新薬のこと

Kakokdqpxa9hefd3icd6

写真はギリシャの薬屋さんのキュートな看板☆

さて、1年ほど前、C型肝炎の治療のため入院し、インターフェロン第一回目の投薬後、副作用の影響で二回目以降ができず、その治療は中止しておりました。

今年の春以降、インターフェロンが合わない患者に向けての経口薬での新薬治療が国の助成の対象となり、私も9月末から新薬での治療を開始しました。

このお薬、副作用がほとんどなく、国内の臨床試験では患者の96%が治癒するという画期的な薬で、12週間・毎日一錠(プラス他の経口薬を一日三錠前後を併用)服用します。

副作用は人それぞれとは思いますが、私の場合、ホントにまったくといっていいほどなく、入院する事もなく毎日通勤も続けております。

12週間、つまりは3ヶ月間飲み続ける治療ですが、なんと!ひと月ほどで「C型肝炎ウィルスは検出されず」との有難~い検査結果が出ました!(とはいえ、念のため3ヶ月は飲み続ける治療方針のため、あと数週間は毎日服用します)

この有難いお薬のこと、このブログに書くことを躊躇してしまうほど、とっても高額です。

1錠の薬価はなんと6万ちょっと。
12週間服用すれば、治癒までに要する薬剤費は併用薬を含めて約546万円。インターフェロンを使った治療の薬剤費は約223万円なので、倍以上に相当するのですが、それが今年の春以降、医療費助成の対象となり、患者が負担するのは月額最高2万円なのです。

助成の大部分は国民が負担する税金や健康保険料で賄われているので、なんだかいろいろな方にすみませんという気持ちにもなります。(いや、ほんと。皆様の税金で治療することができているのです。アリガトウゴザイマス)

さて、このお薬はアメリカ製で2週間分・つまり14錠入がボトルにはいっております。
ボトルひとつの値段は6万円×14なのですから、はじめて薬を受け取り、電車に乗ったときは、落とさないように、失くさないようにと、超ドキドキしました。

さらにはこのボトル、チャイルドロックなる仕様で、はじめての服用時、開け方がわからず、ひじょーにあせりまくりました。
慣れれば簡単に開けられるようになるのですが、仕事に遅れちゃう!ってくらい、開け方に四苦八苦。結局ネットで調べたくらいです(笑)

さてさて、このお薬、私の負担額は軽いけど、そもそもどうしてこんなにも高額なのかなぁ、なんて話を職場でしたところ、上司がこんなことを言ってました。

「C型肝炎は、肝硬変や肝臓ガンになるリスクが高い上に、他の人に感染するリスクというのもあるので、世界的に根絶を目標としているであろう。
そうすると、莫大な研究開発費がかかっているであろうにもかかわらず、やがて治療薬を使わなくなる日がくる。そのため、高額な値段設定となるのではないだろうか。」

↑という、上司の見解に私もすごく納得したのでした。

他の病気で苦しんでいる方もいらっしゃる中、C型肝炎の治療が助成の対象となっていることに、もしかしたら不満をもたれている方もいらっしゃるかもしれないと思うと、なんとなく書きづらかった新薬治療のコトなのですが、私は日本に生まれたことで、この治療を受けられ、たぶん間違いなく完治できそうなのです。

なので、日本政府にお礼を言いたくなり、こういうこと、ちゃんと書いて伝えようと思い、記事にいたしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まるでフライト中のよう

Kagami_3

ブログは退院したら書こうと思っていたら、副作用で白血球減少のため治療は一旦中止となり、回復したらまた再開ということになり入院延長中。
職場には少しばかし長めに休暇申請しているので、今週中までなら入院もヨシというところです。

白血球減少でナニがまずいのかというと、抵抗力がなくなってしまうらしく、院内でもマスク着用。
それまで普通食のメニューを選べていたのに、白血球減少発覚後は食事も加熱食のみが少しばかしがっかり~_~;

とはいえ、まわりの重症患者さんに比べたら、てか、比べるのも失礼な位、超元気です!

