« 4人と1匹の今日この頃 | トップページ | ハノイからホーチミンへ »

市民劇場(Saigon Opera House)とAO SHOW

Ao1

↑こちらがホーチミンはドンコイ通りにある市民劇場(Saigon Opera House)。

Ao2

劇場前の竹細工はベトナム版のシルク・ドゥ・ソレイユと言われるアオ・ショー(AO Show)のオブジェ。

少し前のブログでも書きましたが、23:30発の帰国便まで、どうやって過ごそうかと思案したときに、再び粉の劇場前を通りかかり、そうだ!AO Showを観ていこう!と思い立ったのでした。

席は3つの料金体系に別れていて、私は一番安い3千円ほどの席を買いました。

そのとき開演1時間ほど前で、ちょうど劇場の中に入れる時間でした。

フリードリンクをいただき、ぼーっと劇場の内部を眺めていると、スタッフが何やら英語で行っています。
どうやら、開演前に市民劇場の内部を案内してくれると言っている。

Ao7

多くの人々とぞろぞろと階段を上がり、建物の歴史を聞き(30%くらいしか聞き取れていないけど)、ふだんは外観のみしか見ることのできない市民劇場の中を、AO Showの前にこうやって案内して見せてくれるというのは、とても素晴らしい演出だと嬉しかったです。

Ao5

私の安いチケットでは座ることの出来ない2階席も入ることが出来ました。

こじんまりとした劇場ですが、オペラにはちょうど良い大きさなんだろうな。
主張し過ぎない装飾は、品の良さを感じられました。

Ao4

舞台はね、ベトナムらしい竹や籠を使った演出で、ベトナムのシルク・ドゥ・ソレイユと言われるとおり、人間の運動能力を発揮した素晴らしいものでした。

もうもう、3000円でこんな素晴らしいもの見せてくれてホントにありがとう!ありがとう!

Ao6

公演が終わると、演者たちは市民劇場の階段に出てきてくれて、私も思わずきゃぁきゃぁしちゃいました(笑)

AO Showの動画 貼っておきますね!

|

« 4人と1匹の今日この頃 | トップページ | ハノイからホーチミンへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民劇場(Saigon Opera House)とAO SHOW:

« 4人と1匹の今日この頃 | トップページ | ハノイからホーチミンへ »