに、その企画にのっかりましたか?と聞かれ、ううん、なんか団体で行くの嫌だからスルーしたのと言うと、よかったらご一緒しませんかと誘われたわけです。

エギナ島につくと、ふたりはすぐにタクシーのドライバーと交渉をはじめ、いやぁ、さすがロンドン在住のふたり、頼もしいわーと、私は一言も発することなく、タクシー3人で乗り込んだのでした。(続く)

続きを読む "GREECE #16 ONE DAY CRUISE2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GREECE #15 ONE DAY CRUISE1

110310iland3
           サロニコス湾 エギナ島の海岸近くにて
 
 
 
青い海・青い空・まぶしい陽射しを浴びる白い壁・・・ギリシャといったらエーゲ海は外せない。が、あいにく、エーゲ海のクルージングは短い日程では組み込めなかったので、近場のサロニコス湾の1日ミニクルーズを申し込んだ(ちなみに旅行代理店のオプションだと15000円のところ、自分で現地ツアーに申し込んだので11000円(←軽く自慢しているところが我ながらせこい)

内容は、早朝からアテネ市内のいくつかのホテルでツアー参加者をピックアップしピレウス港から出港。イドラ、ポロス、エギナの3島をめぐる昼食付きのクルーズで所要時間は12~3時間ほど。

さて、添乗員なしの一人旅でも、ひとりで移動するのが大変なところは現地ツアーを利用するのが時間的にも金額的にも効率よいのですが、今回は最初、船に乗ったとき、あれ、、、、このツアー、もしかして失敗・・・?と思ったのです。

なんかね、まず、乗船するときに民族衣装を着た男女にはさまれ有無をいわせずの記念撮影。観光地ではよくある商法ですが、そういうのが苦手だからの一人旅なのになーなんて思ったわけです。

船内のカフェテリアは団体客の方々がほとんどで、島めぐりのスケジュールや、商売気アリアリのお土産品の説明を聞かされ、わわわ、、、、こういうかんじ苦手だぁ~と、そそくさと、デッキのほうへ逃げだしたました。

暖かいカフェテリアと違い、冷たい風が吹くデッキには、私のほかに日本人カップル一組のみで、彼らは写真を撮りっこしていました。
「撮りましょうか?」と声をかけたら、その人たちもお返しに私を撮ってくれたのが、↓のギリシア国旗はためく写真です。
ひとり旅だと、手を伸ばしての自分撮影になりがちで、いくら自分大好き人間とはいえ、人がいる場所では恥ずかしくてできないから、貴重な写真となりました(Thanks!)
 
110311oneday2

クルーズは昼食付きで、船内のレストランで案内された席は、なんと偶然にも、デッキで写真を撮りっこした日本人カップルと同席。
カンジのいいお二人の席でよかったと思いつつ、ハネムーンの邪魔にならないようになんて遠慮が頭をよぎった瞬間、女の子のほうが、「エギナ島では、丘の上の神殿に行こうと思っていて、タクシーをチャ―ターしようと思ってるんですが、もしよろしければご一緒にいかがですか?」と誘われたのです。

え?あなたたちカップルと一緒に?と思ったと同時に、こちらの胸の中を見抜いたかのように、「私たち、ロンドンから一緒に旅行してますけど、恋人でも新婚でもありませんから~☆」と、軽やかに言われ、その雰囲気が自然だったので、人みしりの私も思わず、「ああ、それなら、ぜひ、ご一緒に」と言っていたのでした。(続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GREECE #14 アテネのカフェ

110311cafe1
              赤い缶が映えてます。何の缶だろう?

