« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

かえどき。

Balmuda_2

先月、湯沸かしポットが壊れ、新たに購入しようと大手家電量販店に行くと、魅力を感じる製品がない。

「なんか、どれも欲しくないなー」「私が一人暮らしなら間違いなく、いらない家電だよなー」と思ったところで、ミニマリスト的思考になったとき、ヤカンがわりのホーローのポットも処分しちゃってるので、家族のために、お湯を沸かすための何かは必要。

ふと、湯沸かしポット売り場の隣を見ると、保温せず、お湯を沸かす機能だけの電気ケトルがずらりと並んででいる。

むしろ、電気ケトルのほうが種類が多いくらいで、あれ、もしかしたら昨今は、電気ケトルのほうが主流になってるのかもと思ったり。

実際、夏場は保温機能って無駄だよなーとか思ってはいたの。

さっそく、デザイン的に一番気に入っているBALMUDAの口コミなどを調べ、さらには、某カードのポイント交換アイテムの中にあるかもと調べると、ビンゴ!ありました!

そして先日、届きました。
ポイントだけで入手できたのは間違いなくうれしいけれど、お金を出しても、やっぱこっちのほうがいいわー(笑)

家族それぞれ、使いたい分だけのお湯を沸かす方法に移行した我が家。
すぐに沸くし、使いづらさは全くありませんでした。

家電でも、モノでも、慣れ親しんだモノが壊れた時は、習慣を考え直すチャンスでもあるのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊と牛

20190214

バレンタインに美味しい美味しい八丈島のプリンが送られてきました。(SHINOさん、THANKS!)

あまりの美味しさに、届いたその日に完食。

美味しい上に空きビンも可愛いので、育成中のチューリップの水栽培を移し替えました。

20190214b

ところで、後ろの牛さんの写真に気づいていただけたでしょうか?

送られてきたプリンの箱に入っていた八丈島乳業株式会社のフライヤーです。

八丈島の自然と牛さんたちの表情が気に入ったのでポスターのように貼ってみました。

20190214c

さて、今日の記事のタイトルは「熊と牛」で、牛のほうは美味しいプリンの材料である八丈の牛さんのこと。

熊については、先日、義母から聞いた子供の頃のお話で、ずいぶん可愛らしいエピソードだったので記録しておきたいと思いました。

20190214a

現在84歳の義母の、何十年前に亡くなったお母さんの名前は「熊」というのだそうです。

なぜ女の子に熊と名付けたのかはわかりませんが、その頃は流行ったのかもしれないし、特別な意味があったのかもしれません。

が、娘である義母は、お母さんの名前が「熊」というのが、恥ずかしくて恥ずかしくて嫌だったそうです。

義母が小学校に入学したばかりの頃、先生が、「明日は両親の名前を発表してもらいます」と言ったそうで、家に帰るなり、父親の胸をたたきながら

「なんで熊さんなんて女の人と結婚したんだ!明日、みんなの前で、お母さんの名前を言わなくちゃいけないなんて、恥ずかしくて嫌だ!」と泣きながら言ったそうです。

すると、お父さんは、「熊さん、美人だったんだ」と答えたそうで、私は「きゃー素敵じゃない☆」と、思わず義母に言ったのだけど、当時の義母は、そんな答えもうれしくなく、ただただ、明日の発表が嫌だから学校へ行きたくないと訴えたそうです。

義母の両親は、先生にそのことを伝え、先生は「明日のことは心配しなくて大丈夫よ」と言ったそうで、翌日、義母はドキドキしながら学校へ行ったそうです。

クラスメイトが次々に両親の名前の発表を行い、とうとう、義母の番になりました。

「お父さんの名前は文次郎、お母さんの名前は・・・」と言いかけると、すかさず先生が、「おかあさんの名前は、くーちゃんよね!」と言ってくれたんだそうです。

義母は、心からほっとしたそうです。

認知症が進み、5分前のことは忘れてしまい、生活に支障がある現在の義母ですが、子供の頃のそんなエピソードを話してくれるようになり、私は、全く知らない義母の小さい頃の面影をみているような、温かい気分になりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

去年の球根物語

201902kyukon

先月、ふと思い出し、しまっていた球根を見てみると、すでに芽が出ていたのでびっくり!

その球根は、去年のチューリップの水栽培↓のもの

2018tyu

植物を枯らすことにかけては定評のあるワタクシ、いつもなら、花が終わるとあっさり処分していたのだけど、去年は何故だか、球根の保存の仕方を調べてみる気になったのでした。

すると、葉や茎を切り、暗いところに放置するだけという手軽さ。
ものは試しと、保存してみたわけです。(といっても、ほぼ忘れていたのです)

で、何の気なしに物入を片付けていた時に、去年、球根を保存したことを思い出し、袋から出すと、すでに芽が伸びている!

本来なら、暗いところで放置後、まわりの茶色の皮をむき、冷蔵庫に入れ、根が出るのを待つという工程らしいのですが、すでに芽が伸びちゃっていた、この球根たち…

生存確認を目の当たりにしちゃったわけですから、あわてて、水を入れた容器に挿し、冷蔵庫に入れました。

すると数日後には、ちゃーんと根が伸びてきてくれたので↓

201901kyukon

冷蔵庫から出し、玄関の棚の上で見守ることに↓

201901kyukon3

ガラス越しの陽の光にあてると、すぐに白っぽかった茎はグリーンになり、ぐんぐん伸びてきました↓

Kyukon_2

花、咲くのかな?
毎日どきどきしながら見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの好み

201901b

我が家の1階は日当たりが良いとはいえないのだけれど、短い時間、不思議な角度で光が差し込み、心地よく感じられるときがある。


201901a

チャンプも無防備になる時間


210901c

さて、このクッションふたつ。
一目で気に入り、自分のための誕生日プレゼントにしたのだけれど、なんと、これを見た夫の一言が「キモイチワルイ」だったので、テンション下がりまくりでした。

210901d

ロープで編まれているから、オールシーズン使えるし、なんてウキウキしながら買ったのになー

でも、娘と孫娘は「かわいいじゃん!」って言ってくれたので、夫の感性は無視することにした!(ワタシは世の中のオジサンのセンスは信じない傾向があります・笑)

210901f

ところで、たいがいの猫は箱好きだし、隠れることができる箱を用意してあげるのがいいよ、なんて情報もよく聞くので、こんなのを作ってみたのだけど・・・

210901g

やはり、うちのチャンプは入らない。。。。

人間も猫も、好みはそれぞれなんだよねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »