ち・よ・こ・れ・い・と

1911deco1
 
NO DECOだった我が家のツリー、娘と孫がDECORATIONしてくれました☆
    
1911deco2
 
このゴールドとブルーの飾りはチョコレート。
  
赤のチョコも入っていたのですが、娘曰く、2色でまとめたほうが美しいってことで赤色チョコは早々と家族のお腹の中に。
  
ちなみにリクエストされたアドベントカレンダーもチョコレートのタイプで、それは12月1日から24日まで毎日ひとつづつ食べ、このツリーのチョコは、クリスマスが終わったら食べるのだそう。
 
 

| | コメント (0)

しっぽのはえた椅子

201908

IKEAのヌードクッション・FJÄDRAR( フィェドラール) は、ダックフェザー100%という品質で500円という破格のお値段。

(ちなみにIKEAオンラインでは現在は600円になってましたが、それでも安い!)

20190727b

我が家のベンチソファは座面が薄い為、このクッションを座布団のように敷いて使っているのですが、このところ、猫チャンプの機嫌がよろしくなく、トイレ以外の場所でおしっこをしてしまい、このクッションも被害を被っております。

羽毛布団は洗えると学習したので、楽勝気分でこのクッションを洗濯機で洗ったのですが、なんかね、獣のような独特のにおいがするようになってしまった!

水洗いする前は臭わなかったのに、洗ったがために封印されていた臭いが解かれたようです。

ま、ナチュラルな素材あるあるですね。モロッコのパブーシュカとか…

何回か洗えば匂いは消えるのか実験中ですが、とりあえずA2Care↓を大量消費中です。

20190727

さて猫チャンプ、連日の暑さで、2階にはおいておけないので、夏休み中の小学3年生とクーラーのきいたリビングにいさせるのですが、そのこともお気に召さないらしく、椅子カバーの中にもぐります。(猫ドームとか段ボールの箱とか設置しても、頑なに入ろうとしないヤツなの…)

201908shimahima

なので我が家の椅子にはしっぽがはえております↑

ちなみに猫はプライドでできているそうなので、しっぽが見えていても、家族みんなで気づかないふりをしている今日この頃です。

 

| | コメント (2)

熊と牛

20190214

バレンタインに美味しい美味しい八丈島のプリンが送られてきました。(SHINOさん、THANKS!)

あまりの美味しさに、届いたその日に完食。

美味しい上に空きビンも可愛いので、育成中のチューリップの水栽培を移し替えました。

20190214b

ところで、後ろの牛さんの写真に気づいていただけたでしょうか?

送られてきたプリンの箱に入っていた八丈島乳業株式会社のフライヤーです。

八丈島の自然と牛さんたちの表情が気に入ったのでポスターのように貼ってみました。

20190214c

さて、今日の記事のタイトルは「熊と牛」で、牛のほうは美味しいプリンの材料である八丈の牛さんのこと。

熊については、先日、義母から聞いた子供の頃のお話で、ずいぶん可愛らしいエピソードだったので記録しておきたいと思いました。

20190214a

現在84歳の義母の、何十年前に亡くなったお母さんの名前は「熊」というのだそうです。

なぜ女の子に熊と名付けたのかはわかりませんが、その頃は流行ったのかもしれないし、特別な意味があったのかもしれません。

が、娘である義母は、お母さんの名前が「熊」というのが、恥ずかしくて恥ずかしくて嫌だったそうです。

義母が小学校に入学したばかりの頃、先生が、「明日は両親の名前を発表してもらいます」と言ったそうで、家に帰るなり、父親の胸をたたきながら

「なんで熊さんなんて女の人と結婚したんだ!明日、みんなの前で、お母さんの名前を言わなくちゃいけないなんて、恥ずかしくて嫌だ!」と泣きながら言ったそうです。

すると、お父さんは、「熊さん、美人だったんだ」と答えたそうで、私は「きゃー素敵じゃない☆」と、思わず義母に言ったのだけど、当時の義母は、そんな答えもうれしくなく、ただただ、明日の発表が嫌だから学校へ行きたくないと訴えたそうです。

義母の両親は、先生にそのことを伝え、先生は「明日のことは心配しなくて大丈夫よ」と言ったそうで、翌日、義母はドキドキしながら学校へ行ったそうです。

クラスメイトが次々に両親の名前の発表を行い、とうとう、義母の番になりました。

「お父さんの名前は文次郎、お母さんの名前は・・・」と言いかけると、すかさず先生が、「おかあさんの名前は、くーちゃんよね!」と言ってくれたんだそうです。

義母は、心からほっとしたそうです。

認知症が進み、5分前のことは忘れてしまい、生活に支障がある現在の義母ですが、子供の頃のそんなエピソードを話してくれるようになり、私は、全く知らない義母の小さい頃の面影をみているような、温かい気分になりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

デニムのリース



今年の玄関リースは、いろいろな色合いのデニムから、葉っぱをたくさん作り配置した娘の作品。

ひとつひとつ葉っぱをつくる、大変だったろうなー

でも、きっと作るのが楽しかったんだろうなー

ここ何年も、何かを作ることをしなくなった私は、作ることに夢中になれた頃のことをぼんやり思い出してみたり。

モノづくりの情熱の落差に我ながら驚いてしまう。

今は、何かを作るために材料を所有することことが億劫になってしまった。

それでも、たまに裾上げをしたり、ボタンをつけたりした後は、なんとなく楽しい時間を過ごしたような気になる。

うん。今の私にはそのくらいの針仕事が丁度いい。

誰に見せるでもなく、ひとりで楽しむ手仕事が。
 

さて、娘の作ったデニムリースに話を戻そうっと。




ロゴがプリントされたレーザーパッチや↑

リベット(ジーンズのボタン)もアクセントになってますね↓
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスを迎える

12月になる少し前、娘と孫娘がクリスマスを迎える準備を始めました。

ダイニングテーブル周りの椅子の配置の件ですが、コーナーチェアがどうにも使いづらく、あれこれ試していたのですが、夫が「ひとりでコーナーチェアにあぐらをかいて座るのが一番ラク」というので、↓写真の配置に落ち着いた今日この頃。

ベンチソファ側には木製型抜きツリーとスノードーム群↓

私が座る位置はTVの真正面で、

枝物にはチョコレートのオーナメントとクリスマスの絵本などなど


私が飾ると色味を抑えた地味バージョンですが、娘と孫娘は明るく賑やかに飾るので、なんとなく楽しい気分になります。

うん。クリスマス、うきうきわくわく気分で迎えたほうが楽しいですもんね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝物かぶり

Green1

私は観葉植物系を長生きさせられない。

だけど、部屋にグリーンがあるのは好き。

たどり着いた解決策は、「枝物」。

枝物は、水を足したり取り替えたりするだけで、数週間から数ヶ月以上もつことから、すぐに枯らしてしまうという罪悪感を抱かずにすむのが嬉しい。

現在、同居中の娘と、枝物の取替えどきだなと感じる時期が似ているようで、ときどき同じタイミングで新しい枝物を各自買ってきて、枝物がかぶることもある。

(一番上の写真の枝物は娘が買ってきたもの。私は名前を知らないのですが涼やかな枝物です)

Green3

↑これは私が買ってきた「カクレミノ」

↓こちらは枯れずに残っていた「ドウダンツツジ」とミックス。

Green4

↓枯れた部分を取り除き、小さなベースに挿した「ドウダンツツジ」

Iron1

「かぶる」といえば娘と同居するようになって、アイロンやミシンなどお互い持っていてかぶるものは処分した。

なのでこの写真に写っているアイロンは娘のもの。

Iron2

そうそう、アイロン台も処分し、現在使っているのは、くるくるって丸められるシートタイプのもの。

Iron3

収納時にかさばらなくて、なかなかよい選択だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルガーゼのカーテン

Wg1

リビングのカーテンを作り直しました。

といっても、110cm幅のダブルガーゼの両端はそのまま利用し、生地の上下を縫っただけ。

それをカーテン用のクリップにはさんだだけなので、とっても簡単。

市販品のタックがあるものは、あまり好みではなく、ましてやウチのリビングの吐き出し窓の高さは230cmで規格品にはなく、なんとなくいつも自分で作っているのです。

Wg2

今回、ダブルガーゼを選んだのは、レースとリネンの2枚がけを1枚だけにできないものかとチョイスしてみたのだけど、もうちょっと透け感がないと締め切って使うには適さないカンジでした。

やはり、内側にもう少し透け感のある生地を探そう。

Wg3

でも、このダブルガーゼ、メーター380円とかなり安く、5m買ってきても税込2千円ほど。
揺れ感・落ち感などはイメージ通りで気に入っています。

Wa4

まだ、ネコチャンプの爪あとはないのだけど、この値段なら生地が傷だらけになったとしても気軽にチェンジできそうです。

20180811champ

ね、チャンプ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灯篭流し

Tourounagashi3

毎朝、通勤前に歩く某都立公園で「灯篭流し」の掲示板を見つけたのは数週間前。

地元民なのに、灯篭流しがあるなんて、まったく知らなかったけど、ネットで調べると、駅前商店街が主催している夏のイベントで、規模はさほど大きなものではなく、「だからこそ、穴場!」とのこと。