 
110311cafe2
                こちらはオリーブの木が空き缶に


110310iland3_2
          よく見ると、オリーブの実の缶に、オリーブの若木なのね


110311cafe4
            あでやかな看板。色づかいとかキレイだなーって

 
110311cafe6
         その看板があるカフェのテーブルはターコイズブルーが鮮やか     
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

GREECE #13 遺跡とオリーブと桜と

110311ruins2
↑遺跡にあるオリーブ

私の中ではギリシア神話とオリーブは切り離せないイメージ。
アテネの街中でも背の高いオリーブの鉢植えをよく見かけましたが、遺跡とオリーブの組み合わせは、古代のこの場所に、神々や人々がいたであろうとたやすく想像させてくれました。

アテネは近代的なビル群、中世の街並み、中東に近いヨーロッパの雑多さなど、いろいろな表情を持っていますが、その街中には、古代遺跡まで隣り合わせにあるのです。

110311ruins3
↑おっされぇーなカフェやカラフルなショップの向かいに遺跡らしきものがあって、え?、まさかこんな場所に?って、恐る恐る入ってみました。

入り口近くの窓口で「いくらですか?」と入場料を訊ねると、「FREE(無料)」と言われたので、ああ、ここはきっと、有名じゃない遺跡なんだろうなーなんて思って進んでいくと、いや、スゴイもんばかりじゃないですか!
英語表記が少ないので、しばらく気付かなかったのですが、アゴラの古代遺跡でした。

後に知ったのですが、冬季の日曜日は入場料無料なんですって!
街中にあって、すいっと入れちゃって、しかも無料だったもんだからびっくりでしたヨ。ほんと。

110311ruins4

けっこう広い敷地の中の遺跡群。丘には神殿があったり、修復中のなんだかすごそうなものがごろごろ。
丘のほうを上がって行くといったん出口があって、ガイドブックも見ずに散策していると、道を隔てて、アクロポリス。なんと、ここも無料でしたのよ!オクサマ。
アテネの寛容さは犬だけでなく観光客にもなのです(感謝)

110311ruins

この日の気温は10~12度くらいだったでしょうか。歩き回るにはちょうどいい気温でしたが、桜が咲いているのをみつけ、前の週にでも暖かい日もあって咲いたのかなーなんて思ったり。
日本ではウールのコートでしたが、アテネは日本よりは暖かいと思って綿のコートできたのですが、ダウンやウールのコートの人、たくさんいました。

で、思ったのよ。
ギリシア神話の挿絵とか、その時代を映画にしたのとかではさ、神々や人々は、布をプリーツとって体に巻きつけたような衣装を着てるじゃない?
アテネ、冬もあるのよ。日本ほど寒くないたって、コートなしじゃいられないくらいの寒さよ。
古代のアテネの人々って、寒い時はナニ着てたんだろう?って、ものすごく謎が残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GREECE #12 飛行機

110310plane1
いったいどのくらいの時間乗ったのだろう。
日本からギリシャへの直行便はないとはいえ、成田空港→関西空港→ドーハ→アテネという飛行スケジュールだったもんだから、20時間以上かかっているのだけど、時差の計算が苦手で正確なところはわからない・・・というより知りたくないといのが本音です(だって、ほぼ丸々1日も乗ってるなんて認識したら、どっと疲れちゃいそうじゃないですか)

航空会社は中東の裕福な国のカタール航空。機内食等サービスは充実してました。
また、私は、長時間の飛行のときは通路側、乗り継ぎ先からは窓側を希望するのですが、シーズンオフだったからか、3人がけの席を二人、もしくはひとりで使えたのはラッキーでした(それも、機内ガラガラというわけではなく、けっこう団体客の方々でびっちし埋まっていたにもかかわらずです)

110310plane3

映画は、なんと、観たかった「NEVER LET ME GO(私を離さないで)」があって、真っ先に観たのですが、期待しすぎようです。。。
原作に忠実な仕上がりなんですが感動ができなかった。うーん残念。

あとは、ウォールストリート、恋とニュースのつくり方、アンストッパブル、レッド、SPなどなど観ました。

ドーハでターミナルを移動するバスに乗った時、中東のオヤジ紳士たちの声がデカすぎて、アナウンスが聞こえないので困ったなーと思っていたら、となりの女性も「聞こえないわねー。。。トランスファーは次で降りるのかしら?」と話しかけてきたので、片言英語で世間話を楽しむも、やはり中東のオヤジ紳士たちの声デカすぎる。
キっと睨もうかと思ったとき、中東世界で有名な人物の名前が聞こえてきたので、白熱した議論なんだ、時期が時期なだけに、水を差すのはよそうと思ったのでした。

110310plane4
↑ドーハからアテネへ飛び立つ飛行機の窓から。
ドーハは砂漠と埋立地からなっているのかしら?海の色と陸の色が混ざり合って溶けあって・・・不思議な色合いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GREECE #11 アテネのお店屋さん

