手探りで手作り

51887d513b134e5782cb3dcaf4c0a05b

10年ほど前からだったろうか、市販のブラジャーが苦痛になった。

まずはノンワイヤーにしてみたのだけれどゴム部分でかぶれたり、やたらパッドが立派すぎて不自然だったり。

元々胸は小さく、大きく見せたいとも思ったこともなく、ただただ心地よいものを求めているだけなのだけど、まったく巡り合えずにいたところ、先日、ネットでNorbulingkaさんの「締め付けないフロントホックブラ」というのを目にし、さっそく型紙を取り寄せ、作ってみました。

↑のブラウンの生地はシルクの端切れ。肩ひもはブラウンのコットン生地からバイヤステープを作りました(100円ショップでバイヤステープを買おうとしたのだけどちょうどよい色がなかった)

アンダーバストを絞るためのひもは手持ちの水色のリボンで。

2dc675b9c87b4a2cb2397227df7ec6e8

↑こちらはマリメッコの端切れ。白いバイヤステープは市販品を使ったのでラクチンで作ることができました。

 

↓こちらは無印良品のワッフルタオルで作った最初の作品。

さすがにタオル生地では分厚すぎましたが、つけ心地はやさしくGOOD。

ちなみにこのワッフルブラはオール手縫い。

7d774eb8b1e04db1ae57381d2bdd7951

手探りで作った、この3種類のブラを先週より使っています。

ゴムは使っていないのでかぶれないし、フロントのひもでぎゅっと搾るだけなのに安定感もあります。

体の線が出るトップスには向きませんが、フロントホック(実際にフロントにつけたのはスナップボタンですが)なので脱ぎ着もラクです。

また、裏側にはパッドも入れられるようになっています。私は入れずに使っていますが、生地のみのホルダー感では不安な方には必要かもしれません。

| | コメント (2)

しずく対策

Am1

以前つくった傘のチビバッグは、濡れた傘を入れるとしみてきちゃって、数回使ってみたけれど処分した。

新しい傘になったところで、付属品の使いにくい袋を捨てちゃう前に再チャレンジ。

しずくを防ぐカバーを作ってみました↓

   An2

↑ご覧のように、① 付属品の傘袋の縫い目をほどき広げる(透明ビニールは処分)、② ①を手持ちのハンドタオルと中表に縫い、③ ふたつに折り底側だけ縫い、④ スナップボタンをつけて完成。(マリメッコのタグも捨てずに使いたい場合は②の中表に縫い合わせるときに挟み込んで縫っといてください)

 

An3

で、濡れた傘をタオル地側に入れ ↑

くるっと包んで2か所のスナップボタンを止めます↓

An4

先週の大雨の日、びっしょびっしょの傘を入れ、通勤バッグの中にINして電車の乗りました。

一時間ほどその状態でしたが、しずくが外に漏れることなく、つまり通勤バッグの中も濡れることなく駅に到着。

Am1

つまりは成功ってことかな☆

干すときも、全開にはならないけど、底しか縫っていないので、乾きもよかったですよ☆

| | コメント (2)

傘はひとつだけ。そしてチビバッグのこと。

2017am1

台風21号による雨風、昨晩は激しいものでしたが、現在の東京は雨も上がり、これから久々の晴れ間となるようです。

さて。大雨、小雨にかかわらず、私が持っている傘は5月にヘルシンキで買って来たマリメッコのおりたたみ傘ひとつだけ

以前は家族数の何倍もの数の傘を所有していましたが、断舎利を開始した早い段階で、夫の長傘一本と私と夫のおりたたみ傘ふたつの計三つだけにし、それ以後、この本数で困ったことはありません。

つまり、私は長傘は持っていないのですが、通勤時、濡れた長傘を持ち電車に乗るのは手が疲れるし上、周囲に気も使うので、断然「おりたたみ派」なのです。

おりたたみ傘なら、駅に着いた時点で小さなビニール袋に入れ、バッグにしまうことができますから。

2017am_2

さて、もともとついていた傘のふくろ(画像上。Amazonさんからお借りしました)は、濡れたかさをサッと入れるのには適していないので、いつのまにか持ち歩くことすらしなくなっていたので、共布で作られた袋は捨てちゃおうかと思っていました。

捨てるつもりで手に取ったところ、小さな傘袋は二重になっていることに気がつきました。

で、ほどいて縫い直し、写真のちびバッグに作り変えました↓

2017am2

内側の袋と持ち手はビニール製のショップの袋を使いました(タグもアクセントとして持ち手のほうにつけてみた)

2017am3

もとの大きさの約2倍になったので、濡れた傘をささっと収納しやすくなりましたよん☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トレンチコートでバッグ

Td1

長年愛用したトレンチコート。
襟の形が古くなっていたのと、もう少し丈の長いのがイイなと買い替え。

そして、旧トレンチはバッグに生まれ変わりました☆
だってさ、トレンチコートって魅力的なパーツがいっぱいじゃない?

