« ブルガリアの蚤の市 | トップページ | 旅と暮らしと »

はじめてのドミトリー

Kominnkaanago

尾道での一泊は、初ドミトリー(以下ドミと記します)
ドミというのは、ひとつの部屋にいくつものベッド(またはフトン)がある宿泊形態です。
見知らぬ他人と同じ部屋に、なんて、少し前までは絶対選択しなかったタイプのものですが、値段が安いということと、旅行サイトを見ていると、世界各国、当たり前のように存在しているのだからと、チャレンジの気持ちでチョイスいたしました。

↑の写真の建物の奥と2階部分が私が泊まったドミです。
尾道の商店街に面した古民家をリノベーションし、正面は食事も出来るレトロなカフェとなっています(朝食を付ける場合はこのカフェがブレックファストルームとなります)

建物の左側に幅1メートルほどの通路があり、奥へ奥へと進んでいくと、和室のフロントと共同キッチン、リビング、裏庭となっています。

Kominnka2

間口は狭いが奥行きはずずずいーーーーっと伸びている昔ながらの造りの建物で、その名も「あなごのねどこ」です。

Kominnka

男女別のドミで、私が泊まった女性専用の部屋は、畳に手作りの二段ベッドが5、6台はあったでしょうか。
部屋に入る昔ながらのがたがた音がする扉には暗証番号を入力する鍵がついていました。

シーツ2枚を渡され、一枚は敷布団の上に、もう一枚は掛け布団の内側に使います。
チェックアウト時に、シーツは所定の位置にある洗濯物入れに自分で入れるよう説明がありました。

キッチンや洗濯機は自由に使えます。
シャワーはふたつ。女性が使えるトイレは階下の庭に面した位置にひとつ。庭側からはいれるのがひとつと、数は決して多くはありませんが、宿泊者それぞれ心得ているようで、困る事はありませんでした。

宿泊者はほとんど外人。
しまなみ街道も近いので、自転車で旅する男子も利用しておりました。

ベッドには明かりとコンセントがひとつずつ。ロール上になったすだれを下ろして個室感覚(笑)
ドミの部屋で荷物整理とかすると、音が気になるので、私は共同スペースでがさごそしてました。
眠れないときなど、共同スペースに移動する人もけっこういました。

初めて利用してみての感想は、そんなに悪くはなかったかな。
安い個室がない場合は、ドミも有りかな、ってかんじです。

空き家再生物件ですから、いたるところに時代は感じられますが、全体的に清潔。
共同スペースの和室も、まったりできました。

難点は、ベッドに敷くお布団が、ちょっと薄っぺらかったかなー(笑)


尾道空き家再生ゲストハウス「あなごのねどこ」

|

« ブルガリアの蚤の市 | トップページ | 旅と暮らしと »

コメント

わ~うなぎの寝床ではなくアナゴの寝床なのですね!
楽しくなってきました!
スイス分のcomment backありがとうございました。
そうなのです。縁あって結婚して、昨日で5年目を迎えました。
結婚したての時は、whokoさんの本を出して、インテリアを「こんな感じにしてみようかな?」
「こんなの作ってみようかな?」なんてやっておりましたが最近は旅行記楽しみにしております。
今年はどちらに行かれる予定でしょうか?
円高に振れている時に行ってきた方がいいのか。
ヨーロッパ行きたいですが、難民がどうなのか不明だしと煮え切っておりません。
最近刺繍をしているので、チェコ・スロバキアあたりも楽しいかなぁ?と思っております。

投稿: digitalis | 2016.06.24 15:37

digitalisさん

おお!やはり!
結婚5周年おめでとうございます!
時の経つのは早いですね~
私は最近は手作りはほとんどせず、旅行が楽しみになっています。

今年は8月にスウェーデンのゴットランドとダーラナ地方を予定しています。
さらに、国内旅行にも目覚めたので、来月、またバス旅を企画しています。

ヨーロッパ、難民問題やイギリスEU離脱など、地続きであるがゆえの複雑な問題がたくさんありますが、電車やバスや徒歩で隣の国へ行けてしまうことも魅力です。
外務省の渡航情報など参考にし、行く先を決めています。

チェコは大好きです。可愛いし、物価も安いし。また生きたいです。
スロヴァキアは首都ブラチスラバしか行った事がありませんが、ハンガリーやウィーンにもちかいので、ひょいっと立ち寄ってもいいかもしれませんね^^
EUの制度は、旅の観点からすると、とても有り難いのですが…

投稿: whoko | 2016.06.27 13:43

とっても個性的なドミトリーですね!
私も国内の一人旅には、利用してみたいな~と
思ってました。
どこか、計画立てようかな
と思いつつ、夏は近場で我慢ですぅ~

関西出身なので、倉敷、懐かしかったです

投稿: トト | 2016.07.02 00:24

トトさん

おお!
「利用してみたい」と思っていたとは、なんか嬉しいです(「ドミ、絶対ないわー」って人のほうが多いのではと思っていました。ワタシ
倉敷、美しかったです。

そちら方面にお住まいだったとは羨ましい
最近は富山・金沢・スウェーデンの旅本を図書館利用させていただいてます。
一区民として図書館に日々感謝の今日この頃です。ありがとうございます

投稿: whoko | 2016.07.04 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのドミトリー:

« ブルガリアの蚤の市 | トップページ | 旅と暮らしと »