人混みや、高すぎるテンションがチョイ苦手になってきた今日この頃、なんだか良さげだわぁと娘たちと行って参りました☆

Tourounagashi1

灯篭はひとつ500円で、用意されたマーカーペンで願い事などを書き、スタッフに渡すと、灯りをともし、池に流してくれるしくみ。

Tourounagashi

花火も打ち上げられ、小規模ながらコンサートもあり、混み具合も程好く、なんといっても湖面を流れる灯篭は幻想的で、いつまでも魅入ってしまいました。

Tourounagashi2

来年もまた参加したいイベントです。

そして願わくば、ここの灯篭流しがあんまり有名にならず、ひっそりと(でも、地元民で程好い賑わい)存続していくといいなーなんて、勝手なことを思うのでした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4人と1匹の夏模様

Doudantutuji

私が子供の頃の夏も、もちろん暑かったけれど、それでも30度を越す日というのは、今よりずっと少なかった。

32度とかが夏休みの間に何回かあり、すごいねー、32度だって!とか大騒ぎした記憶があるのだけど、今や34度越えとかが連日で、30度とか聞くと、そのくらいなら涼しいかもしれないとか思ってしまう今日この頃。

海外旅行などで通貨や物価が、日本のそれとはまったく違ってくるとき、自分の金銭感覚がヘンな具合になってくるのと似てるといえば似ている、30度なら涼しいかもという妙な錯覚。

さて、写真(↑と↓)は、最近のリビング。

小2含む4人と1匹となって7ヶ月。

学習机は特に用意していないため、宿題や時間割はリビングでする生活ゆえ、テレビの下の収納は小2の教材や文房具やおもちゃが占めている(もちろん、これだけでは足りず2階にも母娘のモノが増殖中)

Doudantutuji2

ダイニングテーブルで宿題をし、終わらないうちに夕食のセッティングがはじまることもしばしばなので、2階で使っていた白のサイドテーブル的なものを持って来たりと、二人暮らしのときから変貌を遂げております。

お気づきかもしれませんが、これらの写真はワタシが久しぶりにひとりになれたときに撮ったものゆえ、ランドセルや教科書やら散乱していませんが、日常の部屋はカオスです(笑)

Doudantutuji4

まぁ、家族の中で、ミニマリストという思考に目覚めたのはワタシだけなので、私がカオスと感じていることと他の家族の間には大きな溝というか、異次元ほどの思考の差があるという事実をなんとか受け止めながら暮らしております(苦笑)

Doudantutuji3

それでも、成人の女が二人いると、家事はぐっとラクになります。

料理は、ほぼ娘が作ってくれるので、あの「毎日夕飯を作らねば」というプレッシャーがなくなりました。
(娘も仕事しているので、娘だけにまかせるということはなく、どちらかできるほうがする、というスタンスです)

何がよかったって、娘と孫娘に、ワタシにヒゲやら鼻毛やらを発見したときには速やかに伝えてくれるようお願いできたこと。
老眼で、自分では発見しにくいお年ごろなものですから。

ミニマリストとマキシマリストという正反対の思考ではあるものの、部屋を涼やかにする演出などは一致するところがあり、灯台躑躅(ドウダンツツジ)の枝物は娘が買ってきてくれました。

20180717

ネコチャンプは、家族が二人増えたことに、30パーセントくらいは理解を示してくれますが、4人揃っているときはめったに近寄らず、、、、この暑さの中、クーラーが効いている部屋においでよーと懇願しても来てくれません。

ワタシや夫にはヘソテン姿も見せるのだけどねー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4人と1匹の今日この頃

Cafe3

↑ハノイにはこじゃれたカフェが点在していて、現地ツアーで一緒になった女の子はカフェめぐりを楽しんだそうですが、私ときたら、屋台は楽しんだけど、カフェのお楽しみは着手せず。。。

現地でベトナムコーヒーを楽しんでこなかったのがちょっぴり心残りですー

20180512champ

↑最近のネコチャンプ

去年の暮れのエジプト旅行から帰ってきた後の数日間は、不信感を募らせ、よそよそしかったのだけど、今回、ベトナムから帰ってきたら、ごろにゃんごごろごろと無防備に甘えまくってくれたので嬉しかったですー

201805mathersday2

先週の日曜日の母の日。
なぜか孫がケーキを作ってくれました。

私にって作ってくれたけど、それは「母の日」じゃなくて「ババの日のケーキ」だね!と言うと、「ママのママだからいいんだよー☆」と言ってました。

201805mothersday

市販のロールケーキにアイスをのせ、フルーツとパイの実を散りばめたゴージャスなケーキで、美味しかったです☆

ネコチャンプと人間4人の家族体系に、すっかり慣れた今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL Venezia ヴェネチアとスロヴェニア TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品