« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

ふきん

F1

ふきんを新しくしたの。

ここ最近は、無印良品の落ちワタふきんを使っていてね、でもあれ、白っていうか生成りだから、週に2.3度、漂白していたの。

寝る前に漂白剤を入れたバケツに浸けておくだけなんだけど、それでもたまに漂白するのを忘れちゃってたりすると、汚れが目についてテンション下がる…なんてことがありまして。

で、私の大好きなCINQ plusで、写真のSolwang ディッシュクロスをみつけてね、手に取ったらイイかんじだったのです。

F2

無印の落ちわた布巾が12枚で500円に対し、このSolwangは1枚864円。

正直、価格的にちょっと迷ったんだけど、濃い目の色にすることで漂白をしなくてすむようになればソチラのほうが暮らしやすいなーと。

それに、漂白しなくていいのなら、たくさんはいらない。
ためしに一枚だけ買ってきて一週間すごしたけど、ホント、1枚で十分だわ。

いろんな色があって迷ったけれど、この色にしておいてよかったし。

って、この新しいふきんの色、ブラウンだと思うんだけど、ちょっとパープルっぽい?

リビングの椅子カバーとそっくりな色なの。

Ac5

さて、ついでに猫チャンプ近況。

1歳と4ヶ月ってとこかしら。もう、これ以大きくならないと思うけど、育ってみたら、けっこう大きなコだった・・・

猫と暮らすのは初めてだから、よくわからないんだけど、そのへんの小型犬より大きいよ?うちの猫。

決して太ってるとかじゃないのに、なんか大きい気がします。

Ac3

想像していたより大型猫だけど、とっても敏捷。

↓の写真に写ってるフェンス(犬用)なんて軽々とジャンプして越えられちゃう。

Ac4

けど、ビビリで、決してこのフェンスより外にはいかない。

夫がたまに庭先に連れ出すけど、探究心より恐怖心のほうがはるかに大きいようで、部屋の中に戻りたがります。

警戒心は強いものの、私と夫には犬のように甘えているチャンプの今日この頃でした☆


| | コメント (2) | トラックバック (0)

苔玉と苔テラリウムとミニマリスト的暮らし

Bota1

ここ2年くらいで、モノを少なくすることに思いっきりハマり、服や靴はもちろん、布とか糸とか毛糸とかの手作りの素材や、お菓子作りの焼き型やレシピ本とかどんどん処分。

元来不器用で、精度の高いものなど作れなかったのだけど、モノを大量に作っていた頃を振り返れば、作る楽しさは確かにあったのよね。

あれはあれで、はまっていたし、あの手作り三昧の時期は自分に必要だったし、それができたことに感謝もしている。

Terrarium3

しかし何も作らなくなった今、作りに作っていたあの頃は、なにかに追われているかのような心持ちだったことも見えてきた。存在意義とか承認欲求とかみたいなことね。

なにかを作ったり、雑貨でも料理でもいいんだけど、そこで完結ではなく、あの頃、インスタ映えなんて言葉はなかったけど、それに似たマインド、いわゆる承認欲求が私にあったことは事実。

で、今。
ものを減らしたことで、そういう欲求も減らせたような気がしてます。

片付けやすくなったとか管理がしやすくなってラク、というミニマリスト的利点はもちろんのこと、自分を表現しようとしなくても、きちんと楽しい人生なんだということを実感しているから。

いやいや、まだまだ煩悩のかたまりですけども、本当の意味で自分を喜ばせることができている気がする今日この頃なのです。

Bota2

さて、写真の苔玉と苔テラリウムは、とあるワークショップで作ってきたものです。

ちゃんと専門家に指導してもらい出来上がったもののせいか、枯れずに存在しております。

うん。もし自己流でちゃちゃっと作っていたら、とっとと枯れていたんじゃないかなーなどと思うほど、自分の手づくり能力は低く見積もっています(笑)

あと、少ないから管理できてるってこともある。
苔玉ひとつと苔テラリウムふたつだけだからね。今我が家にあるリアルグリーンは。(うん?、苔をグリーンと表現していいのかしら?)

