少数民族の住むバウツェン

Bautzen1

2015年末弾丸ドイツ旅行記、のんびりにもほどがあるだろうってくらいのSPU(スローペースアップをDIGO風で)ですが、おつきあいくださると嬉しいですm

写真↑は、少数民族の住むバウツェンという小さな町の丘の風景。
(暮れなずむ時間帯、iPhoneの望遠で撮ったため画像が荒すぎて写真じゃないみたいね)

ゲルリッツという、ドイツでもポーランドよりのマイナーな場所から、さらにマイナーなバウツェンに行ったのは、ザクセンチケット(ドイツのザクセン地方をリーズナボーに回れる1日周遊チケット)の存在があったから。

ザクセンチケットで、ゲルリッツからドレスデンに行き、その帰りにバウツェンで途中下車したのでした。

12月末の日照時間は短く、駅から旧市街に歩いて向かううちにだいぶ薄暗くなってしまいましたが、小さな町なので、駆け足でさくっと回りました。

とはいえ、英語がいっさい通じず、地図が手に入らず、町の人々が「観光ならこの道をあっちのほうへ向かうといいよ」と、たぶん言ってるんだろうなと、予想して歩いていきました。

地球の歩き方での情報もほんの数行で、何が観光ポイントなのかもよくわからずだったのですが、旧市街の街並みはカラフルで可愛らしかったです。
↑の写真は丘の途中からみた市街ですが、可愛らしい色のおうちでしょう?


↓は絵本にでてきそうな可愛らしいお墓だったので、思わず撮ってしまいました。

ちょうど、泊まっていた部屋のテレビで、エルザと白鳥にされちゃった王子たちのおとぎ話が実写版で放映されているのをみたあとだったので、エルザがこの墓地で兄たちの魔法をとくためイラクサをせっせと編んでいる様子を想像しちゃいました。

Bautzen

↑のお墓の向こうにぼんやりと教会がみえるのがおわかりになりますでしょうか?

↓簡素な教会は、子供の頃、絵に描いた教会と同じカタチでした^^

Bautzen2_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっかり繋がっちゃった

Trip_2

2015年末ドイツ旅、ほとんど更新してなくて、ちょっと落ち着かない今日この頃です。
もしかしたら、旅行記を楽しみにしてくださる方もいるかもしれないという想いと、次回の旅のプランのための備忘録として、自分にとっても記しておきたいところなのですが^^;

一人旅歴も、遅いデビューのわりには30カ国近くとなり、そろそろ飽きてもいい頃でしょうと自分に聞いてみるも、いえ!まだまだ旅はしたいです!と元気のいい答えが迷うことなくかえってきます。

うん。実はもうGWの行き先決めたしチケットもとっちゃった。
けど、そのことは、また次の機会に記事にするとして、今回は「海外パケットし放題にうっかり繋がっちゃった件」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「海外パケットし放題」とは、海外でメールやネットが簡単に出来ちゃうよーというサービス。(そのサービスの呼称は各通信会社によって違うとはずですが、私の場合はソフトバンクなので)

事前に申し込む事もなく、海外にスマホを持っていけば、ほぼ勝手にそのサービスが機能するので、便利といえば便利ですが、日額1980円なので貧乏ツーリストとしては、使う気ゼロ。ホテルや空港の無料WIFIのみでやり過ごしております。

無料WIFIのみで過ごすというのは、モバイルデータ通信をすべてオフにし、フリーのWIFIが飛んでる所でだけでネットやメールをするということです。
(ちなみにモバイルデータt通信をすべてオフにしても電話はつながります。海外だと電話も高額になるので、地上でもフライトモードにして、つながらないようにしています)

モバイルデータ通信をオフにしていると、マップやsiriも使えませんが、それで不便を感じたことはないので、たいていはその状態で旅をしてきました。

さて今回の旅、腕時計のストラップが外れやすくなっていたので家に置いてゆきました。
ふだん、どこにでも時間表示はあるので(スマホ、公共の時計、家電にさえもね)、さほど困らないだろうと思ったのです。

が、乗継のとき時計ってすごく必要なのでした。
というのは、時差もあるし、搭乗ゲートの締め切り時間などをすばやく正確に知る必要があるのです。

フライトモードでモバイル通信をすべてオフの状態のまま海外にいくと、スマホの時間表示は日本から引き継いだ表示のままなので、「えっと、現地時間に何時間プラスするんだっけ?」とかなります。

なので、フライトモードやモバイル通信を日本にいるときのようにし、現地時間を表示させ、そしてまた、オフモードにし、いつものように海外では課金されないように行動したはず…なのです。

しかーし!
数日後、翌月のスマホ代がいつもより高いので明細を見たところ、「海外パケットし放題」が1日分課金されていたのです。

なので、近所のソフトバンクに行き事情を説明すると、スタッフのオニイサンに、「今、すごっく混んでるから、この電話で直接ソフトバンクに問い合わせて」とコールセンターへダイヤルした子機を渡されました。(←とても斬新な対応だと思いましたが、感じ悪いわけでもなかったので従いました^^)

数十分間、「ただ今、大変混雑しております。順番におつなぎしております」のアナウンスをたくさん聞いた後、やっとコールセンターに繋がりました。

「海外ではいつもモバイルデータ通信をオフにし、し放題に接続されないようにしていたつもりなんです・・・もし、繋がっちゃったとすれば、それは時刻合わせをした、ほんの数十秒の時間だけなんです」とダメモトでいうと、「今回だけですよー」と、海外し放題の課金を取り消す手続きをしてくれたのです!(ありがとう!ソフトバンクさん!)

ちなみに、じゃぁ海外で課金される事なく、現地時間を表示させるにはどうすればいいのかを調べてみました↓

【方法1】 日付と時刻が日本のまま手動で現地時間に合わせる。(設定⇒一般⇒日付と時刻⇒自動設定をオフ⇒時間帯から都市を選ぶ)

【方法2】一度でもWi-Fiに繋げればOK。自動で現地時間に変更されます(自動設定の場合)

ということでしたよん☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケ地ゲルリッツと愛を読むひと

Goerlitz1

ゲルリッツに興味を持ったのは、「グランド・ブダペスト・ホテル」のロケ地と知ったときからでした。
ゲルリッツなんて、それまで聞いたこともない地名でしたが、なんとなく気になるようになり、その後「愛を読むひと」や、タランティーノの『イン ゴリアスバスターズのロケ地でもあると知りました。

空襲を免れた街並みは本当に愛らしく、それでいて、超有名観光地でもないので、路地裏や町外れの廃墟感も愛しいです。

そして、ヨーロッパの旧市街ならではの光景、石畳の上を走る路面電車というのも魅力的と思います。

「愛を読むひと」では、ケイト・ウィンスレットが路面電車の車掌をしているシーンがありますよね☆

Goerlitz2

先日、GYAO!で3度目くらいかな、再々度目の「愛を読むひと」鑑賞をしました。

確か最初観たときは、ケイト・ウィンスレット演じる主人公が隠している事が、なぜ、そこまで彼女にとって恥じる事なのかがよくわかりませんでした。

でもね、回を重ねて観るほどに、彼女が隠した心情が、痛いほどに伝わってくるのです。

少年と自転車で旅行に行ったとき、小さな教会で子供たちが賛美歌を歌う場面の彼女の羨望のまなざしとか、車掌から事務職への昇進を告げられたときの複雑な表情とか、ああ、彼女がそれまで生きてきた30何年間が決して健やかなものではなかったと想像できるのです。

15才の少年とであったときの彼女は30半ばから後半くらいの年齢でしょうか。
無期懲役を言い渡されるときは40代始め。その年齢まで隠し通してきた彼女の秘密。だからなおさら、いえなかったんでしょうね。
隠したかった彼女の心を想像すると切ないです。

さらに、彼女は秘密を隠したいだけではなく、言い訳できない罪の大きさも感じていたからこそ、判決を受け入れたのではないかしらとも、あらためて観て感じました。

そしてまた、刑務所内で、送られてくるテープを聴くことは、彼女にとって幸福な時間であったことも、前回観たときより、さらに強く感じました。
そして彼女が選んだ最終決断も、実に彼女らしいと。

愛を読むひと」。ほんといい作品ですね☆


| | コメント (4) | トラックバック (0)

思いっきり不審者

Room

2015年末ドイツ弾丸旅で泊まったのは一泊3000円台の部屋。
ベルリンあたりの一泊の平均料金は1万円以上なので、ホテルはあきらめ、「寝れればいいや」なタイプを探しました。

有難い事に、ゲルリッツでは駅から徒歩圏で旧市街へも10分くらいに位置するペンションが朝食付き・バストイレ月の広い部屋が3000円台でみつかりました↓

Room3

↑の写真で写っていない部分もあり、かなり広めの部屋でキレイで、朝食のメニューもよかったです(ただ、エレベーターなしゆえ、これ以上高齢になったら、スーツケースを持って階段をあがるのは無理かも・笑)

