« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

The Aalto House(アアルトの家)

Aalto_house

アアルトのアトリエのあとはアアルト夫妻が暮らしていた家へ。
歩いて10分弱くらいの距離でしょうか。ふつーの住宅街の中にありました。

白とダークブラウンのモダンでシンプルな二階建て。写真は道路側からぐるっと回ったお庭のほうから撮りました。

そして家の中は、アアルトデザインの家具!
アアルトの自邸にアアルトの家具って、まったくもってアタリマエなことではありますが、ココロの中ではきゃきゃぁものでした↓

Aalto

アアルトの家にルイス・ポールセンの照明ってのもなんだか感動!

Aalto7

アアルトのブックシェルフ↓

Aalto5

アアルトデザインのアルテックのファブリック・SIENAが窓辺のカーテン。
ああ。ウチもSIENAのカーテンにしよう!と気持ちがよろめいちゃいました。

Aalto2

北欧デザインは日本の家と調和するなんてことをよく言いますが、したの写真の窓辺には日本のすだれのようなものが。
でもね、アアルト、日本には来た事がないのだそうです。

Aalto1

↓アアルトデザインで有名すぎるTEA TROLLEY(ティートロリー)を自邸で見る感激

Aalto13

ティートロリーの上にはアアルトベースがあって、「モノを増やしたくない病」のはずなのに、日本に帰ったらシエナのカーテンとブックシェルフとアアルトベースは買っちゃおうかな・・なーんて、一瞬、本気で考えちゃいましたよ。
もっとも、すぐに、「いやいや。ウチではなくここにあるからこその調和よ」と思い直しましたが(笑)

Aalto9

↓アアルトの家具を有名にした曲げ木の構造がオブジェとして飾られていて、素材や道具の美しさって、飾るための雑貨より、絶対的に美しいとみとれておりました。

Aalto12

↓リビングにあったピアノの足のデザインも、ユニークでした。

Aalto10

大・大だーーーい満足な見学でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Studio Aalto(アアルトのスタジオ)

Aalto_studio1

ロシアからフィンランドへ飛んだ一番の目的はアアルトのスタジオと自宅です。

スタジオのガイド開始時間は11:30と12:30の2回とのことなので、スタジオに向かう前に早朝のヘルシンキの町や港などを散策することにしました。

まだ観光客の少ない大聖堂の階段に座り、ぼーっと海のほうを眺めていると、「日本人ですか?」と声が。

声の主はひとり旅中のアラサー女子。
サンクトペテルブルグから深夜バスで早朝ヘルシンキに到着したばかりとのこと。
夕方までヘルシンキにいるのだけど、どうやって過ごそうか思案中とのことで、その日の私の予定を聞かれたので、アアルトのスタジオと自宅へ行くつもりと答えました。

彼女はアアルトのことは知らなかったようですが、日本でも人気の建築デザイナーで、彼のデザインした椅子はきっと知ってると思うよと言うと、一緒に行動を共にしても良いかとの申し出をうけました。

感じの良い女子だったので、ひとり旅同士、数時間だけ一緒に過ごすのも面白そうと、二人で4番トラムに乗り込みました。

Aalto_studio2

ヘルシンキ中心地からトラムで20分ほどの場所にあるスタジオは、本来ならばトラムの終点より少し手前の停留所で降りるのですが、開始時間まで時間があったので、トラム終点まで行くことを提案しました。

というのも、終点 Saunalahdentie 駅付近は、ムンキニエミの穏やかな入り江があり、そこから線路をたどって戻ってみるというのも、なにやらツウのコースらしいと聞きかじっていたのです(笑)

世代は違えど女子ふたり。ひとり旅という共通項もあり、トラムの中でも話が途切れることもなく、あっという間に終点に着きました。

入江のベンチに座り、とりとめもないお喋りをし、そろそろ時間ねと1955年に建てられた白レンガのStudio Aaltoに向かうと、既に20人ほどの人が集まっておりました。

韓国人カップル一組と西洋人4、5人の他は日本人ばかり。アアルト、日本人に大人気!(もち私を含む・笑)

Aalto_studio6

ちなみにスタジオ見学のみは17ユーロ、そこから徒歩10分ほどの自宅のガイドツアー(英語)も含む場合は30ユーロです。

ガイドは英語で行われ、分からないこともあったのだけど、なんと一緒に来た女子、かなりの英語力で、ところどころ通訳してもらっちゃいました(笑)


↓2階のオフィス。いいなー、私もこんなオフィスで働きたい!