肩から胸元にかけてのフラップ、ボタンにベルトの革素材のバックル、肩や袖口のベルトなどなどもねっ♪

Td4

そして厚めで丈夫な生地もGOOD。

芯地も裏地も外さずにジョキジョキとハサミをいれ、バック部分になる長方形を4枚カットし、表になる部分と内側の部分にしました。
ちなみに内側は見返し部分やボタンホールの部分も気兼ねなく利用。

ベルトは二等分にし、それぞれ中央部分だけ二重にして縫い持ち手に。
さらに、トレンチならではのパーツを配置。これが楽しかった!

Td2

↑バッグ裏側は、ポケットをそのまま使えるように生地をカットしたのですよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新しい椅子

Ro1

新しい椅子・・・あ、正確には新しい椅子のカバーだ。

娘がパープルのコーデュロイ生地をたくさんもってきてくれたので、日曜日にいっきに縫いました。

Ro3

我が家のリビングでうん十年使っている、椅子ふたつ、ベンチチェア大・小各ひとつずづとコーナーチェアのカバーをダーっとね。寒くて出かけたくない日だったからちょうどよかった。

こっくりした生地は、色合いも風合いも、ものすごくよくて、とっても縫いやすかったから、たぶん安い生地ではないんじゃないかなー

Ro5

大満足の模様替え☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なべつかみ

Nabetukami

使っていた鍋つかみがだいぶくたびれてきたので処分。

かわりにテーブルクロスとクッションを作った生地のハギレで作ってみました。

同じサイズに切った使い古しのタオル2枚重ねをキルト芯のかわりに。

真ん中のベルト状のモノはそこに手を入れてつかうためのもので、生地の端っこのアルファベット文字部分を使いました☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネイビー・ベロア

Navy1

いつの間にか秋も深まる今日この頃。
光沢のあるベロア生地が着分カットで千円だったので購入。

早速、長めガウチョを作ったところ、生地が余ったのでトップスもメイキング。

身頃、袖共にはたっぷりめで、丈は短め、だいたいおへそのあたり。
襟はオフタートルで後ろで結ぶタイプ・・・これだと、ファスナーやボタンつけなくていいからねー☆

Navy2

けど、上下セットアップ状態で着るとヘン!
新興宗教っぽいというか民族衣装ちっくなカンジなんだもの(笑)

Navy3_2

でも、別々に着れば、上下共に大活躍の日々です~

Navy4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新アイテムはどちらもBLACK

S1_2

去年あたりから流行っているスリッポンですが、実は、ワタクシ何度も失敗買いしてました。

失敗の要因は、先がまるっこくって子供っぽいとか、ゴムのソールが重すぎて履いていて疲れるとか・・・あと、週5日は勤め人のため、休日にしか履けない様なカジュアル過ぎるものだったり・・・
こんまり流お片づけにより、そういうスリッポンは処分。

でもラクチンなスリッポン、一足はアイテムに加えたいと探すコト数ヶ月。
この度やっと、カタチ・素材・履き心地・値段などなど納得のスリッポンにめぐり合えました~

S2

素材は牛皮。つまさきがとんがっているので職場にも履いてきてます。

素足で履くのが好きなのですが(隠れちゃうチビソックスはくけど)、靴下はいても、このスリッポンなら子供っぽくならないのが気に入ってます☆

S3

かつて、たんすを開けると黒ばかりの頃があって、もっと冒険しなくちゃとばかりに色・柄物を増やしたこともあったのだけど、やっぱり黒は落ち着きます。

先日、レビューを読んだだけでガツンときた地曳 いく子さんの本により、毎年の流行色やカタチを無理して取り入れなくていいというようなことが書いてあり、うん!黒ばかりでも自分が落ち着くならいいんだ!と思えたのが大きいです(単純・笑)

で、昔、娘が買って、置いていったコットン100%のスムースニットの黒い生地で、ガウチョパンツのセットアップを作りました。

G_2

型紙は手持ちの服を生地に置き直線断ち。
前後の区別はなく、ウエストはゴムで、くるぶし丈としました。

G3_2

トップスもほぼ四角形の直線裁ち。
コチラも前後の違いがないカタチですが、後ろ身頃の上部中央に5cmばかしタックをとりました。

G1

気に入ったので、椅子カバーを作った残りの生地で同じ形のガウチョを作っちゃいました。

グレーの麻混のような(←なんたってメーター100円だから店員さんも生地の種類は不明だった)生地は、薄手だけど張りがあり、黒のスムース(ジャージ生地)とでは、まったく違った出来上がりになりました☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

チャイナ服と片付け祭り

China2

こんまりさんの片付け方法にはまり、相当軽量化された我が家。

先週末、キッチン上部の吊り戸棚の片付をしたところ、重箱とヤカンとポットだけしか収納するものがなくなり、三つある棚のうち、ふたつは空っぽに!

スペース(収納場所)があっても、入れるものがないのなら、無理してナニカを入れることはないのに、ちょっと動揺してしまう心理が面白かった(笑)

元々、ヒジョーに使いづらい位置なんだからしょうがない。

モノだけでなく、収納スペースも「使いづらいのなら使わなければイイじゃない」ですよね(笑)

書類(税務関係の書類や領収書や家電のマニュアルなどなど)をね、証券以外は全捨てしてたら気持ちよくなっちゃって、10年分以上あった手帳を全捨てし、旅行関係のモノも全部捨てちゃった。

チケットとか入場券とかレシートとか、いつか可愛くスクラップするつもりだったけど、そのいつかは絶対やってこないコト、実は本人が一番よくわかっていたシロモノたちです。

ガイドブックも全捨て。ただでさえアマゾンの中古で買ってるのだから、次に行くときはとことん情報が古くなってるだろうし。

あ、でも、いつか行こうと買っておいたモロッコのガイドブックも一緒に処分しちゃったのは失敗!
でもま、取り返しのつく失敗だからヨシです(笑)

China1


写真は生地扱いしてとって置いたチャイナ服から作ったクッション。

こういう派手な柄こそ、モノが少ない部屋のほうが映えるんじゃないかな?なんて思い、今回の片付け祭りで処分を免れ、カタチにしたものです。

チャイナ服の特徴的なボタンとループもクッションの入れ口に再利用してみましたよ!

China3


| | コメント (2) | トラックバック (0)

祭りの最中に作ったもの。

Re1

前回の記事でも書きましたが、こんまりさんの本を読み、捨て祭りにはまったワタシ。
まずは難易度の低いとされる服から、ときめく・ときめかないの選択を開始したわけですが、私の場合、服を生地扱いしているフシがあり(少し工夫すれば着れるからとか、別のものに作り変えようとか)、服と生地をリンクさせながらの選択でした。

工夫しようと思うコト自体、そのままではときめかない存在なんだということに気づいたことで、服はそれまでの半分以下、生地は10分の1の量に減少。

さて、このコットンレースのワンピース。
たんすの肥やしになってるわけではなく、けっこう着ているのだけど、案外、カラダの線をひろう素材というのが気になっていました。

そこで、カーテンを作った残りのリネンをプラスしようという構想は以前よりあったので、早急にカタチにし、それでも気に入らなかったら処分しようと決めました。

まず、後ろ身頃の中央にハサミをいれ、間にリネン生地を足しました。
インテリア用のリネンですから、ハリがありすぎるかなと思ったけど、かえって功を奏した出来となり、カラダの線をひろうのを避けることができました。

ただ、構想段階では、後ろに別布だったのですが、着てみたら前に別布のほうがしっくりきたので、前後逆にしてきることとなっちゃいました(笑)

Re2

このワンピースの下には、下の写真のキャミワンピを着ます。コットン100%で2枚重ねなので透けることもなく、涼しいので重宝しています。

右のタンクトップ型のものは、もともと、このコットンレースのワンピの裏地となっていたものです。
一見するとコットン素材に見えたのですが、綿35%ポリエステル65%で、夏場は暑くてキモチ悪かったので、ワンピースから切り取ってしまいました。

その後、襟と袖ぐりをバイアステープで始末して、セーターの下などにインして裾だけ見せるコーディネートのときに活躍してます。

Re4

そして下の写真は、ワンピースに足した生地と同じものでクッションカバーをふたつ作りました。

白のクッションは汚れが目立ちそうで敬遠してたのですが、考えてみたら、クッションを汚していた張本人のチャンプはすでにいないし、オトナふたりだけの暮らしですからねぇ。白、ぜんぜんオッケーですよね!(笑)


Re

そうそう!クッションの下のワッフル素材のものは、前回の記事で書いた、気に入らなかった毛布を処分して買いなおしたワタシのタオルケットです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TAIPEI 台北 TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL Venezia ヴェネチアとスロヴェニア TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品