« ふきん | トップページ | 減らすと増えるのは心地よさ。 »

肺炎休暇。

Pi2

先々週の金曜日の午後、デスクワークの最中に、急におそってきた悪寒。
あと数時間で帰れる時間帯だし、翌日はお休みなわけだから、ふだんなら、なんとかやり過ごすのだけど、これまで例のないほどのものすごい不調感に、座っていることも苦痛で早退。

帰りの電車では立っているのも辛く、駅に着くとすぐに夫に電話して「ごめん、めちゃくちゃ体調悪くてご飯作れないから自分の分だけ何か買ってきて」と伝えた。

やっとの思いで家に着き、熱をはかると38度を超え、ああ辛いはずだと、顔も洗わずベッドにもぐりこんだ。

その日の夜は、悪寒と節々の痛みにくわえ、右胸が恐ろしく痛みだし、それはまるで骨折したかのように痛いの!
とりあえず心臓のあるほうではないので、なんとか朝まで耐え、翌朝、医者に行くと、熱は40度を超えていた。

レントゲンなどの検査の結果、肺炎と判明。最低一週間は安静にするよう言われ、この時期、仕事休むのは相当な迷惑になると思いつつ、仕方がないわけで…

幸いにも上司の対応が優しくて、もうこの際、ゆっくり休養するしかないもんねーと腹が決まり、その予期せぬ休暇は神様からの贈り物と受け止めることにした(←プラス思考。図太い神経ともいう)

Pi1

肺炎の胸の痛みは抗生剤などのおかげで2.3日でとれ、熱も微熱程度まで下がると、カラダはぐっと楽になり、「いやもう働けそうなんですけども!」と力強く思ったりもしたのだけど、数時間、動くと、熱が上がったりしたので、やっぱここは安静にするべきなんだと自覚。

娘がご飯を作りにきてくれたり、夫も、私に用事を頼まないなどしてくれたので、ほんと、ゆったりすごすことが出来ました。

入院ならともかく、自宅でなんにもしないで休むなんて無理でしょーと思っていたけど、案外休めちゃうのねー。
トータル10日ほどの休暇の、痛みと熱のあった数日間をのぞいた自宅療養は、ほんと、神様からの贈り物でした☆

|

« ふきん | トップページ | 減らすと増えるのは心地よさ。 »

コメント

whokoさん
たいへんでしたね。
元気になられて何よりです
肺炎って、急にそんなに具合が悪くなるんですね。
知らず知らずのうちに、疲れが蓄積されていたのかな~。
急激に寒くなってきたので、まだまだ気を付けてくださいね

投稿: トト | 2017.10.16 13:06

whokoさん
回復してよかったです!
お疲れ様でした。。。

周りの方が暖かくて
読んでいてほっこりしました。
ゆっくり休めて本当に良かったです。

投稿: puppy | 2017.10.17 03:40

トトさん

そうなんです!
何の前触れもなく、突然辛くなり肺炎が発覚したというかんじです。
トトさんもお忙しい身。どうぞご自愛をね~

投稿: whoko | 2017.10.17 09:31

puppyさん

ありがとうございます。
子供がすでに巣立った環境ですし、夫も昔と比べ、ホント手がかからなくなった現在だから、ゆっくり休めたのだと思います。
そして、おっしゃるとおり、まわりの暖かい気持ちのおかげですね!

投稿: whoko | 2017.10.17 09:35

WHOKOさん!
びっくりしました。肺炎だなんて(@_@)
けれど、ゆっくり休養されて良くなられて安心しました(*^。^*)
暑かったり寒かったり・・最近の気温の変化には驚かされます。薪ストーブをつけた翌日が夏日だったりして・・
気温の変化にもついていけないですよね。
ご自愛くださいませ~~

投稿: ひろりん | 2017.10.17 10:50

ひろりんさん

私も肺炎と聞かされたときはびっくりしました(笑)

薪ストーブ。ひろりんさんちの風物詩ですね。
今度は薪ストーブの季節に遊びに行かせて下さいね!

投稿: whoko | 2017.10.17 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肺炎休暇。:

« ふきん | トップページ | 減らすと増えるのは心地よさ。 »