« できたこと。できなかったこと。 | トップページ | ピンクの街の青い部屋 »

ジェラバとおじさん

Dj

「よそ者は一度入りこんだら必ず迷う」と言われているモロッコの旧市街「メディナ」

先の見通せない細い通りは、規則性なく連なり、商売を営むスーク(市場)のあたりならば活気に溢れているものの、多くはうらぶれた雰囲気。
でもね。なんか色彩がいいのよね。すごく好きだわ。

さらに、よそ者の私を虜にしたのが、ジェラバを着たおじさん。

Djellaba11

ジェバラとは、大きなフードがついたガウンみたいなモロッコの民族衣装。

Djellaba4

魔法使いとか錬金術師の衣装みたいだけど、それをふつーのおじさんが着ているのが、ものすごく可愛いく思えてしまいました。

Djellaba5

男性はフードをかぶるけど、女性はフードはかぶらず、頭にスカーフを巻いているの。

Djellaba6

フードかぶった着方のほうが絶対素敵と思うけど、女性がスカーフを巻くのは宗教的な意味合いかもしれない。

Djellaba7

ちらちら観察していると、ジェラバにも、伝統的なものから現代風にアレンジされたものまで幅広いデザインがあることに気づきます。

Djellaba8

それから、同じ人でもジェラバを着ているときと着ていないときの印象って、すっごーーーく違う!という事も気がつきました。

「おはよう」と挨拶されて、「えっと、誰だっけ?」と、慌てさせてくれたのはマラケシュのリヤドのお兄さん。

なんかね、ジェラバ着てるほうが絶対的にミステリアスで、着てないと平凡になっちゃうのよ~(笑)

|

« できたこと。できなかったこと。 | トップページ | ピンクの街の青い部屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェラバとおじさん:

« できたこと。できなかったこと。 | トップページ | ピンクの街の青い部屋 »