« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

めずらしい

1901nail

ネイルデザインを選ぶとき、たいていは服に合わせやすいワンカラーなのだけど、今回はイエローのフレンチに。

私にしては、かなり、..めずらしいコト。

一年の中で一番寒い今頃は、冬にあきてくる頃で、春らしいものに惹かれるのだと自己分析しいる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

力技。

190118a

テレビの下に複数の箱があるでしょう?

これらの箱は、宅配おせちの3年分の白木の重箱。

五段重ね×三年分のうち、テレビ下に丁度収まるよう、12箱とふた3つを使用。

中には文具など入れているのだけど、深さ5㎝ほどの重箱は、入れるモノの高さが限定されるので、案外使いづらかったので、今年は改良。

箱の底を取り除き、二段分、三段分の高さにしてみました!

190118b

やり方は、底面の周囲をカッターを差し込み隙間をあけ、手のひらで強く押すという力技なので、真似される方はどうぞ自己責任でね。(って、真似する人いないか!笑)

ちなみに、側面も多少はずれたりはするけれど、接着剤で修復可能な程度。

底を抜いていない箱に、底のない側面だけの箱を積み重ね、接着剤でくっつければ、二段分、三段分の高さの箱になるわけです

(↓写真参照。左のポスターカラーと筆が入っているのは二段分にした箱。真ん中の奥のテープ類が入っているのが三段分にした箱で、手前が元々の箱です)

190118c

↓普段はこのように配置していますが、

190118d

↓必要な箱だけ持ってきて、作業します。

190118f

難点は、重ねた状態だと中身がわからないこと。

デザイン性があるシンプルなラベルを考案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有り合わせで飾り付け




新年二日目は駅伝を観ながらおせちをつつきました。



おせちは例年通りネット注文ですが、伊達巻きは昨年より娘と孫娘作。
市販のより美味しいので今年も作ってもらいました。



さて、室内のお正月の飾りつけ、家にあるものだけでアレンジしてみました。

鏡餅にのせたみかんに見立てたものは、孫娘のスーパーボールに葉っぱをつけたもの。

吊るした金と赤の折鶴は、クリスマスの飾り付けに使ったチョコレートの包み紙(↓クリスマスのときの写真)



白の折鶴も欲しいねという事で、白い紙を探した結果、孫娘の算数のプリントでいいやとなりました。
つまり、鶴の内側は計算問題がビッシリな状態です^_^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成最後の元旦




あけましておめでとうございます。
2019年のお正月、ひっそりと迎えております。
紅白歌合戦も何十年ぶりに最初から最後まで観ましたところ、あれ?紅白って、けっこう楽しいじゃん?と少しだけびっくりし、これまでの思い込み(紅白なんかつまらない)を見直す機会となりました〜

今年も皆さまにとって良い年となりますように!

あ!写真の水引の正月のお飾りは一昨日作りました。

紅白の水引で作ろうとしたのですが、100円ショップに買いに行ったら、すでに紅の水引は売り切れ、仕方なく白とシルバーにしたところ、我が家のドアの白と同化して、インパクトに欠けるお飾りとなりましたが、ま、それも悪くないなと思う今日この頃です。

今年もどうぞよろしくお願いします〜^_^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »