« オアハカチーズと屋台のモーレ | トップページ | CASA LUIS BARRAGAN »

口コミよりずっと良かったホテル

Ho1

オアハカからメキシコシティへは国内線フライトで1時間ほど。

ホテルは、場所と値段の安さで決めたので期待していなかったのだけど、ドアを開けたとたん、きゃぁ!ここ好き!って思いました。

Ho2

古いけれど掃除の行き届いた広い部屋。ぎしぎしと鳴る年代物のフローリングすら愛おしく、なんといっても、両開きの高い窓と、そこから見える街路樹の緑で、ここに来れて良かった!と思ったのです。 

Ho4

ダブルサイズのベッド側の黄色い壁も好き。 

Ho3

↑大きくて重たい革張りの椅子を窓側に運び、外を眺めながら本を読んだりビールを飲んだりも最高でした。

 Ho6

↑水回りのクラシックな洗面台もお気に入り。

ホーローの洗面台や蛇口が年代物でいい雰囲気なの。

↓クラシックな雰囲気は窓の桟やガラスの模様などからも感じられ、あーここに住みたい!って強く思っちゃったほど☆

Ho8

 ↓の写真は窓から見た外の眺め。

ホテルの正面は賑やかな通りに面しているのだけど、私の部屋は、静かな通り。人々が並んでいるのはメトロバス乗り場。

このメトロバスは30ペソ(180円)という安さで空港にも行けるのですが、チャージするカードを作らなくてはならないので私は利用せずでした。

 

 

Ho10

メキシコは地下鉄も安くて、改札を出なければ乗り換えしても5ペソ(30円)。メトロはたくさん利用させてもらいました。

もっとも、タクシーもお手頃価格。日本では料金加算が怖くてなかなか乗りませんが、メキシコではタクシーも気軽に利用しました。

 

さて、↓はこのホテルの中庭です。

Ho9

メキシコのこういった中庭を囲むように部屋がある建造物は、スペインのと似てる。

スペイン人が持ちこんだ文化なのでしょうね。

 

|

« オアハカチーズと屋台のモーレ | トップページ | CASA LUIS BARRAGAN »

コメント

本当に素敵なホテル!
ピンクのようなオレンジの壁とブルーの組み合わせ
(一番下の写真です)は、日本でもイギリスでもなかなか
お目にかかれないですね!
ロンドンにあるファッション美術館も
メキシコ人建築家らしく、外見がピンクなんです。

それはともかく、ベランダの柵もかわいい。。。
こういうの、憧れですー。
イギリスでは見ないです。
ベッドカバーもなんかかわいいストライプ。
ボキャブラリーが少なくてすいません。。。

投稿: puppy | 2019.06.04 19:11

puppyさん

ピンクのロンドンのファッション美術館、見てみたいです~

メキシコシティでは、メキシコ人建築家のルイス・バラガン邸を見学したのですが、この方もピンクの壁で有名。
ピンクに対する認識が変わるくらい素敵でした☆

投稿: whoko | 2019.06.06 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オアハカチーズと屋台のモーレ | トップページ | CASA LUIS BARRAGAN »