« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

三つ編み

2ea4f445a3a344d9b69cd1a998e8e56b

 

読んだ本の履歴を作りたいけど面倒だなーと思っていたら、「スマホで表紙を撮る」という方法を何かで知り、お!それいいじゃんと、面白かったものも、つまらなかったものも、とりあえず写真に残しておこうと、その方法を真似させていただくことに。

ほら、テキストでタイトルや著者、読んだ日なんてのを記録しようと思うと面倒ですが、履歴だけならこれで十分。

てことで、先日の記事の「僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー」と、上の写真の本「三つ編み」から、履歴写真始めました。

前後にほかの本も読んでいるのですが、この「三つ編み」は、図書館予約で半年待ち、やっと借りたもので、読み終わり返したものの、私にとってとても大事な本となりました。

国も生活環境も全く違う3人の女性の物語が三つ編みを編むように交互に語られていくのですが、最初は全く接点などないように思えた3人が本の最後では、だれ一人かけても成立しない結末を迎えるのです。

3人のうちのひとり、インドの不可触民スミタの物語は、最初、あまりにも理不尽で読むのが辛く、成功者であるカナダのエリート弁護士サラの痛みは、エリートではない自分なのに共感することができ、ジュリアが住むシチリアは進歩的なヨーロッパかと思いきや、いまだ男性中心の家長制度をひきずっていたりと、日本で暮らす一女性として反応・共感することが多々ありました。
  
本の後書きだったか(返却したのでちょっと不確かなのです)に、「男性優位な社会を変えるために、まずすべきことは、男性ではなく社会に訴えかけることだ」みたいなことが書いてあり、ものすごく共感しました。

me too運動が始まったことは、とても大きな一歩で、個人的に大きな喜びです。

が、正直、私の周囲の男性はme tooにあまり関心がなく、ただ、訴えられないように時代の流れに乗るくらいにしか思ってないように見受けられることが少なくありません。いや、女性にだってそのような受け止め方をしている人もいるかもしれない。

だからこそ、社会へ訴えることのひとつとつとして、この本が誕生したこと、そして出会えたことが、とてもうれしいです。

| | コメント (0)

やめたこと。

E6a09e4b929e4356b6c3953ef635b44e 

ずっと続けてきたコトやモノで、やめたことを列挙。

【ネイルサロン】
かれこれ10年ぐらい通っていたのではないかしら。
指先ってけっこう目に入るので、綺麗になっているとテンション上がるし、逆に、長年のネイルで爪がボロボロで、見せられる状態じゃなかったこともあり、毎月5千円前後かけてネイルサロンに通っていたのです。
ところが、去年の11月頃、そろそろ予約しなくちゃと思いながらジェルネイルが数か所剥がれたところ見ると、ボロボロじゃなくなっていたの!
色も薄っすらとしたピンクだし、ゴワゴワガサガサじゃなくなっている。
あれ?これなら自分の爪で生きてける!と思い、その日から次の予約をいれることなく過ごしています。

【ヴィトンの手帳とお財布とカードケース】
手帳・財布・カードケースのほかに、キーケースもヴィトンというのが、かれこれ30年くらい定番の持ち物でした。途中二度くらい買いなおしたものもあるけれど、バッグの中にヴィトンが揃っている状態が心地よかったのです。
が、去年、手帳を持つのが面倒になってきてスマホのカレンダーとメモ機能に移行。
 
カードケースにはSuicaや免許証・保険証のほかに診察券を入れていたのですが、診察券は診察券番号がわかるようスマホで撮影。外出先からネットや電話予約の時は番号さえわかっていればオッケーだし、急遽、仕事の帰りに受診するときも、診察券は後日持参で大丈夫ですから。
あと、Tポイントなどはスマホアプリで代替えできるものは極力そっちへ移行したので、カード自体もだいぶ減らすことができました。

