« 2019 Advent calendar | トップページ | 四四南村(すーすーなんつん) »

氷雨の深夜なのに温まる

1912teahouse 

予定では台北桃園空港に11:30㏘着だったのだけど、出発から遅れ、結局0時過ぎての到着となった。

地上に着きすぐさまwifiにつなぐと、ホテルからメッセージが届いていた。

中国語なので、漢字でなんとなく判断しながら返信↓

1219me1 

↑上ののメッセージはコピーしGoogleで翻訳すると、もう着いた?みたいな感じだったので、「空港に着きました」と同じくGoogleさんに手伝ってもらって返信。

すると「桃園空港?」と問われていると推測したので「YES」と返す(イミグレーションに並んでるときだったので、もう翻訳するのがわずらわしくなっていたから勘で)

 

1219messe

 そのあとすぐ「辛苦了、台北天気**、注意保護」というのが届き、たぶん、「今日の台北は寒いから温かくして来てね」と書いてくれたと想像し、なんだか、ものすごく嬉しくなり、「Thank you」と返しました。

フライトが遅れ、これからやっと入国審査で、その後、悠遊カードを購入したりバス乗り場を探さねばと、ざわざわした気分の時だっただけに、そのメッセージはホント嬉しく温かい気持ちになりました。

とはいえ、その解釈が正しいのか確信はなかったので、帰国後、中国語のできる姉に聞くと、「お疲れ様。台北は寒いので気をつけて」という意味で、ああ、間違ってなかったと安心し、再度、温かい気持ちもよみがえってきたのでした。

|

« 2019 Advent calendar | トップページ | 四四南村(すーすーなんつん) »

コメント

whokoさん 台湾 素敵ですね~
お茶屋さんとか憧れます!
なんともノスタルジックな風景の画像を見て
癒されました。ありがとうございます!

投稿: ひろりん | 2019.12.22 16:45

ひろりんさん

コメントありがとうございます。
私もひろりんさんのお料理写真楽しませていただいています。
今後ともどうぞよろしくね♪

投稿: whoko | 2019.12.23 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019 Advent calendar | トップページ | 四四南村(すーすーなんつん) »