わりと新しい病院なので清潔で快適。
気分的には、長いフライトをしてる感じ。
読書かテレビくらいしかする事はなく、でも、何もしなくていい時間を、後ろめたさを感じることなく、のんびり過ごせる…というのが海外旅行のフライト中みたいです^ ^

ところで旅にも入院にも持ってきて良かったと思うのは、卓上ミラー(写真上)と身体を洗うヤツ(スポンジや垢すり系)
これ、ないと案外不便なアイテムですよ⭐️

看護士さんもお医者さんも感じのいい方ばかり^o^
お日さまさがたくさん差し込む時間帯もあり、そうそう!東向きの部屋なので日の出前後の朝焼けが美しいです。

Asayake_3


| | コメント (7) | トラックバック (0)

明るいうちから

140310a

Yちゃんとは二度目の「びすとろUOKIN 吉祥寺店」。
一度目に行った時も繁盛店だったけど、その盛況ぶりは未だ健在。
4時オープンなのですが、5分前に到着するとすでに長蛇の行列でびっくりでしたよ!

Yちゃんが予約してくれていたので待つことなく入店でき、案内された2階席は窓から西日がさし、こんな時間から呑んでいいんですか?と恥じらうふりをしつつ呑む気満々^^

明るい時間だと店内の様子がよくわかって、前回、夜に来たときは気づかなかった布張りの椅子の柄の素敵さが目に入り、それがまたかなりのワタシ好みで嬉しくなり、カシャしたのが上の写真です。

余談ですが、写真を撮る擬音をよく「パチリ。」とかいってましたが、最近は自分的に「カシャ。」だよなーと思うのはiPhoneの作られたシャッター音だからでしょうか。

140310_3
さて、数分後、青いカーディガンを着たYちゃん到着。
テーブルにセットされた青いナプキンと椅子の布の柄がとてもキレイにマッチしていたので「カシャ。」(笑)

しかし明るいうちから呑めるって(しかもボトルで!)、ものすごく贅沢な気分!
お料理も、ここはほんと美味しくってリーズナボォ☆

140310_2

さてさて、今回はひさびさのワインでした。
去年の12月に、とある検査をしたところ、翌日病院から「すぐに入院してください!」とドラマみたいな電話がかかってきたなんてことがあったのです。

数値はヒドイものの、自覚症状がなく、もうすぐ年末年始という時期だったので、「安静にしてお酒も絶対飲まないようにするから入院はさせないで」とお願いして入院は免れたのです。

そのとき、ちょっと自分の体を粗末にしてきちゃったかなーと反省もしましたが、お医者様に「かなり大変な状態です」と言われた時、ああ、この数年間で無謀と思われたひとり海外旅行をたくさんしといてよかったなと、心の底から思いました。

現在は数値もだいぶ安定していて、すぐにでも始めるはずだった治療も急ぐことはナイという嬉しい展開になったので半年ほど先延ばしです。

今年はひとり海外はダメかな―とあきらめていたのですが、そういう展開になったので、5月にはローマ・フィレンツェ・ナポリに行く手配も済ませまちゃった今日この頃です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしやと思っていたら…

130320ama

去年の今頃、ひどいくしゃみと目のかゆみがあり、もしや花粉症?…と頭をよぎったものの数週間で治まったため医者にも行かずにおりました。

ところが今年も3月にはいったあたりで、鼻と目のかゆみに襲われ、あ、やっぱしコレは…と耳鼻咽喉科で受診、血液検査もしたところ、10段階中の7あたりの数値で、ばっちし花粉症のお墨付きをいただきました!

といっても、検査結果が出る前の初診のときに処方してもらった飲み薬、目薬、鼻のスプレー、塗り薬、うがい液、などなどが効いているらしく、今はちっとも辛くないのでご安心を!