お財布にいたっては、去年から始めたPayPayと、カードとsuicaを使うことがほとんどで、現金の使用頻度が減ったのを機会に、ブランド財布へのこだわりを捨て、コンパクトでカジュアルなものに変更。
近所の八百屋さんもPayPayが使えるので、お財布から現金が動くとはほとんどなく、もしものためにお札を数枚入れているだけ。
小銭は以前からお財布が膨れるのが嫌で、おつりで4~500円ぐらいの小銭がたまると、すぐにATMで預入する癖がついています。

なので現在、使っているヴィトンはキーケースのみ。
これだって、お財布の中に鍵を入れちゃえばキーケースも処分できるのだけれど、会社の鍵などもあり、紛失した場合に備えて今のところはキーケースは持ち歩いています。

【本・雑誌】
昔は、本や雑誌は持っていたい派だったのですが、ミニマリスト思考になってから、持っていること自体が煩わしくになり、それからはもっぱら図書館利用です。
新刊などすぐに読めないけれど、持つことより待つことのほうが今の私には快適だなんて、昔の私には想像つかないことだわ(笑)

【長傘】
ビニール傘がやたら増えていくのが嫌だなぁと感じ始めた数年前。ふと、長傘って必要?と思い始め…いらないじゃん!と強く思い、自分の傘はマリメッコの折りたたみ傘ひとつだけに。
去年、その傘をさして外出中に突如壊れ、駅ビルにはいっている靴と傘の修理スタンドに持ち込んだところ、修復不可能と言われ、雨はやみそうもなく…ってことがあり、とりあえずの傘を買おうかとも思ったのだけど、いや、とりあえずのモノを家に持ち込みたくないわと、駅から5分ほど雨に打たれながらマリメッコ路面店に行き、速攻買いなおしました。
なので、今現在も所有している傘は自分にとってお気に入りのマリメッコのみです。

【柔軟剤】
何年か前は絶対的必需品だった柔軟剤。
あるとき、詰め替え時に化学変化を起こしたのか、ものすごく変な匂いになってしまい、それ以来使うのをやめてみたところ、ぜんぜん困らなかった!
柔軟剤絶対主義だったときは家族もイイ香りだね~と喜んでいたから、やめたらきっと不満が出るものと思っていたのに、皆、あっさり香りなしの生活に慣れちゃいました。
そういえば、最近はテレビでもあまり柔軟剤のCMを見なくなったような?…いや、テレビ自体、見る時間が減ったので、そのへんは不確かですけども。

| | コメント (4)

一年間一年後のことを考えてみる

2f5d22cd5c824378b56c479ea5d082eb

先週の私の誕生日に、9歳児がプレゼントしてくれたのは「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(著・ブレイディみかこ)」

事前にプレゼント何がいい?と聞かれたとき、「うーん、、、モノは本当にいらないの。でも図書館で予約した本が人気で、たぶん一年は待ちだから、その本だったら嬉しいかも」と答えたのです。

この本は2019年ノンフィクション本大賞に選ばれ、9歳児でも書店にずらりと並んでいるのを見て知っていたくらい有名な本。
イギリス在住の著者・ブレィディみかこさんの本は、すでに「こどもたちの階級闘争~ブロークン・ブリテンの無料託児所から」「労働者階級の反乱~地べたから見た英国EU離脱」を読んでいて、なぜブレグジットへ進んでいったかなどがわかりやすく書かれていて、ぜひこの本も読みたいと思っていたのです。

もちろん、この「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」もタイトルからしてすごく素敵だと思いました。

著者である日本人母とイギリス人の父親の間に生まれた少年の日々感じる人種や階級の差別。

時には悩み、時には軽やかに受け止めていく様がユーモアたっぷりに描かれ、楽しく読めました。

   

94e2d140a742476a8b24be98d8b2a5da

ところで、誕生日はごはんも特別なことしないでねと娘に言ってあったのですが、自分が食べたいからと成城石井のお惣菜と手作りパスタとステーキで祝ってくれました(BにもSにも感謝です)

さて。

誕生日を迎え、定年まであと一年となりましたが、一年後のこと、何にも考えていなかった!

金銭的には今後も働いていたほうが良く、定年延長とか短時間労働を探すとか考えないといけない時期なのですが、そういうことを一切考えずに、数か月とか一年とか海外に行きたい気もする。

これからの一年間で一年後のことを考えてみようと思うのですが、それって自分をみつめる作業も伴うわけで…楽しいばかりじゃなさそうと感じる今日この頃です。

| | コメント (4)

気に入ったのが見つかるまでは




Ae0cfe52b06142479d14668196eba2e0
三連休の中日、東京はどんよりした天気で外出する気になれず家にいたところ、無印良品の段ボール製ティシュケースの汚れがやたら目に付く。
 

以前は無印良品のアクリル製のものを使っていたのだけど、近頃購入している袋入りティッシュだと隙間が空きすぎるので、コンパクトなサイズの紙製にしたのだけれど、洗ったりができないのが難点。

 
汚れが気になっていたのは去年からで、出かけた時やネットで探していたのだけど、コレといったものに出会えぬまま数か月。
  
カタチは気に入っているので、何か貼ろうかとも思いましたが、そういえば昔、こんなの作ったっけと思い出し、ポスターカラーと絵の具をブレンドし好みの色になったところで塗りました。
  

81642ca0a5874f61b4500e63fcda8b7a
 
↑内側が元の状態。
内側と底は塗らず、上部と側面、引き出したときに見える範囲だけ塗りました。

Cdf844bbfcc64e43961ba9da681a736b
 
塗ったところで紙製には変わりないので、また汚れるのは時間の問題。 
 
それまでに気に入るものが見つからなかったら、同じものをリピート買いかな?

| | コメント (0)

IKEAのこれ。

Ikea_20200108132301

七草も過ぎましたが今日は新春クイズをひとつ(当たっても商品はございませんが)

上の写真をご覧ください。

IKEA店舗内で無料配布されている紙製メージャーを我が家の壁に貼ったのですが、さて、何のため?というのが問題です~

当たっても賞品はございませんので、さっさと答えを…

Ikea1_20200108132201

身長計として使うためです。

9歳児、朝が来るたび大きくなっているように感じる今日この頃。

シンプルな身長計のウォールステッカーを探していたのですが、あるときはたと気が付いた。

IKEAのこれでいいじゃんって(笑)

床上100㎝のところから両面テープで貼って出来上がり~

| | コメント (2)

うさぎじゃないの、ねずみだよ

D69b9651778f4e9a849e737bdfc83225

↑うさぎじゃないの〜

シソの茎の尻尾を見てよ^_^

Ce759f17bf84421487472e9f60e76eb7

↑こちらは姉の家でのお節。

盛り付けがさりげなく上手。

すべて美味しゅうございましたが、中でも金柑のスイーツは最高でした。


| | コメント (2)

時間感覚

E86f9654dc494ed2bda2d88da00acc1b

あけましておめでとうございます。

大晦日から元旦にかけては、一日がとても長く感じました。

ここ数年、毎日が一瞬で終わり、あっという間に一年が過ぎて行くので(年を取ると一年が子供の頃のひと月くらいにかんじるのです!)ちょっと久しぶりな時間の感覚でした。

何故だろうと考えてみたところ、大晦日は除夜の鐘が聞こえる時間まで起きていたからなのね。

そういえば海外旅行で時差がある場合、寝るよりも、起きている事で時差を調整しようとするんだけど、あれも一日が長くなった感じになる。

ただそれは非日常だからこそ出来る事。平常では何日も睡眠時間を減らすなんてとても無理なので、また今年も飛ぶように過ぎていくのだろうな。

さて写真の鏡餅の橙は、去年に引き続き9歳児から借りたスーパーボウルです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »