ROMAだけど、そこはメキシコ。

Roma

アカデミー賞などたくさんの賞を受賞した「ROMA」

映画館での公開ではなく、Netflixでの配信で受賞したというのも非常に驚いたのですが、その舞台が、なんと、イタリアではなくメキシコと知り、これは是非とも見なくては!と強い意志で思ったのには理由があります。

あのね、今年のGW、メキシコに行くのですよ!

しかしなんでメキシコが舞台なのにタイトルがROMA?と当然の疑問がわいたのですが、それは、メキシコシティの中の地域で「ローマ地区」というのがあるのだそうです。

メキシコシティにも三泊するので、そちらの地域も散策したいなと思い調べると、東京でいうと代官山や原宿のようなモードやアートの発信地みたいな感じらしい。

で、色々調べるうちに、なんと、3/9からイオンシネマで上映と聞きつけ、早速、観に行ってきました!

メキシコ人であるアルフォンソ・キュアロン監督が、1970年代のメキシコを舞台に、とある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を、若い家政婦の視点から描いた作品で、あとでじわじわくるくる感じの映画です。

モノクロで撮られた映像はほんとに美しかった。
こういうのを、映像美というのだろうなと心の奥底から思いました。

ストーリー展開としては、1970年代のメキシコは政治的に大揺れな上に大きな地震もあるのですが、そういった史実を背景に、わりと淡々と進んでいきます。

中産階級の家族と、オアハカから来た若い家政婦クレオの暮らしぶりを、主人と家政婦といった対照的な視点でとらえ、ときには主人からキツイことを言われたリするのですが、4人の子供たちもその母親や祖母の彼女に対する愛情がきちんと伝わってきました。(正直、上から目線の愛情だけど…それでも彼女を愛しているのは間違いない)

Mx1_2

さて、メキシコに行くにあたり、メキシコ関連の本を4.5冊読んでます。

写真はその一部で、フィガロジャパンはアマゾンの中古を入手。

カーサ・バラガンという本は、ルイス・バラガンというメキシコの建築家の建造物の写真集です。
メキシコシティにあるバラガン邸見学をネット予約しました(事前に予約しないと入れないのだそうです)

あとフリーダ・カーロ博物館のチケットも予約したほうがいいらしいと小耳にはさんでいるものの、まだ5月の分は受け付けてなさそう。

Mx2

そうそう、メキシコ旅行の準備として、ESTAもネットでとりました。
行きはメキシコシティの直行便なのですが、帰りはアメリカのヒューストン乗り継ぎがあり、たったの1時間半の乗り継ぎ時間にもかかわらず、アメリカ合衆国へ入国・通過する者はESTA必須なのだそうです。

そのほかの手配として、オアハカの到着が夜遅くなので、ホテルへ、空港からの送迎依頼を英語でメールしたところ、うんともすんとも返事がない。

2週間後、スペイン語の翻訳ソフトで変換して送ったところ、速攻返事が来ました。
そっか、ホテルなら英語が万国共通なんてのは、勝手な思い込みだわーと学習いたしました。

ちなみに、今年のGWは10連休で、どこへ行くのも高いので、あきらめかけたのですが、上司に「一日帰国日をずらすだけで、8万円もフライト代が安くなるのです~」と泣きついた結果、「え!8万も違ってくるの?!」と、驚かれ、有給、延長していただきました!
ありがとうございます!です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボヘミアン・ラプソディ

B_3

映画「ボヘミアン・ラプソディ」、ヒットしてますね!

まさかこんなにヒットするなんて思っていなかった私は、上映開始早々に「早く観ないとすぐ終わっちゃう!!」と焦り気味に観に行っておりました。

そしたら、けっこう何週も上映してるわ、あらゆる年代の人々が観に行ってるわで、へぇ!クイーンってそんなにすごいバンドだったんだ!と、びっくりしている今日この頃なのです。

いえ、もちろん、クィーンといえば「伝説のバンド・クィーン」だし、フレディ・マーキュリー亡き後も、彼らの楽曲はCMなどに使われていて、圧倒的知名度・人気度ですよね。

それなのに、なぜ、私は映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、そんなにヒットしないだろうと勝手に思ったのだろうと考えてみたところ、中学・高校時代の頃のことが浮かんできたのです。

