« 主計町。さぁ何と読む? | トップページ | ニ代目Champ brothers »

東山の古民家ドミ

Kimono_2

古都金沢には着物が似合いますね!

ひがし茶屋町では浴衣を着た女子やカップルをたくさんみかけました。
観光客向けの浴衣レンタル、あれ、イイですね~

浴衣・下駄・バッグなど一式レンタルでき着つけもヘアアレンジもしてくれるそう。手ぶらでレンタル屋さんに行き、ホテルで返却できるサービスもあるみたいです。

↑写真は、金沢城を出たところでみかけた素敵な着物姿のおふたり。
お太鼓結びで足袋もはいてるから浴衣じゃなくて着物なのかな?
身のこなしなど、とっても着慣れた感のあるおふたりでした。


さて、二泊予約したつもりが、なんと、一泊しかとれてないことが判明し、きゃぁ大変!と、慌ててとった一泊2375円のゲストハウスのことを。(ちなみに、宿泊前日にスマホから予約したので通常より安かったらしいです。通常は2500円とHPにありました)

築90年の大正時代の古民家ですが、改装、オープンしたのが今年の春とかで、畳も壁も真新しくキレイでした↓

Eastmt_2

私の部屋は二段ベットがふたつある女子4人部屋ドミでしたが、3000円の個室もあったようで空いていたらそこがよかったな☆

そうそう。この前日泊まったのもゲストハウスのドミだったんですけどね、利用者は旅人ばかりじゃないということを知りました。

とある講演を聴くために広島からやってきた女性とか、オープンキャンパスのため地方からやってきたお母さんと娘さんペアとか。

その娘さんは、なんかとっても居心地悪そうだったなー
お母さんのほうも、娘と周りにすごく気を使って、ずいぶん疲れちゃったんじゃないかなー。。。

そんな様子をみて、ドミでもぜんぜんオッケー!という連れじゃない限り、私は、家族や友達と一緒だったらドミは選ばないほうが無難だろうなーと思いました。

さてさて。
写真は1階のみんなが集うスペース。
昔ながらのお茶の間にモダンなソファなど、とてもシンプル。
そしてたぶん、この茶の間の奥に小さい個室があるのだと思います。

狭い我が家と同じくらいのサイズの古民家で、一階には、このほかに個人宅となんら変わらないサイズのトイレとお風呂があり、玄関先の廊下スペースに皆が使える小さなキッチンがあり、無料のインスタントコーヒーなど常備されていました。

お茶の間から階段で二階にあがると二部屋あり、女性ドミと男性ドミになっていました。

Eastnt2_2

古民家ならではの白い壁にこげ茶の建具が清清しく、品の良い花器などが楚々と飾られているほかは、無駄なものがいっさいないインテリアで、ミニマリストの部屋って感じでした☆

|

« 主計町。さぁ何と読む? | トップページ | ニ代目Champ brothers »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山の古民家ドミ:

« 主計町。さぁ何と読む? | トップページ | ニ代目Champ brothers »