« バス旅と出入国スタンプ | トップページ | 模様替え »

羽布団を洗う。

Umo

先週の我が家の猫チャンプときたら、ベッドやベンチソファの上でおしっこしちゃってたの!
しかも4日連続で!

これまで、ちゃんと猫用トイレでしていたのに、いったいどうして?と、ネットで情報を探すと、「気に入らない事がある」、「何かに怯えている」、「体調が悪い」などなど、猫と暮らしているウチには、決して少なくない問題行動のよう。

我が家のチャンプはというと、確かに様子がおかしい。
おびえているような、いらいらしているような…不安そうなのは感じ取れるけど、その原因を特定するのは難しく。。。

羽布団、カバー、シーツ、ベッドパット、マットレスまでしみこみ、そのたびにカバー類を外し、洗うを繰り返すも、掛け布団の匂いがとれず、ええい、もう、洗ってやる!とダメモトで羽布団を洗濯機に投入。

すると、中から羽が出てきちゃうこともなく、洗濯、すすぎ、脱水できちゃった!

その後、しっかり干してみたら、ふっかふっかな仕上がり。

自棄になっての洗濯機への投入だったので、まさか、羽布団が洗えるってことを発見できてしまうとは想定外だけど、嬉しい誤算でした。

そして、チャンプはというと、昨日から、何故だか機嫌もよく、以前のように自分のトイレでおしっこしています。

結局、問題行動の原因は不明のままだけれど、羽布団が洗濯可能ということを発見できたのは、えっと、怪我の功名?災い転じて服となる?かしら(笑)

ちなみに、我が家の羽布団はかれこれ20年以上前に通販で購入した、ごくごく一般的なもの。

我が家の場合は、洗えたし、ふかふかに気持ちよくなったけど、他のおうちの羽布団に関してはわかりませんのでオススメはいたしません。

でも、羽布団、一度洗えると知ってしまうと、これからは季節の変わり目には必ず洗いたい。
いや、むしろ、洗わないでいられない…という心境です。

(写真はウチのベッドルームではなく、2016年に行ったスウェーデンのDala-Floda(ダーラ・フローダ)の部屋です)

|

« バス旅と出入国スタンプ | トップページ | 模様替え »

コメント

うらやましい!
羽根布団が家で洗えるなんて。。。
というか、家でしっかり乾かせる、日本の気候がうらやましいです。
亡き義理母は羽枕を洗って、乾燥機に入れていました。
でも一時間かかってました。
(以下、うちの失敗談です。無駄に長文です)
私もロンドンに来て、羽根枕を洗って、乾燥機がないので
自然乾燥を試みたら。。
もう中々乾かず、しまいに異臭がして、
近所のランドリーの乾燥機を使うことに。
覚えてないけど、結構時間がかかって、
それ以来、全く洗っていません。

亡き義理母の羽根布団も、プロに依頼して洗ってもらったはず...日本の天気の良さは本当にいいなと思います!

投稿: puppy | 2018.10.25 22:38

puppyさん

ロンドンは湿度が高いのですね!
ヨーロッパは乾燥しているイメージでしたが、あ、そういえば、「霧の街ロンドン」でしたね。

日本は、さすがに梅雨の頃はダメでしょうが、秋晴れのときに干したら1日でほぼ乾きました。
(さらに念のため、夜室内に入れ、もう一日乾燥させました)

さて、先ほど娘からラインがはいりまして、猫チャンプ、もう粗相はしないと思ったのにソファにしてたとのこと。
ソファはスポンジなので、娘、「出勤前に洗濯機に放り込んできたよー」というラインでした。。

投稿: whoko | 2018.10.26 14:11

こんにちは!
ダウンジャケットも洗えますよ。
水鳥の毛だから 洗っても大丈夫…
みたいな事を読んだことがあります。

投稿: もこもこ | 2018.10.26 17:48

もこもこさん

ああ!水鳥の羽だから水洗いできる!
納得です^ ^

ダウンについては、私はライトダウンは洗っています。
本格的なダウンば持っていないのですが、洗えるという心強い体験談、ありがとうございます😊

投稿: whoko | 2018.10.28 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽布団を洗う。:

« バス旅と出入国スタンプ | トップページ | 模様替え »