110310athensshop1
つなぎやオーバーオールが吊るされていて、最初、洗濯物を干してるのかと思いましたが、どうやら作業着屋さんのようでした(モナスティラキ付近)
 
 
110310athensshop3
左:キダシオン通りで大きな木の人形が座っていました。人形の店のようです。
右:中央市場のそばカフェ。市場の活気が凄過ぎて写真1枚も撮れず・・逃げるように市場を後にしたとき、通りの角で見かけたジャ―の中身があまりにも鮮やかでパチリ。
 
 

110310athensshop2
プラカのスーベニールショップというか雑貨屋さんというか古道具屋さんというか・・・プラカはごちゃごちゃしているところが楽しい場所です☆


110310athensshop4
左:椅子がぶらさがっていたからは家具屋さんかと思われます。(モナスティラキ付近)
右:アテネは生地屋さんや手芸屋さんをけっこう見かけます。そしてワンちゃんは、もっとたくさん見かけます☆ (エムール通り付近)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GREECE #10 蚤の市

110309freamarket1


110309freamarket3


110309freamarket2


110309freamarket4


110309freamarket5

日曜日、モナスティラキ広場からすぐの活気のある細い通りは小さな商店がぎっしり。その通りを少し行くと右手に広場があって蚤の市が開かれていた。

かなりの出店数で、品揃えもなかなかと踏んだ。
ささっと通り過ぎただけでも、興味深い品物はずいぶんあった気がするし、あらためてそのときの写真を見たら、ちょっとしたお宝がありそうな気配。
アゴラの遺跡に行く前に、ほんのちょっと寄っただけなので何も買わず・・・なので、ここの相場はいまひとつわからずじまいなのが残念。

日曜日だけかと思ったら、帰国する直前(火曜日)に行ってみたらやっていたので、毎日開かれているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GREECE #9 侘・寂

110309sabi1
  遠目には模様にも見えた塗装が剥がれおちた壁 (イドラ島にて)
 
  

110309sabi2
  丘の上の小さな教会と、街中の色の少ない一画 (イドラ島にて)
 
 

110309sabi3
  路地を奥まで進んでいったさきの行き止まり (ポロス島にて)

 
 
110309sabi4
  小さな丘のてっぺんにの小さな教会ふたつと民家 (ポロス島にて)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GREECE #8 ホテル

110308hotel1
↑犬天国のアテネ。ホテル前にも犬寝てますの図。

ギリシャ6日間7万円台というバーゲンツアーのホテル、期待なんかしていなかったのに、その予想は見事に外れ、なかなか快適なホテルでした。
なんといっても、アテネの中心地・シンタグマからエルムー通りというオシャレストリートを進み、ちょっと横道にはいったところなのでロケーションは最高。(ホテルに面した細いストリートもいい雰囲気のカフェやバーがあるのですよ、オクサマ!)

↓左・歩道からホテルのエントランスのちょっとした距離がいいかんじで(写真左)、ガラスの扉超しのロビーと一体感があり(写真中央)、インテリアは落ち着いた色調でまとめられていました(写真右)

110308hotel2

朝食はロビーを見渡せる吹き抜けの2階でいただきます。
メニューは暖かい卵とソーセージ、チーズやヨーグルト、数種類のパン、シリアル、フルーツと、フツーのブレックファーストなんですが、美味しかったです☆

110308hotel5

室内はこんなかんじ↓
ツインベッドだし、テラスはあるしバスタブもある。
たぶん、たまたま少しランクが上の部屋になっちゃったんだろうけど、この広い部屋をみたとき、まっさきに思ったのが、韓国の女の子こと。

110308hotel3

というのはね、GREECE #1でちらりと書いたのですが、空港から乗ったバスがデモのため目的地まで行けなくて、急遽、途中で降ろされてしまい、右も左も分からない状態のとき、やはりそのバスを降ろされた乗客の中に韓国人の20代前半かと思われる女子がいて、彼女と一緒に片言の英語で話しながら、バスが行くはずだったシンタグマまで歩くことになったのです。

続きを読む "GREECE #8 ホテル"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品