今や日本人の成人のほとんどが花粉症だそうで、花粉症じゃないほうが珍しがられるかんじゆえ、知人に「ついに花粉症になったよ」と言っても「へぇ~」程度。ま、自分でも「ふーん、やっぱしね!」程度ですけど(笑)

しかし驚いたのは、TVで「今日は花粉の量がハンパないです」とアナウンスされた日の耳鼻科の混みよう。

ワタシが行ったのは、そこそこ大きい町医者で、待合室には5人掛け位の長椅子が10セット近くあるのですが、座れない人続出。
それどころか待合室に入れずに入り口の外にだって患者さん溢れていて、もはや行列のできるラーメン屋さんかと間違うほどの勢いでした!

さて、使い捨てマスク愛好者になった今日この頃。
化粧をしなくていいのと電車の中でもクシャミを止めなくていいのはイイんですが、不織布のマスクで自分のくしゃみを受け止めると、ビショビショで不愉快極まりないというコト、花粉症になって発見しました!

「目玉を取り出して掻き毟りたい」とか、「花粉症の薬で眠たくなる」とかいった体験談は耳にしてきましたが、不織布のマスクのビショビショ感については聞いてなかったよー

ところで、「不織布」って読み方がイマイチ自信なく、「フオリフ」かなー?それともフセンヌノかなー?」なんて怪しげな日本語を使っていましたが、正解は「フショクフ」なんですね!
花粉症になって、知識が増えた今日この頃です!(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ここ、どこだ~☆

130126a

いきなりですが、この写真のここは、どこだと思います?


130126c

ちょっとしたリゾートのようでもありますが

130126d

実は都会の真ん中。
表参道と明治通りがぶつかる神宮前交差点にあるTOKYU PLAZAというビルの屋上で、お向かいさんはラフォーレ↓

130126b

原宿は好きなんだけど、土日の混みようがハンパないので、実は案外、行かない場所となってます。

今日は、大学病院の眼科で、あれやこれやの検査で時間がかかるといわれていたので、仕事は休みをとっていたのですが、明るいうちに検査項目すべてが終了。
ああ、それならば!と、平日のこんな時間、久しぶりに原宿へ行ってみる気になったのでした。

平日の原宿は、いいね~
ラフォーレはバーゲンでかなり混み合っていたけれど、FOREVER21やH&Mは、ゆったり見て回ることができたし、試着もサクっとできました☆

表参道ヒルズやH.P.DECOを、ゆるりゆるりとまわったら、けっきょく仕事をしてきたのと同じ帰宅時間となりました(笑)

ちなみに、目のほうは、なんだか回復に向っているらしく、このまま、自然治癒で、もう少しよくなる見込みがあるとのこと。
細胞が破壊されちゃったとこで、モノが歪んで見える症状は完全には治らないのだそうだけど、数ヶ月前に比べ、視野は広がってきているとのこと。嬉しいです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

絶対答えなくてはならない

121218a
年末も近づき、今年も「絶対笑ってはいけない」を見るだろうなぁなんて思っているんですが、最近、あるシチュエーションで、「絶対答えなくてはならない」というのがありました。

というのは、右目が部分的に見えなくなりそろそろ3ヶ月になろうとしてるのですが、紹介状を書いてもらった大学病院の初受診のときの視力検査でのこと。
わっかの切れ目が見えなくなったとき「見えません」と言ったところ、「なんとなくでいいですから、上下左右のいずれかを答えてください」と言われ、「んー・・・でも見えないし・・・」と言ったら、「それじゃぁ検査が終わんないんです!なんでもいいから勘で答えてください!」と、けっこう強い調子で言われました。

勘で視力検査になるのか?と思いつつ、えらく込み合った診察室内、ピリピリした看護師さんの気配もあり、本気で見えていないのに、勘というか、適当に答えてきました。

次のときは違う看護師さんで、イライラしていない優しい人だったけど、やっぱり、見えてなくとも何か答えないと終われないカンジだったので適当に答えてきました。

なんか腑に落ちないなーと思っていたところ、「視力検査 はっきり見えないのに答えてもいいのですか」というのをみつけ、へぇ、そういうことかぁと思いました。

なんにしても、最初の看護師さんはカンジが悪かったのは間違いなく、「見えなくても答えてくださいね~そういう検査なんですよ☆」と言ってくれたら気分はもっと違ったはず。

