« 見所のないポドゴリッツァ | トップページ | サラエボは可愛い街でした! »

コトル

Ktr1

観光地ではなかったポドゴリッツアは、近隣諸国への移動は便利な街。

バスで2時間ほどの世界遺産のコトルへ日帰りで行ってきました。

前日、バスターミナルの窓口で往復チケットを買おうとしたら「マシンで買って」とぴしゃりと言われ、いや、マシンで買うと、行きの時間は選べるのだけど、帰りの時間の指定のしかたがわからないので窓口に行ったんだけどなー(しょぼん。。)と、帰りのバスの詳細が不明ななまま、とりあえずマシンで往復チケットを購入。

バルカンの国々は、鉄道より圧倒的にバス便が発達していて、多くのバス会社参入。
同じ目的地、同じ時間帯の便がたくさんあるので、少々うろたえてしまうのです。
何回かの学習の後に、チケットに明記されているバス会社にしか乗れないので、行き先とバス会社の名前をチェックすればいいんだと気づきましたが、印字されているバス会社をささっと読み取るのは簡単ではなかったな。アルファベット表記でも、まったく馴染みのない綴りなんだもの。

Ktr2

でも、コトルへの山道は、時たま素晴らしい光景に出会えたので、バス旅よかったです。(上写真はバスの窓から)

Ktr11

さて、コトルはモンテネグロ西部、アドリア海沿岸の複雑に入組んだ湾の最も奥に位置し、険しい山々に囲まれた天然の要塞都市。

Ktr4

城壁内部の旧市街はこじんまりとしていて、気ままに歩いても迷子にならない広さで、世界遺産に登録されているので、にぎわっておりました。

Ktr3

数日前、TBSの世界遺産で見たことある街だなーとぼんやり観ていたら、なんとコトルでした。

この番組観てからこると行きたかったなーと思ってしまいました(笑)

いい内容だったので特集記事リンクしておきますので、ご興味ある方はどうぞ

Ktr6

番組を見ることなく、実際に行ってきた私の感想は、クロアチアのスプリットやドブロヴニクと似ているなと思いました。

ま、位置関係、近いからねー。そりゃ似てるよねー(笑)

Ktr5

番組では、山を登ったさきも面白そうだったのですが、私が行った日は暑い日で、けっこう体力消耗しそうだったので、旧市街の散策だけし、夕方のバスにてポドゴリッツァへ戻りました。

Ktr8

この日は、深夜バスでボスニア・ヘルツェゴビナへ移動する予定を組んでいたので、無理は禁物との判断したのー

Ktr9

そうそう、コトル、猫ちゃん多くてねー
ついつい、かまってしまったら、木の上に逃げちゃいました。
ごめんねー
余計なことしちゃったな、と反省しました。。

|

« 見所のないポドゴリッツァ | トップページ | サラエボは可愛い街でした! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コトル:

« 見所のないポドゴリッツァ | トップページ | サラエボは可愛い街でした! »