さて、ドイツ到着は夜だったので、目的地ゲルリッツへは、ベルリンで一泊してからと決めました。
空港からも駅へも行きやすい場所であればいいので、狭くて汚くてもいいやと選んだのですが、わりとキチンとしていて過ごしやすかったです↓

Room1

フロントがないところなので、翌朝早朝、暗くひっそりとした中、ひとり部屋を後にし、ゲルリッツへ向かいました。

と、そこまでは予定通りだったのですが、帰国日の前日、これもフライト時刻の関係で、いったんベルリンに戻り、一泊したのですが、その部屋ではとっても苦労しました。

部屋のオーナーから、宿泊する前日に、部屋への入り方を指示したメールが届くという初体験の宿泊方法なのです。

メールによると、まず、宿泊するアパートの建物の入り口で指示された部屋のベルを押すと、建物のドアロックが解除されます。

右手にいくつかのボックスが並んでいるので、指示のあったボックスを開け、中の物体にメールに記載されていた番号を入力。その後、3rd floor(日本でいうと4階)まで階段を上がり・・・なのですが、とりあえず、スーツケースは下に置きっぱなしで上りました。(だって、絶対一回で部屋にはいれる気がしなかったんですもの・苦笑)

3階にはふたつのドアがありますが、表札があるわけではなく、ドアには鍵がかかっています。

ん?あれ?なんか、間違えてるなアタシ?と、階下に降り、再度、ダイヤルを合わせなおします。初めて見る物体だったので、指示された番号を入力する他に、どうすればよいのかわからないのです。

だんだん暗くなってきて、ワタシもだんだんパニックになっちゃったところに、人の気配がしたので、思わず助けを求めました。

そこにいたのは、階下に住むかなり高齢のご婦人で、英語は通じず、それでも困っている私を察してくれました。

私が指定された番号を階下で入力したことを伝えると。身振り手振りで、何かあけるようなしぐさをします。
どうやら、入力するとその物体が開き、中に鍵が入っているようなのです。
私はてっきり、番号を入力すれば部屋の鍵が解除されると思い込んでいたのです。

そして、また、階下に戻り、あーでもない、こーでもないと、その物体をまさぐりまくり、どうやったら開くのか悪戦苦闘。やっと、なにやら突起物があるのがわかったので、そこを押しながら、表面のカバーをあけるという仕組みがわかり、やっとこさ鍵を取り出しました。

さて、オーナーからのメールには、「Your room is on the 3rd floor on the right side. Room number is 1」とありますが、左側には№.1とプレートがあるものの、右側に№.1という部屋が見当たらないのです。

さっきの老婦人の部屋は2階の1号で左側だったので、その上の部屋のドアに鍵を差し込むもはいらないもんだから、再びパニック!!

申し訳ないと想いつつ、またも老婦人に助けを求めにいったところ、そこへちょうど息子夫婦が帰ってきて、一緒に3階へあがってもらいました。

メールに書いてあった「on the 3rd floor on the right side. Room number is 1.」のことを伝えると、right sideのドアに躊躇なく鍵を差します。そしてそのドアの向こうには、またいくつかの部屋があり、その中のひとつがnumber 1だったのでした。

3階には左右ひとつずつドアがあり、左側のドアには№1のプレート、右側には表示なしだから、混乱したワタシのミスでした。。。。。

わかればなんということはないのですが、この建物に到着して、部屋には入れるまで軽く1時間はかかったと想います。
老婦人が親切な人だったとはいえ、ワタシ、思いっきり不審者してきました。この事件は、とてもへこみました。


さてさて、この日の事件はまだあるのです。(長くなってすみません)
Room4

やっとこのとで部屋に入り、荷物を置くと、すぐにベルリンの町へ繰り出しました。明日は帰国で、空港バスの乗り場の確認と、ついでに夕食を食べておかないとってことで。

元々、空港行きのバス停に近いところをと選んだ部屋なので、バス停はすぐみつかりました。
時刻表を眺めていると、バスがきて、気がつきました。
あ、反対だ。。。ここは空港から来るバスが止まる方だと気がつき、反対車線に目をやると、ありました、。正しい空港行きバス停が。

いやぁ、前もって気づいてヨカッタ。朝方、あわてて乗り込んだのが空港とは反対方向のバスだった、って事態は防げたのですから☆

なので、事件はバス停のことではなく、ご飯を食べて部屋に帰ってきてからのことです。
もう、部屋の場所はわかったのですが、鍵を差し込んでも開かないのです。
ちょっとしたコツがあるんですよ。ドアノブを自分のほうに引張り気味にするカンジというか・・・そんなこんなで、ドアの前で悪戦苦闘していると、偶然にもオーナーさんらしき人が現れ、いっしょに部屋に入ると、オーナーが{あれ?」って顔をするのです。(オーナーは離れたとこに住んでいるらしい)
どうやらパネルヒーターが作動していないようで、修理の人を手配してくれたのです。(その後10分ほどで修理の人が来てくれました)

年末のベルリン。暖房故障じゃ辛すぎます。
もし、鍵がすんなり開いて、オーナーと出会わなかったら、私、ひとりで、部屋の寒さに気づき、オーナーに連絡取ったりしてたんだろうか?
どうせ一晩だけだからと、修理の依頼をせずに、ベッドで震えていたんじゃないかな、なんて思います。

自分で選んだ低コストの宿泊所とはいえ、自分でいろいろなリスクを背負う覚悟はもちろん、「強い心」が必須だと、改めて思い知りました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅と信号で旧東ドイツを想う。

Bahnhof1

観光地としてはマイナーな街・ゲルリッツの駅構内の天井が超キュートなんです(↑)
駅舎自体はヨーロッパのどこにでもある、めずらしくもないツクリですが、木製のドアや窓ガラスのちょっとした装飾は素敵でした。

Bahnhof2

でね、↑写真と↓写真に写っている信号にアテンションプリーズ。

Bahnhof3

ちっこくって見づらくってゴメンナサイなのですが、旧東ドイツから引き継がれたアンペルマンの信号なのでした。

以前ベルリンで見かけておりますが、ローカルな街の信号もアンペルマン。旧東ドイツをなんとなく感じたりしたのです。

↓そして、こちらはドレスデンにあった信号。

Ampelmanngirl

アンペルマンの女の子バージョン、アンペルフラウ(AMPELFRAU)でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Görlitz ベルリッツじゃなくてゲルリッツ。

2

仕事始めの日に職場に行くとアクシデント発生で、先週は対応に終われておりました。
いやおうなく日常に戻れたのはいいのですが、2週間前の旅の記憶が薄らいで行く今日この頃・・・忘れないうちに書いておこう☆

さて、2015年年末のドイツ弾丸旅行は、ベルリン行きの安いチケットをみつけたことから始まりました。
ベルリンは以前、フランクフルトから日帰りで訪れ、旧東ドイツ感がなぜか好きな私には見所満載地区なので、またいつか来たい場所ではあったのですが、今回は、かねてより行きたかったゲルリッツ(英会話スクールのベルリッツに似てますがドイツはザクセン州にあるゲルリッツという街です)という街が最大の目的でした。

調べていくうちに、ベルリンからよりもドレスデンからゲルリッツを目指したほうが近かったようなのですが、ドレスデン行きのチケットはあまりなく、しかも安いのがないので、結局ベルリンの空港をIN・OUTとしました。

早朝のベルリン駅、巨大駅なので明るく人も少なくないのだけど、「チケットオフィスはどこ?」と聞いても「は?」みたいなかんじで、「切符が買いたいならマシンがあるでしょ?」と逆に不思議がられる。
そっか、窓口開いてない時間だし、オープンしていてもチケットマシンで買うのがベルリンではフツーのようだと気づく。

ベルリンからゲルリッツは電車でおよそ2時間半。
途中、コットブス(Cottbus)という駅で乗り換えるのが少々不安だったのだけど、降りたホームの向かい側の列車の乗り換えるだけなので、連絡はヒジョーにスムーズ。

田舎町の車窓を楽しみながら、ゲルリッツの駅に到着したときは、少ない情報で(ガイドブックではほんの十数行しかそこについての情報はなかったの)、よくこれたなワタシ!と感慨深かったです。

なぜにゲルリッツに来てみたかったかというと、空襲の被害を免れたため、古い町並みがそっくり残っているといううことと、川向こうはポーランドで、数メートルの橋を渡っただけで隣国というロケーションに、島国育ちとしてはワクワクしたのです。あと、マイナーな街に妙に惹かれるってこともあります(笑)

しかも、短い日程の旅で、ふたつの国に行けちゃう事にビンボーツーリストとしては血が騒いだのでした!(笑)

写真上は、その国境の川。写真むかって左に橋が写りこんでまして(見にくいかしら?)、ポーランド側から川向こうのドイツ側の教会とレストランを撮ったものです。

そして↓の写真は、国境の橋の上で。後ろに写っているのがドイツ側の建物です。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品