さて、上の写真はリトアニアのバスターミナル付近で撮ったもの。
ナゼ、この記事にこの写真かといいますと・・・拡大バージョンがコチラ↓

121218b

目の話題だったので(笑)

ピラミッドに目のシンボル。秘密結社のフリーメイソン?と思わず撮ったものの、紹介する機会もなく、あ、今回視力検査の話題じゃんと掲載した次第です(笑)


さて、「眼底出血でね」って言ってたけど一応病名があったのです。でもソレなかなか覚えられなかったのだけど、さすがに3ヶ月もたつと言えるようになるものです(笑)
えーっと、網膜静脈分枝閉塞症っていうそうです。
最近では、ちょっと早口言葉っぽく、もうまく・じょうみゃく・ぶんし・へいそくしょう!・・・と軽やかにくちずさめるほどなりました☆

さらに最近では、気のせいなのか、この見え具合が慣れてきたのか、ときたま、見えない部分が小さくなっているような気もして、そんな日は「お。今日は調子いいじゃん?」とか思います。

実際どんなふうに見えているのかというと、両目だとふつーに見えていて、右目だけで見ると、視界の3分の一くらいがもやっとした黒色に覆われその部分の視界が遮られているのと、そのもやっとしたあたりにいくにつれ歪みが生じていて、直線が湾曲し吸い込まれていくように変形。人の顔だと極端にきゅーっと縮まってヘンテコリンな小顔に見えます。

お医者さんがいうには、浮腫がおさまり出血部分が小さくなっていけば、見え方も良くなっていくと。案外自然に数ヶ月とかで治まる人もいるし、レーザーや注射などで治療して良くなる場合もあるそうで、いまのところ腫れが引くのを期待しながら、適した治療法のための検査を重ねています☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BALTIC#29 ギフトと心の目(ラトヴィア・デンマーク)

121112coin
シンプルな外箱も気にいってラトヴィアで買ってきた伝統柄ミトンのキット
赤いリボンだけでギフト仕様としてみました!

中に入っているのは、以前にもご紹介した写真で恐縮ですが毛糸と編み方レシピ(↓)

121029d
このキットは、ギフトと自分の楽しみ用に買ってきたのですが、すんごい細い編み針で輪網というテクニックが必須。ひと冬かけてゆっくり編むのも素敵な冬の過ごし方っぽくっていいのですが、実は目の調子がダメで自分で編むのは断念。

バルトへ行く直前、眼底出血で右目の3分の1の視野が欠けてしまい、見えにくいんです~。。。なんて書いたこと覚えてる方もいらっしゃるかしら?

帰国後、紹介状を持って大学病院へ行ったのですが、うーん、、、、良くなる見込みは少ないらしいです。現状維持か、前向きな治療としては手術やレーザー治療があるということですが、あまり効果は期待できないとのこと。
ここ一月以上、出血を抑える薬や、血圧を下げる薬を飲んでますが、目はあいかわらず見えにくいまま。

そうそう、ワタシ、これまで低血圧の人だったのに、眼底出血をおこしてから、頻繁に測るようになり、それが、けっこうな高血圧でびっくり!年齢的に急に高血圧になる人も少なくないということを、自分がなってみて初めて知りました!

というわけで、このミトンを編むことを断念したのですが、「今年は編み物YEARにします!」とmちゃんが言っていたので彼女に贈ることにしました。

121112coin1

でね、赤いリボンを結んだだけでもオッケーと思ったのですが、そうだ!デンマークの穴あきコイン、ハートと王冠マークで可愛いんだっけ!と、これもリボンにとおしラッピング用品扱いといたしました☆

121112coin2

しかしさぁ。
かつてあった「作りたい病」ともいえるような創作意欲。
あれ、やり尽くしちゃってヨカッタです。
モチロンあの頃は右目がこういう状態になるなんて思ってもみなかったけど。

両目で見れば、日常生活はふつーにできるのですが、本が読みづらいのが困りもんかなー
あ!一眼レフね、本気で「心の目で撮る」ようになりましたよ!
とかいいながら、やっぱiPhoneで撮るほうが断然多くなってきたんですけど☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

名前を呼ぶこと

110908a_2

お休み3秒体質で、睡眠に関しては苦労のない人生

・・・だったはずなのに、今年の夏に限っては、冷房もしくは扇風機のタイマーが切れた頃、目が覚めてしまい、それから寝付けなくなってしまい、なんだか焦っておりました。

これまでほとんど、睡眠で困ったことがないだけに、眠れないということが負の状態に感じてしまう上、そういうときに限って頭に浮かぶのは、あの一言は余計だったかなとか、あの人のあの言葉には皮肉がこめられていたのかなとか、挙句の果てはには考えたくない人物のことばかりが浮かんできて暗澹としたり…

大きな不安を抱えていて眠れないというのではなく、たぶん暑さのせいで目を覚まし、すると、小さな不安がいくつも沸き上がり・・・いつもなら不安にならないくらいの、ほんの些細な事柄なのに、大げさにとらえてしまうといったふうでした。

しんとした夜中、不安や苛立ちが入り交じった負の思考にとらわれるのは憂鬱で、そんなことが何日か続くと、また夜中に不安に苛まれるのではないかと想像し寝ること自体が怖くなったりもし、不眠症ってこんなふうに陥っていくのかもしれないと、さらに恐ろしくなる負のスパイラルをちらりと経験したように思います。

と、ここまで読んで、「ふうこさん、心が弱ってる?」とか、心配されても困るので先に言うと、本格的不眠症になることなく、今は眠れていますので、ご安心を☆

続きを読む "名前を呼ぶこと"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

用法容量はお守りください

090528
ワキの話を最後に数日間放置といのもなんなんですが、週末は意識的にPCから遠ざかっているのです。
今度からなるべく、週末超えしそうなときは話題に気をつけようと思う今日この頃。

と、書いたわりには、今回もまたhair関連な話題。
いえ、思春期の頃って、髪型、髪質、はては体質とかをスゴク気になする頃じゃないですか。
家族で使うシャンプーでは満足できず、少ないお小遣いの中からヘアケア用品を買ってみたり、腕や足の毛の処理にためにも、脱毛クリームを初お買上げしたりもするわけですよ。

で、中2だったか中3だったかしら。初めての脱毛クリーム体験。
腕や足に塗り、しばらくしてから洗い流すとツルンとするのに気をよくした私は、気になっていた、口のまわりの産毛にも使ってみようと思いついたのでした。
だって、ほら、ヒゲじゃないんだから。産毛なのにカミソリを使ったりしたら、それこそヒゲと認めたようなもんだというヘンなプライドがあったのよね。

で、そのクリームを、薄っすらと口のまわりに塗ってみた。
しばらくすると、なんかヒリヒリするので、あわてて水で洗い流すとそこには…カルビーのおじさんのような、私がいた。
産毛はなくなったのよ。だけど、そのかわり、その部分がうっすら赤くなっちゃって。。。俗に泥棒ヒゲと呼ばれるような状態に見えるようになっちゃった!

顔の肌、ましてや口のまわりって、すんごく敏感で弱い部分なのね。。。
もちろん、脱毛クリームの使用説明書には「顔に使っちゃいけません」とありましたよ。だけど、まさか、あんなふうになるまでは危険性なんて察知できなかった。

実際、かなり危険な行為。たぶん軽くヤケドしたも同然の状態と思うもの。
ヒリヒリして赤味がとれず。。。数日間はその顔で学校へ行きました。
当然、友達に「どーしたの!」と聞かれ、嘘も思い浮かばなかったので正直に言うと、ま、笑いだけはとれました。
用法容量は、本当に絶対に、守りましょうね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ないしょの話

090528a
梅雨入り、近そうだなーと髪が感じる感じる湿気具合の今日は雨。
そして梅雨の後には大好きな夏。

これからの季節、湿気での髪の爆発問題もそうですが、ワキの処理問題も重要事項ですよね。
生々しい話題で恐縮ですが(不快に思われる方はどうぞスルーしてください)、多くの女子にとって、キャミソールやノースリーブを着る機会のあるこの季節、おろそかにできない話ではと思います。

私だって、キャミソールが似合う頃(とっても遠い昔)には、夏ともなれば、毎日、毛抜きで1本1本必死で抜くの日課だった頃があったもん。
もうさ、やればやるほど気になるんだもん。まだ完全には出てきていないヤツまで、どーにかして抜きたくなる…そのために寝不足になる…って経験をお持ちの方、少なくないんじゃないかしらん?

ところがね、いつの頃だったかな…
アレ?最近抜いてないない?と思ったのですよ。
ていうか、抜こうにも抜く毛がナイ。つまり生えてこなくなっちゃたのです。永久脱毛とかしたことナイのに、ですよ。

なんかとっても不思議で。
だって、他は変わりがないのに、ワキだけツルンツルンになるなんて…あ、いや、正確に言うと、ものすごーく細くて色も薄い軟弱そうなのが2.3本ありますが、ほぼ見えないくらい弱々しいヤツです。
年をとるとなくなるもんなのかなー?

いつからそうなったのか、記憶が定かじゃないのは、自分のことにかまっていられない子育て期間中に、徐々になくなったと想像するのだけど、どうせなら、堂々と肌を露出できる10代20代の頃に、キッパリなくなってほしかったよ。正直、この年代で、ツルンツルンのわきになっても、有り難味、薄いっす。

ま、どーでもいい&ないしょのハナシなのですが、やはり、年齢とともに毛根の寿命が尽きたのでしょーか?
自分のカラダながら、とっても不思議です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FAMILY&DOG&CAT INTERIOR&Fashion&LIFE MOVIE&BOOK&MUSIC NEWS recipe TRAVEL ANDALUCIA+BARCELONA アンダルシア+バルセロナ TRAVEL BALI バリ島 TRAVEL BALKANS アルバニア、モンテネグロなど TRAVEL BALTIC STATES バルト三国+北欧 TRAVEL BANGKOK バンコク TRAVEL BARCELONA バルセロナ TRAVEL BENLUX オランダ ベルギー ルクセンブルク TRAVEL BULGARIA ブルガリア TRAVEL CROATIA+HUNGARY クロアチア*ハンガリー TRAVEL CZECH&LONDON チェコ+ロンドン TRAVEL EGYPT エジプト TRAVEL GERMANY ザクセン地方 TRAVEL GERMANY ドイツ TRAVEL GOTLAND & DALARNA TRAVEL GREECE ギリシャ TRAVEL HOLLAND オランダ TRAVEL ITALIA イタリア TRAVEL LONDON ロンドン+コッツウォルズ TRAVEL LOSANGELES ロサンジェルス TRAVEL MEXCO TRAVEL MOROCCO TRAVEL PARIS 2011 パリ TRAVEL POLAND ポーランド TRAVEL PORUGAL ポルトガル TRAVEL ROMANIA TRAVEL RUSSIA ロシアとフィンランドとエストニア TRAVEL STOCKHOLM ストックホルム+コペンハーゲン TRAVEL SWISS スイス TRAVEL TAIPEI 台北 TRAVEL TURKEY トルコ TRAVEL Venezia ヴェネチアとスロヴェニア TRAVEL VIETNAM ベトナム TRAVEL WIEN BRATISLAVA SOPRON ウィーン ブラチスラヴァ ショプロン TRAVEL 近場散策も WORKS こんなのかいた こんなのできた*縫い物編 こんなのできた*雑貨編 こんなのできてた プリント生活 心と体 日記・コラム・つぶやき 更新 瞬間お買上げ品