Aalto_studio3

↓お仕事中の方もいる中の見学です。

Aalto_studio4

↓緩い傾斜地を利用して建てられた白い外観と中庭

Aalto_studio5

角度のあるこの窓の美しいこと!太陽光線の反射など、絶妙に計算されているのでしょう。

Aalto_studio7

↓この椅子を見て、一緒に来た彼女も、「ああ!知ってる!」と嬉しそうに言いました。

お互いに座って写真を撮り合いっこしながら、英語ガイドの説明を訳してくれた彼女によると、結核患者が楽に呼吸ができる座面の角度になっているのだとか。

Aalto_studio8

欧米の椅子は日本人の私には座面が高すぎ、くつろげないことが多いのだけど、このパイミオチェア(Paimio Chair)すごく低い位置にすっぽりと包まれるように座ることが出来るので、とっても心地よかったです。

Aalto_studio9

↑私の後ろには、いちゃつくカップルがいたのですねー!
見学先でチュッチュですよ(笑)

Aalto_studio10

さて、このあとは、アアルトの自宅へ向かいます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリメッコと詰めの甘いワタクシのハナシ。

Mar2

ロシアの旅行記の途中ですが、フィンランドへ飛びます。
時系列に旅行記を書けない性分ゆえお許し下さい。

ちなみにモスクワからフィンランドのヘルシンキまでは2時間弱のフライト。片道1万円ほどでした。(陸続きなので列車での移動も可。この場合は夜行列車を利用するのが主流みたい)

さて、ヘルシンキは2度目。前回、行けなかったマリメッコのアウトレットに行ってきました。
中央駅から地下鉄で20分くらいという情報だけで駅に降り立ったら、あれ?どっちだ?とそれから先のことをまったく調べていなかったことにそのとき気がついた詰めの甘い人間です。

Mar3

何かね、そこへ向かう日本人が絶対ぞろぞろいる!って思い込んでいたから調べてなかったのよね。

で、まぁ、そのときは付近に日本人見当たらずで、地元在住の紳士に道を教えてもらいました。駅から徒歩10分くらいだったかな。

その日は、アアルトのスタジオと自宅見学をしてきたので、マリメッコに着いたのは3時くらい。
お腹がぺこぺこだったので、まずは噂のマリメッコの社員食堂にいくと、がっらーーーん。。。

あれ?人もいないけど、ビュッフェ的なとこもポテトがわずかにあるだけで・・・???

スタッフに聞くと、ランチタイムは既に終わっていたのでした。。

ほーらね。ここでもランチの時間を調べてこないという詰めの甘さ(第2段)を発揮しちゃってるよー

で、しかたないのでコーヒーだけ注文↓

Mar1

まぁ、マリメッコに囲まれたインテリアは素敵だったからいいんだけどねー

その後 お買い物コーナーへ行き、目当ての折り畳み傘を購入。
生地やら服やら雑貨などを見て回るも残念ながらほしいものがなく、帰路につきました。

Mar4

でね、帰りに中央駅付近にザックザクある(そこらじゅうにあるのよ)マリメッコで、何の気なしに傘の値段を見たらね、アウトレットと同じ39ユーロなの!

いやぁーん、わざわざアウトレットへ行かなくったってよかったじゃん。。。(ここで詰めの甘さ第3弾)

でさ、そういうときって、頭をよぎるのよね。
果たして日本で買ったらいくらなのかって。。。

で、ホステルに戻ってからネットで調べたら、日本のマリメッコ店舗で6480円。
しかもアマゾンとかで一番安くて5020円とかなのよー

フィンランドまできて、しかも、わざわざアウトレットまで足を運んで39ユーロ。
1ユーロ=125円で計算したら4875円。
送料かかったとしてもたいして違わないじゃん。

