« 行くつもりはなかったベラト城 | トップページ | コトル »

見所のないポドゴリッツァ

Po1

アルバニアから小っさいバス(乗合いワゴン)でやってきたのは、モンテネグロの首都・ポドゴリッツァ。

ちなみに、モンテネグロは「黒い山=マウント・ニグロ」ということらしいが、車で通ってきた山道の岩肌は、ちっとも黒くなくってむしろ白かった。
不思議に思い、調べたところ、対岸のイタリアからだと黒い山々と見えるらしい。


Po2

さて、モンテネグロで最初に踏み入れた街・ポドゴリッツァは、地球の歩き方によると「歴史は古いが、第二次世界大戦により、古い建物はほとんど残っておらず、観光地といえないまでも、観光の起点とするには便利」とあったので、二泊することにしたのです。

Po6

観光客がいっぱい押し寄せる場所が苦手なので、むしろ、そういう街のほうが、BSの「世界町歩き」みたいな旅ができるんじゃないかしらとチョイスしたのだけど、いやぁ、まいった!

Po

ホントに、ホントに、フツーでフツー過ぎる街でした!(笑)

Po3

それでも、泊まった部屋が鉄道駅とバスターミナルの近くで、可愛い部屋(しかも一泊3000円台)だったのは良かった。
そして、そのホテルに併設されていたレストランの料理が、すっごく美味しかったのに、信じられないくらい安かったのもよかった!

↓イカの料理(メニューが読めなかったので、お店の人のオススメにした)と、チーズをふんだんに使ったサラダとワインで千円ちょっとだったと記憶しています。

Po7
街歩きを楽しみつつ、少ない観光名所を回ってみようと、まず目指したのが時計塔。

時計の塔なら、遠くからでも分かりやすいんじゃないかしらと、適当に歩いてみたのだけど、高い塔は見当たらない。

地元の人に道を聞き、進んでいくと、え?まさかコレが街の観光として紹介されていた時計塔?・・・というのが正直、抱いた感想。

Po5

だって、床屋さんとレストランがあるだけの小さい広場にある、こじんまりした塔なんだもの。

Po4

このほか、一応、街の観光名所とされている教会や川も行ってみたのだけど、うん、地球の歩き方に書いてあったのは本当だね!まったくもってフツーの街でした!

二泊のうち一日は、観光地のコトルにバスで行ったけど、ポドゴリッツァは一泊、むしろ素通りでもオッケーな街だったかも。。(笑)

Po8

モンテネグロの有名観光地コトルについてはまたの機会に☆

|

« 行くつもりはなかったベラト城 | トップページ | コトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見所のないポドゴリッツァ:

« 行くつもりはなかったベラト城 | トップページ | コトル »