現在57才(1月には58になります)の私が中学生だった1973年、クィーンはデビュー。
「キラークィーン」という曲はロックなのにクラッシックのようで、「ボヘミアン・ラプソディ」はオペラの楽曲のようで、え?ロックなのに、なに、このかんじ???と、かなりの衝撃を受けたのでした。

しかし、その頃の私がイケテルと思っていたのは、今でいうヤンキー(当時はつっぱりと言っていました)。

聖子ちゃんカットで制服のスカートは長め、日本のバンドでいうとキャロルとか永ちゃん。

洋楽ならディスコ(クラブじゃなくてディスコ!なんか恥ずかしっ・笑)で踊るときのソウルで、ソウルトレインという番組に夢中でした。

そのため、長髪のロックバンドであるクィーンが好きであることは、なんとなくひた隠しにしていたのです。

B1


そのうち、本格的に六本木のディスコに通いだすようになると、ますますロックやクィーンから離れていったのですが、クィーンの新曲が流れると、やっぱすごいわーと心の中では思っておりました。

でも、ロックな路線は排除の生活でしたから、オールバックに口ひげのフレディ・マーキュリーをある日突然眼にしたときなど、え?!・・・っとかなりびっくりもしました。

そのへんの変貌ぶりは、今回の映画で、彼の私生活が描かれている部分から、おおーそういうことだったか~と納得したりしました。

そう。
私は、クィーンやフレディ・マーキュリーにものすごく感銘を受けているのに、彼らのことはほとんど詳しくなかったのですよ。

だからなおさら、この映画を焦って観に行ったのだけど、あらためて、彼らはすごいバンドで、多くの人々を魅了し、かつ愛されたバンドだったんだなーと実感しました。

そうそう、この映画を絶対観ようと思ったのにはもうひとつ理由がありまして・・・フレディ・マーキュリーをあの、ミスターロボットのラミ・マレックが演じていると小耳にはさんだからでもあります。

大好きなのー!ラミ・マレックと、彼主演のドラマ「ミスターロボット」

Mr

ミスターロボットとは違う役柄だけど、やっぱ天性のチャーミングさが、どちらの役でもにじみ出ていたわ☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヨシダ ナギ HEROES 写真展

Yn1

フォトグラファーのヨシダナギさんを知ったのは、TBSのクレイジージャーニーだったかしら。

番組で観た彼女は、世界各国の少数部族の写真を撮るために辺鄙な場所へ行くのだけど、黒のワンピースにサラサラのボブというイデタチ。

そういう場所へ行く写真家ってのは、サファリジャケットとかTシャツとかを着るようなイメージがあった私には、さわやかな色香を感じさせる彼女はとても新鮮でした。

そして何よりも彼女の撮る写真が美しくって、すっかりトリコになりました。

↓世界一おしゃれな少数民族・SURI(スリ族)のこの写真なんか、見たことある人たくさんいると思います~

Yn7

↓私が好きなのはスリ族のこのコの写真! タイトルを「ポン・デ・スリ」とつけるナギさんのユーモアにもほっこりW

Yn2

↓大きな豆のさやも最高のファッションセンスだと思うし、表情も好き☆

Yn3

さて、ここまで見て読んでくださった皆様の中には、写真展の写真をバンバン載せちゃって、いいの?とハラハラしていらっしゃるかもしれません。

が、ご心配なく。
写真展には、「本展示は写真撮影OKです」となっていたのです↓

Yn

なので、引き続き、写真展の写真を。

↓はエチオピアのAFAR(アファール族)

Yn9

アファール族の伝統的なスタイルは牛糞で白くしたアフロヘアだそうです。
ワタシ的には、きゃぁ!男前の部族!という印象。

展示には民族ごとにナギさんの一言である「ヨシダメモ」が添えられていて、それらは、かなりクスリとさせられるのですが、このアファール族については

「彼らは冗談なのか本気なのか分からない女心を惑わす小悪魔的な発言を時折放ち、私を困惑させた。が、今となっては口元もゆるむ甘い想い出となっている」

なんて一文があったりして、うんうん、そうか姿だけでなく言動もオトコマエなんだと妙に感心してしまいました(笑)

Yn14

↓はナミビアのHIMBA(ヒンバ族)。赤土を全身にまとった彼女たちは「世界一美しい裸族」と言われているそうです。

Yn10

↓お面をかぶった少数部族のこの写真は宇宙的でした。

Yn11

↓骸骨ペイントの彼らのポージング、実に格好いい!