ちなみに、服はね、プラスチックの衣装ケースふたつに、下着も含めて私の全衣類が納まっている今日この頃。
あ、コートとかは衣装ケースじゃなくってハンキング収納だけどねー☆


| | コメント (2) | トラックバック (0)

公園ジャンキー。

Sya3

出勤前のというか、出勤のついでに歩くようにしていて、以前は山手線の二駅間を歩いていたのだけど、ここひと月ほど前から、自宅からとある都立公園を経由する回り道をして、隣駅から電車に乗るコースに変えてみた。

Sya4

歩く時間は小一時間ほどだけど、この池のある公園が素晴らしすぎて、毎朝飽きることなく歩いている。

Sya6

職場は9時スタートで通勤時間は一時間。
お気に入りの公園を歩きたいが為に、早朝7時前には家を出ている。

Sya1

朝の貴重な時間を費やすわけだから、すぐに無理がきて挫折するだろうと思いきや、なんと、公園に行きたくてウズウズする公園ジャンキーになってしまった!(笑)

Sya5

自然豊かな広い公園で、毎日、何かしらの発見があり、これから秋色に変化していくのもとても楽しみにしている。

贅沢な日課を楽しめるようになったのは、自分のための時間がたくさんもてるようになったからで、それも含めての贅沢を心から楽しんでいる。

でも不思議なの!
こんなに歩いているのに、お腹まわりに変化がないことが!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛いマックと量り売りレストランとアルコールのこと。

Ta2

9月というのに5月のハナシですみません。
GWにヘルシンキからエストニアのタリンへ船で日帰り旅行したときのコトです。.

Ta1

タリンの街は相変わらず可愛いくって、お天気もよく、絶好のカメラ日和だったのだけど、以前来た時に可愛さを撮り尽くしていたので今回はあまり写真は撮らず。

Tamc

でも、ヴィル門すぐのマクドナルドが可愛くって、これだけは記録に残しておきたく…で、今更ながらのブログ更新となっております。

Tamc2

ブタベストのマクドナルドは世界一美しいと形容されていますが、タリンのマックの外観、可愛いです。

Tamc3

さて、フィンランドのヘルシンキからエストニアのタリンへは、VIKING LINEの船でなんと往復2775円!
早目にネットで買ったからかもしれませんが非常に安いと思います。
貧乏性のワタシは、この値段なら行かないと損だ!くらいに思っての行動です。

Tahe

私には片道2時間半の船旅ですが、何日もかけて旅するための大型豪華客船は、レストランにバーにクラブにカラオケにショッピングセンターなど様々なアミューズメントがてんこもり。

Tahe2

ビュッヘスタイルのレストランで好きな料理をお皿に盛り付け、レジに行くと、お皿ごとデジタルな秤に載せ、その重さで課金されるしくみでした。

でね、これがね、すごーーーく美味しい料理ばかりだったの!
手頃な値段なのに、この旅(2017年ロシアーヘルシンキータリン旅)で食べた中で一番美味しゅうございました!

ワインも美味しかったし、船からみる海と沿岸の家々の風景も素晴らしかったです。

Tahe3

ワインといえば、ヘルシンキのスーパーではビールがちょこっとしか置いてなくてね。
1種類だけあったボトルワインを買って、部屋で飲んだら、いつまでたっても酔わないの。

んん??ちっとも酔っ払わないぞーと思い、ラベルをよく見るとノンアルコールの表示。
ちぇっ、ジュースじゃん・・・

そういえば、スウェーデンでもスーパーではビールしか置いてなかったことを思い出し、調べてみると、ワインなどは酒専門店のリカーショップでしか買えないって国、けっこうあるようです。

まぁスウェーデンでもフィンランドでも、とりあえずビールはスーパーで買えるからいいんだけどね。

そうそう。
先述の船旅では、ヘルシンキ側からショッピングカートなどを持ち込む乗客がたくさんいてね、タリンの港につくと、観光客はオールドタウンを目指して歩き出すのだけど、ショッピングカート持参の人々は脇目も振らず港のお店に猛スピードで入り込み、大量のお酒を箱買いし、また船に戻って行ってました。

ヘルシンキではお酒が高いので(たぶん税金のかんけいで)、船で往復5時間かけてもエストニアで買うほうが安いんですって。

まぁ、船の中もアミューズメントが充実しているから、食事を楽しんで隣国にお酒を買いに行くというのは、まったくフツーに行われていて、ヘルシンキの地元民の日常のひとこまといったところのようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »