« ロシアはなぜかグリーンなんだよ | トップページ | マリメッコと詰めの甘いワタクシのハナシ。 »

ロシアのメトロ

Mt3

モスクワの駅は↑こういうクラッシックな外観や

↓こういうシンプルなものだったりいろいろですが、

Mt5

なんといっても、地下鉄内部のゴージャスさに驚きました。

高い天井にはシャンデリアのような照明と豪華な細工が施されておりました。

Mt1

東京の大江戸線よりも深ーーーく長ーーーいエスカレーターで下って行くの。

乗り間違えないように、行き先方面の駅名を確認するにあたり、英語表記がまったくなく、正直、最初はお手上げ状態。
でも、すぐに、文字で読もうとするから苦労するんだ、絵だと思えばいいと思い直し、馴染みのないキリル文字の駅名の冒頭3文字くらいを映像で記憶するようにしました。

地下鉄内のアナウンスは聞き取りやすい発音だったので降りる駅を間違えることはありませんでした。

ロシアの地下鉄の特徴として、「同じ駅だけど、路線によって駅の名前がまったく違う」ということが、行くまで理解できなかったのだけど、現地に行き実際に乗換えてみたらわかりました。

ほら、日本だと、例えば六本木には日比谷線と大江戸線の2路線があり二駅とも六本木駅なんだけど、ロシアの地下鉄は、構内で繋がっている乗換え駅名がまったく違うの。

例をあげると、3号線には2号線に乗換えられるネフスキープラスペクトという駅がありまして、3号線の駅名はネフスキープラスペクトなのに、2号線の駅名はゴスチーヌイ・ドヴォールという異なる駅名なの!

ただでさえ、わかりづらいのに長ったらしい駅名だし、しかもキリル文字で表記だから、行く前は不安だったのですが、案ずるより産むがやすし。
実際に乗換えてみたら、混乱することなく、例えば3号線から2号線へはそれぞれのかメインカラーと番号が案内されたとおりに通路を進めばちゃんと乗り換えることが出来ました。

Mt2

↑モスクワの地下鉄の車内で袋から顔だけ出していたワンちゃん

Mt6

↑これはサンクトペテルブルグの地下鉄。
Mのデザインがレトロなかんじがして好きでした。

そうそう、モスクワの地下鉄は自販機でカードサイズの切符を買う方法ですが、サンクトペテルブルグはジェトンというコインを自販機や窓口で買い、それを自動改札に入れる方式でした。

私は観光名所を観るより、旅した国で公共交通機関を利用するのが好きです。

特別に電車や地下鉄に思い入れがあるわけではなくて、異国の地を自分の足で移動していることに、達成感のようなものを感じるからです。

|

« ロシアはなぜかグリーンなんだよ | トップページ | マリメッコと詰めの甘いワタクシのハナシ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアのメトロ:

« ロシアはなぜかグリーンなんだよ | トップページ | マリメッコと詰めの甘いワタクシのハナシ。 »