« 花梨とセロリと台風と | トップページ | エジプトで思ったアジアの国々。 »

スワッグ

Swag5

スワッグ(SWAG)ってご存知ですか?
枝や葉物や花を、花束のように束ね、壁に飾ったりするアレです。

壁に飾るといえばリースが主流でしたが、最近では無造作に束ねられたスワッグを見るようになりました。


Swag6

先日の三連休のとある一日、所要で出かけた帰り道、花屋さんの前を通りかかったらば、「リース・スワッグ講習会 参加費3500円」という張り紙を発見したのです。

開催時間を見たら、少しだけ時間をつぶせば参加できそうだったので、定員に空きがあるか聞いてみたのです。

すると、「今からでもいいですよー」と明るい返答。

ならばと参加費3500円を払おうとすると、それはリースの材料費だそうで、スワッグならば好みの枝葉を店内でお選び下さいとのこと。

Swag7


ドライに適したものを店員さんに教えていただきながら選び(そう。スワッグはドライでも楽しめるのもポイントです)、会計すると1680円で講習会代は不要とのこと。
3500円で習うつもりだったので、なんだか得した気分になりました。

でも、確かに、リースと違い、教えてもらうテクニックは少ないのです。
大きな枝葉を背景に、自分好みに配置したら、輪ゴムで縛り、ラフィァやリボンなどをゴムを隠すように巻けば完成ですもの(笑)

Swag3

完成したスワッグを持ち帰り、元・娘の部屋に飾ったところ、ちょっと甘くなりすぎ↑

ピンクの花が甘くなりがちの原因だなー

ドライになっても、けっこう色が残るタイプというアドバイスで選んだのだけど、イメージしていたのとは、かなりずれちゃった!(笑)

で、玄関のドアへ移動↓

Swag1

ユーカリの葉の香りがさわやかです。

ここならチャンプ、届かないよね?

Swag2

ネコさんと暮らすというのは、たいがいの植物をあきらめるということでもあるのです(笑)

あ、でも、私にはそのほうが都合がいいのです。

ゴットハンドとは真逆の、植物を枯らす「魔の手」の持ち主だし、ミニマリスト的発想でいけば、飾るモノは最小限でいいのですから☆

|

« 花梨とセロリと台風と | トップページ | エジプトで思ったアジアの国々。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スワッグ:

« 花梨とセロリと台風と | トップページ | エジプトで思ったアジアの国々。 »