伝統的北欧スタイルで楽しむインディアン・ナイト

Dfvg3

すっかり時間が経ってしまいました。
ダラ・フローダの続きです^^

宿泊したDala Floda Vardshusは、大きな庭を囲むように三つの邸宅と物置のような建物が配置されていました。

下の写真は、ホテル側の建物のエントランスで、Dala Floda Vardshusを描いた絵が飾られています。

Dfvroom7_3

その絵を拡大したのが↓

Dfvroom8

遠近感が大胆な構図となっていますが、左のイエローの壁の建物がレストラン棟、中央にサンルーム風の渡り廊下があり、右手が宿泊棟まで描かれています。

↓これが渡り廊下の部分。

Dfv3


そのほか、絵には描かれていない場所にも、邸宅やら平屋のこじんまりとした建物なんかがあります。
たぶん、オーナーご夫婦が気に入った古民家を移築してきたんじゃないのかな。

それだけの数の建物があっても広々とした敷地でね、そのお庭もすっごく素敵でした!
イングリッシュガーデンっぽいカンジ?スウェーデンだけど(笑)

野性味溢れる草花、色とりどりの花、大木とガーデンパーティーにぴったりな芝生には無造作に椅子とテーブルが置かれ、庭の気にった場所で朝食をとることもできます。(朝食はビュッヘ形式)

Dfvg

↓これが、レストラン・宿泊棟から離れた位置にある、移築してきたのではと推測した物件。

Dfv6

この建物の裏手は、道を挟んで湖があり、ボートやカヤックを楽しめるみたいよ☆

Dfvg2

庭でコーヒーを飲んでいたら、オーナーさんが、「建物の中を見る?」と声をかけて下さったのでぜひぜひ!と内部見学。

まだ何部屋かは改装途中のようだったけど、家具も小物も、とっても素敵でね、オーナーさんの趣味のよさが伝わります↓

Dfvroom2

ゆくゆくはファミリー向けのコテージにしたらいいな、この棟は・・・って、自分のものでもないのに、ワクワク夢想してきました~(笑)

それにしても、北欧ってやっぱし「センス、ハンパないっ!」って思いました。
なんか、日本人のDNAにはない美的センスが彼らには備わっているような気がする(笑)

Dfvr

さて、↑写真のレストラン棟や宿泊棟での共有スペースもご紹介。

↓がライブラリー。写真で見るよりもすごーーーーく広いです。

Dfvroom1

↓宿泊の個室のほかにも、リビング的なお部屋がいくつもあり、そのどれもが、いちいち素敵でした~

Dfvroom6

↓ここは朝食やらディナーをたべるレストランのスペース。

シャンデリアは自然の野花で飾られています。天井にはシャンデリアの葉から延長するかのように葉っぱが描かれているんだけど、この写真では見えづらいかな?

Dfvroom4

↓そのとなりにも大人数が集える部屋があり、私、たまたま金曜日に到着したのですが、フライデーナイトはなにやらイベントがあるとことで、このスペースとレストラン部分で、宿泊客とご近所さんを交えてのパーティーがありました。

Dfvroom3

その日のパーティのテーマはインディアン・ナイト。
最初、耳にしたときは、アメリカ大陸の原住民インディアンかと思いましたが、そっちのインディアンではなく、「インドの」の意味であるインディアン・ナイトと判明しました。

インド人のオペラ歌手ファミリーが歌う中、カレーがメインのコース料理を頂くのです。

見知らぬ方々のテーブルに仲間入りさせていただき、スウェーデン語がまったくできない私のために、英語で話しかけていただくなど、気を使っていただいちゃいました。

ちなみに、インド人オペラ歌手ファミリーは男性1名、女性2名、12歳くらいの男の子の編成。
オペラの楽曲を、オペラじゃなく聴くのも、いいもんですね。
素晴らしい歌声でした☆

あと、お客のみなさん、思い思いにインド風な装いをしていらしていて、えっと、サリーを肩掛けにしたり、オデコにちょんとお化粧したりと、なんかイイかんじのパーティ体験でした^^

インディ・ナイトの料理は、前菜は数種の北欧らしいラインナップのオードブル(シュリンプとかミートボールとかよくわからなかったもんとか・笑)で、メインはインディアン・ナイトにちなみ、ボウルに入ったカレー数種とサワークリーム。

ナンではななく、各自好みのクネッケ(北欧のクラッカー)をちぎって、それぞれのカレーのボウルをみんなで仲良く回しながらいただきました。

日本人的にはバングラデシュのカレーという味で、非常に美味しくいただきましたが、地元民の一番人気はサワークリームでした。
やっぱ、そこは北欧なのね!ってかんじでした(笑)

スウェーデンのフォークロアな地で開催された、インド人オペラ歌手が歌うインディアン・ナイト。
インド音楽ではなくヨーロッパの伝統的オペラ曲です。

しかも一番人気の料理がカレーじゃなくてサワークリーム。

文字にすると、異文化がいくつも重なった不思議ワールドなんだけど、その場の雰囲気は、とても調和の取れた居心地の良い素晴らしいパーティでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dala-Flodaに決めたのは

Dfv2

今回の旅先のひとつをDala-Floda(ダーラ・フローダ)にしたのは、ちょっと不思議な経緯があります。

というのは、スウェーデン行きのフライトチケットがなかなか安く見つかったのはヨカッタのですが、北欧は物価が高く、安い宿泊施設探しに四苦八苦しておりました。

エクスペディアやAgodaなどで検索するうち、とあるホテルの写真の建物に、あれ?ここ知ってる・・・と思ったのです。
まったく行ったことがない地域なのにです。

何で、この建物に見覚えがあるのだろうと考え、はっとしました。
たしか何年も前のフィガロジャポンの北欧特集で見たんだと思い出し、その記事を探し出すと、まさに上の写真の建物だったのです。

記事の写真はけっこう小さいし、私の記憶力だって決していいわけではないのに、覚えていたことに自分で感動してしまい、これはもう行くっきゃないでしょ!というノリで予約してしまったのでした。

Dfv1

そこはDala Floda Vardshusというホテル&レストランで、名前のとおり、ダラフローダ(Dala-Floda)というストックホルムから3時間チョイの田舎町にあったのです。

ホテルを決めてから旅の計画をたてるという、いつもとはまったく違う決め方でしたが、裏手に湖があり、まるでサンクチュアリのようというクチコミのとおり、素晴らしいロケーションでした。

お庭も広くってね、↑の写真のクリーム色の左の建物がレストランで、水色の窓枠の渡り廊下の先に写真右側の赤い壁の別館があり、そこが宿泊場所となっています。

↓の写真のようにお庭からも出入りできます。

17部屋とか言ってたかな?各部屋全部が違うインテリアで、いくつか他の部屋を見せてもらったのだけど、ものすごく素敵なインテリアばかりでした☆

Dfv5

私の部屋は3階で、オーナーが「この部屋よ」とドアを開けてくれたとき目に飛び込んできた、薄い水色にペイントされた壁やブルーの窓枠に、きゃぁきゃぁしちゃいました(笑)

Dfv8

「ここに鍵をかけてね」とオーナーが言った方に目を向けると、鍵も鍵をかけるフックも可愛い↓

Dfv15

斜めってる天井、アイアンのベッド(小さく見えるけどダブル)、ガラスの照明などなど、きゃぁきゃあポイントが尽きません(笑)

Dfv7

↓ベッドとは反対側の壁には、こんな飾り棚があってね、

Dfv10

↓ご満悦のワタシ(窓からの光がシワもたるみも飛ばしてくれたミラクルショット)

Dfv11


窓にかけられたアンティークレースの縁取りのクロス、小さな王冠の置物など、いたるところにさりげないセンスが感じとれ、イイトコでよかった!と思いました。

Dfv9


机に置かれた宿泊案内のファイルは、この地方の手芸品の刺繍を施したテープとリネン生地でお洒落されておりました。
こういう小さい気づかいが、部屋の雰囲気を壊さない要因ですよね^^

Dfv14

↓窓からの眺めも素敵でしょう?

Dfv13

ちなみに、ここは、オーナー夫婦のご主人が料理するオーガニックレストランも優秀とのクチコミ。

↓は別棟のレストランでの朝食の写真

Dfv12_2

長くなったので、他のお部屋やお庭、金曜日のディナーのスペシャルイベントのことなどは、またの機会に☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰とも出会わない

Da1

ストックホルムから電車とバスで3時間ほど移動。
スウェーデンの中央部ダーラナ地方は、大自然と伝統的な赤い壁の家が特色です。

Da4

この地方の銅鉱山では良質の銅が産出されるそうで、その産出時に得られる赤い染料が全国で家屋を塗る塗料として利用されたため、スウェーデンの伝統的な木造建築は壁が赤い(赤銅色)場合が多いとのこと。

Da2

私が訪れたのはダーラナ・フローラという村で、あまりの人の少なさにびっくり。
いつもは人が映りこまないよう写真を撮るのだけど、村を散策するも、ほとんど人と出会わないんですもの。数時間の散策中遭遇したのは人ふたりと車3台くらいよ☆

青い空に白い雲。おだやかに流れる川辺に密生する草花。
完璧過ぎるほどのロケーションなのに人の気配がしないので、ここは広大な映画のセットかと思ってしまうくらい。

音もね、ほとんどないの。風が木や草を揺らすときの音くらいしか聞こえてこない。
ときたま犬の鳴き声が風に乗って届くくらい。

こんなにお天気もいいのに、村の人は何をしているのだろう。
むろん、観光客とも一切出会わず。

これまで旅してきた中で、ポーランドのザリピエ村を凌ぐ寒村感を味わいました。
でもね、家屋や庭など、しっかり手入れされていて廃墟感ゼロなの。

完璧で健全な絵のような場所なのに人の気配がしない分、映画のセットのような気分になったのでした。

Da3

さて、ダーラナといえば北欧好きな日本人が思い浮かべるのはダーラナへスト(ダーラナホース)じゃないでしょうか。

Da5

一本のナイフがあれば作ることができる、素朴な子供のおもちゃ。

その木彫りの馬に赤や青の塗料を塗り、地方ごとに特色のある図柄をペイントして出来上がるダーラヘストですが、何にも縫ってない状態も好きかな。

Da6

さてさて。
8月のスウェーデンでは、ここダーラナでもストックホルムでもゴットランドでも、赤い実をつけた木をたくさん見ました。

Da7

IKEAのジュースにある「リンゴンベリー」かなと思い調べましたが、葉っぱの感じが違うみたい。
どなたかご存知だったら教えて下さると嬉しいです^^

Da8

それから↓写真の横断歩道。ちょっと違和感を感じて二度見。

Da10

そしたらなんと、手描きの横断歩道なのです!

↓コチラの写真で見ていただくとわかるかなー

「にわとりが横断しますよ」ってことらしい(笑)

Da11

「のどか」という言葉がぴったりなダーラ・フローラでした^^

Da9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな誤解で大きく動揺する小っさな自分体験記。

Gotland01

前回の記事で、ゴットランドはストックホルムから船で3時間と書きましたが、島には空港もあります。
飛行機だとストックホルムの空港(アーランダ空港またはブロンマ空港)から50分くらいで行くことができます。

ちなみに夏場のゴットランドは非常に人気があるらしく、最初は宿泊するつもりでホテルを探しましたが、もう高いの何の!一万以下なんて、ほとんどなくっって、できたら五千円以下で泊まりたい私の形容範囲に納まらなかったので日帰りにしたのです。

なので、時短のため行きはノルウェーエアシャトルのフライトチケットを購入。
LCCなので大きな荷物は別料金。それでも5000円くらいでした。

ゴットランドへのフライトは複数の航空会社が参入していますが、その日の帰り便は安いのがなく、フェリーとしました。

フェリーも飛行機も、日にちや時間帯によって料金がかなり違います。
日本からネットで購入したのですが、同じ席でも時間帯によってぜんぜん違うし、早割りみたいな制度もあるようです。私は運よく、夕方発のフェリーのラウンジ指定席を6000円弱でとることができました。

Gotland04

さて、日本からストックホルムのアーランド空港に着いたのは早朝7時。
30度越えの日本から20度に満たないスウェーデンゆえ、ジャケットや靴下を着込み、ターミナル5から国内線のターミナル4へ徒歩で移動し、LCCのチェックイン。

マシンでのチェックインはめずらしくありませんが、荷物の預け入れを無人のカウンターで自分でバーコードを読み取りターンテーブルにのせたのは初体験でした。

あっという間にゴットランドの空港に着き、夏の間だけ運行しているバスでフェリー乗り場を目指します。
まずはスーツケースをフェリー乗り場のコインロッカーに入れるためです。

Gotland05

「夏場だけのバス」「フェリー乗り場にしかコインロッカーはない」というのは、ネットで仕入れた数少ない情報だったので、間違っていないかどうか不安だったのですが、バスもロッカーも実在したのでほっとしました。

Gotland02

それでも、やっぱし、パニくる材料は多々あったのでした。

というのは、一番大きなコインロッカーのドアの高さより、スーツケースのほうが大きいという事実!

ええええええええーーーーー!!!入らないじゃん!!!!!

フェリー乗り場に窓口のお姉さんに、「ここより大きなコインロッカーか、もしくは、荷物預かり所はない?」と聞くと、「この島で荷物を預れるのはこのコインロッカーだけよ」と言われる。

そんな・・・・
スーツケースを引っ張りながら、段差の多い島巡りするはめになるなんて・・・
そのときの気分は、まさに漫画のガーン状態。

でも落ち着けワタシ。
ワタシのスーツケース、格別デカイわけじゃないでしょう?

この島に日帰り滞在する旅行者は決して少なくないはず。
ならば、このサイズの荷物がロッカーに入らないなんてことはないはず・・・ましてや、ここしかロッカーがないのなら尚更。

と思い直し、ロッカーの扉を開けてみると、なんと!

すっごい奥行きがあったのです~!
あ、なんだー、スーツケースを横にすれば入るんだ。。。
結局、荷物を入れる前から、扉のサイズ感でパニくったということが判明。

Gotland03

ひとまず安堵するも、コインを投入しなくちゃいけないことに気づき、両替機に10SEK(スウェーデンクローネ)を入れる。
が、何度挿入しても、戻ってきちゃって両替できず、またも窓口のお姉さんのところへ行き、「マシンの調子が悪いから両替できないみたい」と言うと、「あなた10SEKを両替しようとしてるの?」と言われ、「あ・・・・!!!」

スウェーデン到着後、初めてお金を使うにあたり、完全に単位を一桁間違えていた!
10SEK札は日本円で130円。130円を細かくしようとしてたわけです。

あらためて100SEK入れたら、何の問題もなくコインがジャラジャラ出てきましたよ。

このパニくりで、さらなる自分の小っささを認識し直すこととなりましたが、窓口のお姉さんが大変優しく、馬鹿にしたような態度を示さないでいてくれたことが救いです(笑)


Gotland06

以上、小さな誤解で大きく動揺する小っさな自分体験記を、ゴットランドの可愛らしい街並みの写真と共にお届けいたしました~

このての失敗は、これからもするんだろうな…

しないという自信がまったくないもの!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやほんと!中世の町でした!

Gotland

スウェーデンのゴットランドはストックホルムから船で3時間ほどの島。
「魔女の宅急便」のモデルとなった町のひとつと言われているそう。
宮崎駿作品の舞台のモデル説は、世界各国いたるところにあるようですが、中世の面影が残るオレンジ色の屋根、その向こうに見える海は確かに息をのむほど美しかったです。

Gotland13

海の見える坂道を犬を連れて歩く女性↑

街角でお喋りする人々↓

Gotland12_2

島の人たちは、今でもこんな格好を?!と思ったアナタ。いえいえ、違うのです。

私が訪れたこの日を挟む数日間、中世の衣装で集うイベントのときで、島の住民だけではなく、多くの人々が中世コスプレでやってきていたのでした。

Gotland2

公園では中世のバザールのような屋台がたくさん出展されており、そこに集まる人々の衣装もかなり本格的。
ヘアスタイルや小物のかごや革製品など、中世の雰囲気にリアルに迫っています。

Gotland3

↓この男性なんか、毛皮の敷物持参だからね!
ビニール製のレジャーシートじゃないところがすごい。

Gotland4

↓小さな子だって中世コスプレ

Gotland6

↓波とたわむれる女性も、その衣装が風に舞い優雅

Gotland5

↓防波堤で愛を語り合うふたり。ふたりの前の道路は車がビュンビュン走ってるんですけどね(笑)

Gotland8

2016年とは思えない、島ぐるみの中世コスプレイベント。
楽しかったです!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TAIPEI 台北 TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL Venezia ヴェネチアとスロヴェニア TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品