GERMANY #24 ザンクトゴアール

120621_2
ライン川クルーズを途中下船したとこはザンクトゴアールという小さな街

120621e
細い坂道が入り組み、そのまわりに並ぶ家々もずなんだかこじんまりとした可愛いらしさなのですが、ほんとにほんとに小さくて、10分もあれば見て回れちゃう。

もしかしたら、もっと足を延ばせば見るところはあったのかもしれませんが、メインストリートも船から降りた人々がいなくなると、静かを通り越して「閑散」というかんじになっちゃって、予定より早くザンクトゴアールを後にし、次の場所へ移動することにしました。

120621f
ザンクトゴアールの無人駅で、しばし列車が来るのを待っていたのだけど誰ひとりいない。
列車が到着する頃になって、やっとホームに人が集まり始めたものの、正午を過ぎた頃の時間で誰もいない駅というのは初めてでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

GERMANY #23 ライン川クルーズ

120621a_2
ドイツのガイドブックに必ず出ているライン川クルーズ。
クルーズが無料になるジャーマンレイルパスもあるし、どれどれドイツ観光の王道のソレを体験してみようじゃない☆と、7:53フランクフルト発の列車に乗り1時間ちょっとで着くリューデスハイムから乗船。

ちなみにライン川クルーズ全行程をこなすと、ほぼ1日がかりらしいので、古城が比較的多く点在するリューデスハイムからザンクトゴアールの数時間ほどの区間を楽しむことにしました。

120621b

船は大きなライン川をゆっくりと進み、古城が見える手前頃から親切なアナウンスがあり、乗客はカメラを構え、見える方向に移動したりするのですが、いかんせん、丘の上にある古城は、とーってもちっさ。。。
古城ゆえ色合いも地味なだけにぼやっとしてて、いまいち胸に迫ってきません(笑)

いや、なんかね、古城やら見えるたんびに「おおーー!!」とかどよめきがおきるくらい迫力のアングルで見えてくるのかと思っていたのですが、よっぽど河岸にあるものでない限り、インパクトのないことこの上なかったです(苦笑)

120621

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GERMANY #22 フランクフルト

120613a
フランクフルトは観光目的としては見どころの少ない街で

120613
レーマー広場や、その近辺の教会をまわると、もう見るモノはナッシング

あとはね、ほんとにビジネス街なの。それも金融街。

続きを読む "GERMANY #22 フランクフルト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GERMANY #21 ホテル

120613ho1
激安旅行故、ホテルはいつも二つ星から三つ星あたり。
一応、事前に宿泊するホテルの口コミ情報はみて行くのだけど、安いとこだけに期待はほとんどせずにいる。
そのせいか、ホテルに着くと「え、フツーじゃん」「ぜんぜんオッケーじゃん」「もう充分じゃん☆」という気分になる(笑)

今回泊ったのは、フランクフルト中央駅の目の前で(どんなに方向音痴の私でも迷うことなく探せた)、室内も水回りも清潔なので、寝に帰るだけの場所としてはホント充分でした☆

ただ、口コミでも多数書かれていた「鍵が開けづらい」というのは本当で、最初は自力で開けることができす、スタッフを呼びにいって、開け方をレクチャーしてもらったほどですが、コツをつかむと大丈夫でした。

それなりの料金のホテルならコツのいる鍵なんてダメ領域でしょうが底値に近い料金だったし、自分ちもけっこう古くて、それなりにコツのいる住まいなもので、ワタシ的には許せる範囲なのでした(笑)

120613ho2


続きを読む "GERMANY #21 ホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GERMANY #20 中国東方航空

120527b
ドイツへは中国東方航空(China Eastern Airlines)を初めて利用。
あまり聞き慣れない航空会社なのだけど、まだドイツ行きが決まっていない2月頃、スペイン旅行で知り合ったMちゃんと会った時、「マイルがたまったのでGWに香港に行くのだけど、中国東方航空って知ってる?」」なんて話をしていたのです。
(写真はMちゃんの香港土産 Thanks!Mちゃん♪)

なので、ドイツ行きを考えているとき、そのとき一番安く行く方法が、上海乗継でフランクフルトに行く中国東方航空で、ふむ、私もコレに乗ってみようと、すんなり思ったのでした。

初めて利用した中国東方航空、機材も機内食も、メジャーな航空会社となんら変わりのないサービスでしたよん☆ 映画が日本語字幕のものがナイのが残念なくらい(なので無声映画「アーティスト」を観てきました)

120527c

しかし、実は、今回の旅行で、「ええ???どおしよう・・・」と青くなったのは、中国東方航空の帰りの便でのことでした。

行きは問題なかったのです。
成田でチェックインし、自分でプリントアウトしたEチケットで上海までのチケットと上海からフランクフルトまでのチケットを入手。乗り継ぎも貧乏旅行で鍛えらていますから不安もありませんでした。

ところが、帰りの日、フランクフルトの空港でチェックインし、セキュリティチェックをすませ搭乗口に向かったとき、上海までのチケットしかないのに気がついたのです。

続きを読む "GERMANY #20 中国東方航空"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

GERMANY #19 リューデスハイム

120525a
フランクフルト7:53発の列車でリューデスハイムへ。
午前9時を過ぎたところなんだけど、人少なっ・・・
曇り空だし静かすぎるしチト不安。

120525
ライン川クルーズの発着所になっていて、つぐみ横町なんていう小さな路地のある可愛いらしい街なんだけどね。

少しすると、団体の観光客がどこからか出現してやっと賑やかになり、ほっとしました(笑)

120525c
↑ドアから装飾までいちいち可愛い郵便局もありました。

120525_2
街自体は数十分で見て回れちゃうかんじで、ここから船に乗ってザンクトゴアールまで行くことにしました。
ちなみにジャーマンレイルパスがあるのでタダで乗船できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GERMANY #18 田園風景

120524c
車窓からみる景色の素晴らしさといったら!
でも、撮影技術がナイため、車窓から撮ったものはほぼ全滅・・・
↑故にこれは奇跡の1枚なんだなー

120524b
↑リューデスハイムの葡萄園。
人影がほとんどなくて、ほんとうにここは観光地なのかと疑がったくらい閑散としてましたが、少しすると賑やかななってきて一安心(笑)
観光客がたくさんいるのもイヤだけど、ひとっこひとりいない状況も寂しくなるワガママ体質です。

120524
ローデンブルグは街中も可愛いけれど、城壁から見降ろす外側の自然豊かな景色も美しかったです。

120524e


| | コメント (0) | トラックバック (0)

GERMANY #17 浮かれたりへこんだり

120522a

「旅慣れちゃったぁ?ア・タ・シ♪」と、いろんな場面で浮かれることもあったドイツでしたが、「・・・思いあがっておりました・・・(泣)」の泣きエピソード、ベルリンからフランクフルトへ戻るときのICEでのことを・・・

ベルリン-フランクフルト間は高速鉄道ICEで4時間ちょいかかるのですが、ジャーマンレイルパスを自力で入手できたことで、「お得で快適!あたしったらやるじゃん♪」と調子に乗っておりました。
実際、往路は、なんなく座って車窓を楽しみながらのごきげんな列車の旅でした。
飛行機では1時間ほどですが、空港までの時間、チェックインにかかる時間、荷物をパッキングなんてことを考慮すると、日帰りで片道4時間というのは、出張とかでなければ別段、苦にならないなぁと、してやったりみたいな顔をしていたかもしれません。

ところが、夕刻ベルリンから乗ったらば、席がぜーんぶ埋まっている…

続きを読む "GERMANY #17 浮かれたりへこんだり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GERMANY #16 ベルリンネズミとアート

120521a
ベルリンの街を歩いていると、歩道と建物の間にできた割れ目に、こんなネズミくん発見。どうやらテープでチョチョイと制作したようで、ひげ(テープ)が数本落ちているのも見えます^^
左側の捨てられたタバコのフィルターから大きさを判断していただけるかと思いますが、本当にネズミが出入りしそうなサイズ感がリアルで、誰がやったのかはわかりませんが、街並みの欠陥である穴ボコも愛しくなる演出と思いました。

アート魂みたいなものが、そこかしこに感じられるベルリンですが、とても静かな裏道で、蔦が生い茂る建物にカラフルなペイント発見↓

120521b

ファンキーな等身大お姉さんやジョン・レノンぽい図柄が楽しい建物ですが、住居なのかアトリエなのか、不明のまま通り過ぎました。

120521d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GERMANY #15 ベルリンの落書き

120519a
ベルリンの裏通り。人通りは少ないけれど、近くの公園から子供たちの笑い声が聞こえ、突然現れるカフェではたくさんの人々がくつろいでいる。

古い建物はいつの時代のものだろう。
明るい色のタイルや装飾をよく見ようと近づくと・・・
120519g

・・・・あれ?・・・・・つなぎを着た女の子?
120519b

すごくキュートな落書☆
120519c

そう。私が感じたベルリンの印象って、こういう感動を味わえる街でした。


あとね、このつなぎの女の子があった場所と同じ界隈の壁で、こんな落書きをみつけたんだけど↓
120519e

去年、ロンドンのイーストでみた製作途中の落書きを思い出しました↓

120519d
↑このドレッドへアのおにいさんがすごい集中力で描いていたんだけど、2枚の絵、なんか同じニオイというか、タッチのように思えたので、並べてみました^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品