Yn12

TUAREG(トゥアレグ族)
インディゴブルーをまとった遊牧民族の彼らは「青の民族」と呼ばれているそうです↓

Yn17

↓この写真展のポスターにもなっている彼らの部族名は・・・うかつにも記録してこなかった。。。

Yn18

↓ナギさんの写真。やはり美人だ。

Yn15

↓最後はこちらの写真。
3人のスリ族の真ん中のコが持っている本は、コギャル(死語?)雑誌・EGG。

Yn19

この写真のタイトルは「参考」。

ちなみに3人が見ているEGGの特集記事は「渋谷族スタイル完全攻略」

Yn20

世界一オシャレな民族スリ族のコたち、日本のコギャルファッションを参考に、っていうユーモアに、やっぱしナギさん最高と思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バンブー素材

Bamboo2

軽くて割れにくいバンブー素材の食器。

本来ならキャンプとかハイキングなどに適したものなのだろうけど、KINTOのALFESCOは去年あたりから気になっておりました。

Bamboo

値段はかなりお手頃で、それ故に、それだからこそ、家で使うにはチープかなぁ・・・など悩んでおりました。

しかし、チープさも含めてその素材感、好きだわーと買う気70%までいっていたところ、サマーバーゲンの時期。

collexで20%OFFの表示を目にし、さらには店員さんの「いまならレジでさらに10%OFFです!」の声に、迷うことなくとお買い上げしてきましたよん。

Bamboo1

これらと入れ替えに、欠けたり気分じゃなくなっていた食器は処分。

電子レンジとオーブンは使えませんが、軽くて割れなさそうな素材は扱いやすく気に入っております。

初めてのバンブー素材。経年劣化はどのように進むのか、楽しみながら観察いたします。

Bamboo3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

WONDER ワンダー

Wonder

ここ数年で、本は買うことなく、図書館で予約待ちして借りるのが私のふつーになりました。

何年か前までの私ときたら、「本は買うもの・所有するもの」と決めかかっていて、借りるという選択肢がまったくなかったことを、今は驚きをもって振り返ったりしています。

ネットで本が読める時代に逆行しているかのような、今の私のふつー。

図書館での予約は、人気の本などは1年以上待つのもめずらしくないのだけれど、むしろ、待つことの楽しさすら味わえるようになったのだから、わたしのふつーは真逆に変化もできるものなのだな。

写真の「WONDER ワンダー」も図書館から借りたのだけれど、実は、この本のスピンオフである「もうひとつのワンダー」を先に読んでいて、ぜひぜひ、始めに出版されたワンダーを読みたいと思い図書館に予約したのでした。


顔に重度の障害を持って生まれた少年・オーガストが、10歳にして初めて一般の小学校に通うことになるのだけど、オーガストやそのクラスメイトたちがそれぞれの章で、それぞれの語りで想いを綴る形式はとても読みやすかったです。

児童書のくくりではありますが、大人も心揺さぶられる本でした。

オーガストが自分の顔の障害を語るところでね、「君が今想像したのより、ずっとヘンな顔なんだよ」みたいな文章で、お涙頂戴でなく、むしろ、ユーモアを感じられたりするし、いじめられたり、仲間が出来たりの場面では、素直に感情移入でき、ドキドキハラハラしちゃいましたよ☆

6月には映画も公開されるそうです。

映画『ワンダー/君は太陽』

主役のオーガストを演じるのは、ルームで、5歳まで外にも世界があることを知らずに育った監禁された子供を演じたジェイコブ・トレンブレイくんですって☆


| | コメント (4) | トラックバック (0)

HIDEN FUGEUR(ドリーム)

Hiden_fugeur

「Hidden Figures」が、邦題「ドリーム 私たちのアポロ計画」で、9月に日本でも公開ですって!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑マミさんご指摘により、邦題は「ドリーム 私たちのアポロ計画」から「ドリーム」に変更になったそうです。
故にこのブログ記事のタイトルも訂正いたしました。

ナゼ、邦題タイトルが変更になったかは、よろしければコチラのリンク記事を下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この映画、5月のロシア行きの飛行機の中で観たんだけどね、すごくよかった!

NASAの宇宙開発計画には多くの人材が携わっていたのは知っていても、その中でも3人の黒人女性がとてつもなく素晴らしい働きをしていたことは初耳でした。


この映画、実話なんだそうです。

Hiden_fugeur1

宇宙開発計画の頃といえば1960年代で、黒人差別も表面上は廃止されたけど、まだまだ多くの白人の意識はというと差別的な時代。

さらには女性の社会的な立場にしたってまだまだって頃で、黒人であり女性である彼女たちが、働きにくい職場で軽視されながらも才能を活かし、偉業を成し遂げたというストーリーなんだけどね、まぁ面白かった!

Hiden_fugeur2

実は機内エンターティメントの一番の楽しみは「ラ・ラ・ランド」だったのだけど、この「HIDEN FUGEUR」のほうが断然楽しめて心にも残っちゃったほど、良かったのです。

Hiden_fugeur4

日本では9月公開とのこと。

コチラで予告編みれます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エール!

Yell_2

フランス映画、自分の中ではあたりハズレが大きいのだけど、これは大当たりでした!
酪農を営む4人家族のうち、主人公の女の子をのぞく3人が耳が聞こえないのですが、力強い決断力とユーモアあふれるキャラクターたちで、カラダをはった表現やその表情が可笑しく愛しいです。
ストーリーも素晴らしいかったけど、田舎の風景や、インテリアも楽しめました!

エール!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴィンセントが教えてくれたこと

Vincent_2

ロクデナシとか、人としてどうよ?とか、非難の形容詞があてはまりそうな不良じーさんヴィンセント。しかも、同時に人として最高!なんだな(笑)
登場人物すべてがチャーミングでした!

ヴィンセントが教えてくれたこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔話や民話や旅のこと。

Hina

今日は三月三日。
我が家はスルーしているひな祭りですが、華やぐお祭りなので、ずっと残ってほしい伝統行事です。

下写真は、「柊鰯(ひいらぎいわし)」
節分に柊の小枝と焼いた鰯の頭を玄関に挿す魔除けです↓

Iwasi

先日、東京の小金井公園にある「江戸東京たてもの園」で、移築された古い藁葺き屋根の農家宅の玄関にあったものです。(mgちゃん、連れて行ってくれてアリガトウ!)


さて、古い建築物や暮らしぶりも興味深いですが、民話や伝説みたいなものも嫌いじゃないほうです。

今度、ブルガリアとルーマニアへ行くつもりなのですが、旅本では「地球の歩き方」だけ。(しかも最新版15-16版でも、去年ソフィアに開通した空港-市内間の地下鉄路線情報が2015年以前の情報なので混乱しました)

可愛い旅本(ことりっぷとかARUCOとか)から発行されていないのは仕方がないとして、ネット情報も最近のモノは少なく、現地の情報収集に悪戦奮闘中です。(どなたか情報をお持ちでしたら提供してくださると嬉しいです☆)

旅の基本情報は収集しきれていないのですが、図書館から東欧関連の書籍を借りたところ、意外に面白かったのが「世界の国ぐに 民話と風土」の東ヨーロッパ編。

小学生向きの民族図鑑といった本で、発行年代は古く、現在の国名とは違ったりもしてますが、民族衣装をまとった人々の写真やお祭りの様子と共に、いくつもの民話が掲載されていました。

日本の昔話やグリム童話なども、けっこう恐ろしかったりしますが、この本の東欧各国の民話も、なかなかエグいです(笑)
発行年度が古いせいか、差別や偏見もたくさん盛り込まれていますが、現代のルールに乗っ取り編集されたら、ストーリー変わっちゃうのかな、なんて思いながら読んでいます☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

彼は秘密の女ともだち

Une_nouvelle_amie_2

ギンレイホールでの「アリスのままで」との二本立ての、もう一本のほうが「彼は秘密の女ともだち」

これも観たかった映画ですが、他の方々もそうだったに違いない。
なんたって、この日のギンレイホール、今までにないほどの混みようで、休憩時間の女子トイレの列は
映画館の外側まで続いておりましたから!

面白かったですよ~
キレイな撮り方だし、ファッションもインテリアも好きだし。

最後、一般的感覚を持つ夫については、え!可哀想な流れかも?と思いましたけど☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL Venezia ヴェネチアとスロヴェニア TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品