« 旅の第一目的 | トップページ | 東山の古民家ドミ »

主計町。さぁ何と読む?

Kazue1

金沢といえばひがし茶屋街が有名で、もちろん素敵な街並みでしたが、そこから道路を隔てた場所にある「主計町」は、ぐっと観光客が少なくなるんですが、なんとも素敵なところでした!

Kazue2

ちなみに、茶屋街の茶屋とはお茶を飲むとこじゃなくて、料亭や芸者遊びをするところだったとか。

ひっそりと目立たぬように往来するために、細い坂道の石段があるそうで、きっと昔は、「良い子はこの石段の下に行っちゃいけないよ」とか言われていたのかしら。なーんて想像してみたり^^

Kazue5

赤みの強い茶色の壁は、そういうお店だと一目でわかるよう塗り分けられていたのだそう。(教えてくれたのは一緒に散策したHI***さん)

Kazuemati6

赤い壁の古民家だけではなく、木の色を生かした建物もまた素敵。

重要伝統的建造物群保存地区として選定されているだけに美しい街でした。

Kazuemati7

↓のゴミ箱、うん十年ぶりに見ました^^

Kazue3

さて、「主計町。さぁ何と読む?」の答えは・・・

「主計町=かずえまち」ですって!^^

|

« 旅の第一目的 | トップページ | 東山の古民家ドミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主計町。さぁ何と読む?:

« 旅の第一目的 | トップページ | 東山の古民家ドミ »