詰めの甘さも、この日だけで第4弾まで露呈となったマリメッコ・アウトレット体験でした。ちゃんちゃん。

Mar5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロシアのメトロ

Mt3

モスクワの駅は↑こういうクラッシックな外観や

↓こういうシンプルなものだったりいろいろですが、

Mt5

なんといっても、地下鉄内部のゴージャスさに驚きました。

高い天井にはシャンデリアのような照明と豪華な細工が施されておりました。

Mt1

東京の大江戸線よりも深ーーーく長ーーーいエスカレーターで下って行くの。

乗り間違えないように、行き先方面の駅名を確認するにあたり、英語表記がまったくなく、正直、最初はお手上げ状態。
でも、すぐに、文字で読もうとするから苦労するんだ、絵だと思えばいいと思い直し、馴染みのないキリル文字の駅名の冒頭3文字くらいを映像で記憶するようにしました。

地下鉄内のアナウンスは聞き取りやすい発音だったので降りる駅を間違えることはありませんでした。

ロシアの地下鉄の特徴として、「同じ駅だけど、路線によって駅の名前がまったく違う」ということが、行くまで理解できなかったのだけど、現地に行き実際に乗換えてみたらわかりました。

ほら、日本だと、例えば六本木には日比谷線と大江戸線の2路線があり二駅とも六本木駅なんだけど、ロシアの地下鉄は、構内で繋がっている乗換え駅名がまったく違うの。

例をあげると、3号線には2号線に乗換えられるネフスキープラスペクトという駅がありまして、3号線の駅名はネフスキープラスペクトなのに、2号線の駅名はゴスチーヌイ・ドヴォールという異なる駅名なの!

ただでさえ、わかりづらいのに長ったらしい駅名だし、しかもキリル文字で表記だから、行く前は不安だったのですが、案ずるより産むがやすし。
実際に乗換えてみたら、混乱することなく、例えば3号線から2号線へはそれぞれのかメインカラーと番号が案内されたとおりに通路を進めばちゃんと乗り換えることが出来ました。

Mt2

↑モスクワの地下鉄の車内で袋から顔だけ出していたワンちゃん

Mt6

↑これはサンクトペテルブルグの地下鉄。
Mのデザインがレトロなかんじがして好きでした。

そうそう、モスクワの地下鉄は自販機でカードサイズの切符を買う方法ですが、サンクトペテルブルグはジェトンというコインを自販機や窓口で買い、それを自動改札に入れる方式でした。

私は観光名所を観るより、旅した国で公共交通機関を利用するのが好きです。

特別に電車や地下鉄に思い入れがあるわけではなくて、異国の地を自分の足で移動していることに、達成感のようなものを感じるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアはなぜかグリーンなんだよ

Room1

上の写真がモスクワで泊まった部屋です。
水周りは共用のリーズナブルな宿ですが、この大きなベッドが素敵で選びました。

トイレ・シャワーは廊下をはさんで向かいにあり、同じフロアーには私の部屋のほかに一部屋しかないので、気兼ねすることなくシャワーも使えました。古い建物ですが水周りは新しく、お掃除も行き届いて清潔でした☆

さて、これまで何度も古い建物ならではの「鍵」で苦労してきました。
なんかコツがいるっていうか、むずかしいのよね。。。

だから今回、チェックインをするとすぐにスタッフに外鍵と部屋の鍵の使い方のレクチャーをお願いし、暗証番号を押す外の鍵は問題なくできたのだけど、部屋の鍵がなかなか回らない!

スタッフのお兄さんも「がんばれ!もう少し力を入れて回すんだ!」って言いながら立ち会ってくれていて、私も渾身の力を込めて鍵を回したら、キーホルダーの針金がブスッと親指に刺さり、けっこうな流血になっちゃった!

Room2

出血のわりに痛みはない私より、スタッフのほうが大慌てで、スタッフルームの椅子に座らされ、救急箱から脱脂綿を取り出し、その騒ぎで、もうひとりのスタッフも現れ、二人がかりで手当てにかかってくれました。
(ちなみに、スタッフのお兄さん、スキンヘッドとタトゥーでなかなかのコワモテ)

ひとりが薬を探し、ひとりがバンドエイドをあけようと奮闘。

いえね、日本のバンドエイドって、外袋から取り出すのも剝離紙から剥がすのも難しくないでしょ?
ところが、外袋からして手で開かなくて何回もトライし、そのうちひとりがハサミを探しだし、二人がかりでやっと開封。

バンドエイドの準備ができたところで、傷口に薬を塗ってくれるんだけど、これがね、すごい緑なの!

↓写真は手当て後3日目のものなんだけど、当日は、もっと広範囲に塗りたくられ、水色ネイルがかすんじゃうほどの濃いぃ緑に染まっておりました。

Roomkey

この緑は、どうやらヨードチンキらしいんだけど、この薬を塗ってくれてるとき、スタッフがだんだん笑いだし、そのうち二人とも大爆笑になってきちゃって。

で、ひーひー笑いながら、私に話してくれたのが、

「俺ら、子供の頃怪我をすると、よくコレを塗られたんだよー!! ひーひー!!(←笑い声)」

「他の国はブラウンとかだろ?なのになぜかロシアはグリーンなんだよな!!! ひーひーひーひー!!!(←大爆笑)」

もう、二人のスタッフ涙を流さんばかりの爆笑で、なんか怪我してないとこまで必要以上に塗りたくられた気がする。。。

彼らの子供時代と緑のヨードチンキの話はコチラも面白かったけど、しかし、この緑、まーなかなか消えない!

↓これは怪我後3日目の拡大写真。傷口はふさがりバンドエイドも必要なくなった頃だけど、緑がしつこいこと

Roomkey1

帰国後も涙を流して笑いむせぶお兄さんたちの「ロシアはなぜかグリーンなんだよ」という言葉を思い出し、楽しくなっております~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッフ♪レッフ♪ライッ♪

6

乗継で何回かモスクワの空港に降り立ったことはあるものの、今回が初ロシア入国。
成田から直行便で10時間ほどで行けちゃうって、かなりラク。

ビザを取らなくてはならないのが少々厄介だけど、やってみたら出来ないコトではないし、入・出国もほぼ問題なく(時間はやたらかかったけど)、空港から電車と地下鉄2本を乗継、ほぼスムーズに予約していた安宿にたどり着くことができました。

なんつーか、行く前はなんとなく怖い国じゃないのかなーなんて想像してたのだけど、ふつーにふつーの国でした。
英語はさほど通じないし、街中に英語表記もないけれど、道を尋ねれば親切に教えてくれる人も多かった(感謝!)

1

宿は、またも、わかり難い場所で、名刺サイズのカードに宿の名前が書いてあるだけの目印のドアをみつけたときは、よくまぁ、たどり着けたと、我ながら感心してしまいました(笑)

外観はボロッちくて水周りは共用だけど、部屋はなかなか可愛いの♪(その写真はまた別の機会に)

またも古い建物ならではの鍵で悩まされ、流血騒ぎを起こしたりしたんだけど(そのこともまた後で書くとして)、そのおかげで、タトゥー&スキンヘッドの一見コワモテのスタッフと仲良くなれ、わかりづらい場所から、写真の聖ワシリイ大聖堂まで徒歩で行くことができました。

5

地図を見た限りじゃ、徒歩で行くのは難しそうだったんだけど、スタッフが「20分くらいで行けるよ」と言い、地図に目印を付けてくれながら「レッフ、レッフ、ライッ♪スチョレーーーーート♪メトロ、ダウン、ゴオーー!!!」って歌うように教えてくれて、復唱するよう促された(笑)

「レッフ、レッフ、ライッ」は「LEFT・ LEFT・ RIGHT」で、「出てすぐ左に行き、左に曲がり、右に曲がる。そのあと、ずーっと直進、地下鉄の階段を下りて地下道を進み、また地上に出て直進」という説明です。

私はスタッフのお兄さんが教えてくれたとおり、「レッフ、レッフ、ライッ♪」と歌いながら歩いて目的地へ行きました^^
徒歩20分というのは、私にしてみたら全然歩ける距離だけど、初めての場所で迷いながら歩くとなると困る距離。
教えてもらったおかげで、着いて早々に歩いて周辺の地理を理解できたのは有り難かったです。

あ、あとね、日が暮れるのがすごく遅いのも有り難かった。
夜の9時くらいまで昼間のように明るいから、ずんずん歩けちゃったのよね!
気温も日本よりは低いけど、日差しがほんと力強くて寒いってかんじはなかったなぁ

ロシア初日、余計な不安を持つこともなく、心地よい眠りにつくことができました☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »