« 特別感ないけど特別な夏 | トップページ | ソール・ライター展とまさこ百景と東急トランセ »

もうヴィンテージの域

9ae7a74f876c4641ad2014b9fb93d622

椅子のカバーを新しい生地で作り替えた時、長年の酷使で、つぶれて薄くなっていた座面部分もリニューアル。

11942a4c1f22489ea1d562686246acd1

低反発シートを二段重ねにしボリュームアップし、カバーの内側には気まぐれ猫・チャンプ のためにおねしょシートも縫い込んだ。

Cee1a3bef0f745ca813e7cecf4d5d05f

さらなる猫様仕様に、同じ生地で椅子の下部分にハンモック的猫様スペースを作ったものの、チャンプ 、使う気ゼロ↓

9a003e4ed180470dae62c1af87dd02b7

ところで、これらの家具は元々L字型のダイニングセットだったもので35年以上使っている。

35年の間には、何度も古くさく感じ、買い替えを検討したのだけど、最近では良い具合に古いデザインが新鮮に感じている。

Cfd8979bb6f148d6bc58bcc103c6020b

35年前に買った家具店は10年前に閉店し、生地部分は何回、いや何十回も替えているけれど、木の部分は健在。「100年の斧」のよう。

アンティークは製造されてから100年以上経過しているもの、ヴィンテージは30年から99年経過しているものとの定義があるそうで、そしたらこれらもヴィンテージだわ。

|

« 特別感ないけど特別な夏 | トップページ | ソール・ライター展とまさこ百景と東急トランセ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別感ないけど特別な夏 | トップページ | ソール・ライター展とまさこ百景と東急トランセ »