« 安宿 | トップページ | 聖母被昇天祭とブレッド湖 »

ブラーノ島。壁と布のセンス!



Burano2
ヴェネツィアに行くことになったとき、ぜひ訪れようと思ったのがブラーノ島でした。
ブラーノ島を知ったのは、たしかテレビだったと思います。
漁師が航海から帰ってくるとき、我が家が海の上からでも、すぐわかるようにと、それぞれの家をカラフルに塗り分けたというエピソードを紹介した番組でした。
 
Burano1
サンマルコ広場の宿から、フォンダメンテ・ヌーヴエという船の乗り場まで徒歩で15分くらい。
そこからヴァボレット(水上バス)でブラーノ島までは40分くらい。
 
このヴァボレット、乗る前は運河のドライブを楽しみにしていたのですが、蒸し暑い。
風は入ってこないし、窓側の日差しも強く、日のさす側の席に座ったりしたら、その暑さ、かなりのものです。
人気のブラーノ島行きだと人も多くて、海の上だというのにまったく心地よさが感じられないというのが想定外(笑)
 
さて。
島は、どこから見ても可愛い色合いばかり。
上陸した人々は映える場所で撮影しまくりです。
私もカラフルな壁を背景に自撮りしてみましたが、くすんだ肌が際立つばかり(泣)
 
1時間もあれば一周出来ちゃう小さな島で、どこを撮っても絵になるのですが、逆に、どこを撮っても同じに見える感もあり(笑)
Burano3
でも、布使いはあきることなく見て回りました。
 
強い日差しを防ぐためなのか、ドアや窓を布で覆っているのですが、それが各家の壁に見事にマッチしたチョイスなのです。
例えば上写真のようにピンクの壁にピンクのストライプの生地にしてるとか↑
 
下の写真の家々も壁と同系色のストライプですね↓
 
Burano4
でこちら↓は、黄色い壁にオレンジと白のストライプ。
ドアだけでなく、窓の上の日覆いも同じ生地にしてるところが上級者ぽい(笑)
 
Burano5
でも正直な感想として、ブラーノ島、可愛らしい島ではありましたが、一度でいいかなー
 
色味の少ないヴェネチア本島の街並のほうが、味わい深く、いくつもの発見があり、好きだなーと思いました。

Burano
ブラーノ島を後にし、ガラスで有名なムラーノ島により、また、ヴェネツィアに戻り、暑さで少々疲れていたにもかかわらず、ヴェネチアの狭い路地裏歩きに繰り出してしまった一日でした。

|

« 安宿 | トップページ | 聖母被昇天祭とブレッド湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安宿 | トップページ | 聖母被昇天祭とブレッド湖 »