« ドーハ乗継STPC | トップページ | ブルガリアでヨーグルト食べたかな? »

ルルル♪ルーマニア

Clujnapoka2

行く前のルーマニア情報ときたら、「治安が悪い」「ぼったくられる」「ニセ警官に騙される」などなど行くのを躊躇するような噂が飛び交っておりました。とはいっても、最新の情報ではなく、5年から10年以上前の情報でしたが。

行ってみたら、感じの悪い人なんてめったにお目にかかることもなく、当然、ぼったくられるなどの被害に遭遇することなく、むしろ人情味溢れる暖かくって人懐っこい人ばかりでした!

写真↑と↓はルーマニアで最初に入った地、クルージュナポカで泊まった部屋。3千円台の部屋なので期待していなかったのに可愛い部屋で大満足!(しかもプライヴェートシャワー&トイレもあります)ご近所のロケーションもふつーに素敵な住宅街で、いったいどこに治安の悪さが潜んでいるのか探せ出せませんでしたよ(笑)

ちなみにこの部屋まで、空港からタクシーで30分ほど。バスを乗り継いでいこうかとも思いましたが、ルーマニア物価が安いと聞いてたし、バス停から部屋までけっきょくタクシーみたいな距離だしで、最初っからタクシーとしました。料金は2千円弱くらいだったかな?おつりをチップにというと、ものすごく恐縮されました。威圧的なドライバーの噂を聞いていたのにびっくりです。

ふだん日本にいるときはタクシーなんて使えない貧乏人のワタクシですが、歩けば30分以上はかかるところなどもタクシーで4~5百円程度なので、暗い時間の移動時など、かなり気軽に使わせていただきました☆

Clujinapoka1

ドーハのトランジットホテルはゴージャスでしたが、ワタシの好みとしては、このクルージナポカのこじんまりした部屋みたいなのが大・大・大好物でございます。

そして↓は、ルーマニアはマラムレシュ地方のお宅。

マラムレシュというのは、クルージナポカからはバスで4~5時間の距離にある大農村地帯で、地理的にはハンガリーやウクライナと隣接してるあたり。

舗装された道路でも、馬車も羊の群れも行き交うもんだから、その光景に、初めはいちいち驚いていましたが、かなり頻繁に見られる、つまりは車、馬、羊が同じレベルで道路を使っているという、その共存具合が面白かったです。

で、↓のキッチンはそのマラムレシュの農村のとあるおうちで撮ったものです。

村を散策中、庭先いたおばあさんに「写真を撮ってもいいですか?」と英語は通じないので身振り手振りで訊ねたところ、「どうぞどうぞ」と門扉をあけてくれて、家の中に入るようゼスチャーで歓迎してくれたのです。

Maramurese2

いえいえ!庭先のアナタが可愛らしかったので撮りたかっただけなんですと言うも伝わるはずもなく、背中を押されるように、小さな可愛らしいおうちにあがらせていただきました。

おばあさんは生まれたばかりの子猫を見せてくれたり、好きなだけ写真を撮りなさいと(身振り手振りで)言ってくれたのですが、出発前に聞いていたルーマニアの治安の悪さが頭をよぎり、もしや最終的にお金を要求されるかも・・・なんて一瞬でも考えちゃったりしてゴメンナサイ・・・けっきょく、ほんとうに、ただの善意でそのおばあさんは家に上がらせてくれたのでした。
しかも、手作りのミニバッグまでくださったのです。

Maramurese

マラムレシュのひとたちって、ほんと人懐っこいんです。
最初は働いている人たちの写真を撮るのは迷惑だろうなと思っていたのですが、馬車を操つるひと、馬で畑を耕すひと、農機具をかついで畑へ向かうひと、羊の群れを連れてるひと、みんな仕事の途中でも、こちらをむいてにっこりしてくれるし、なんならポーズもとろうか?くらいの協調性でこちらに対応してくれるのです。

おうちにあげてくれたおばあさんには、日本から持って来たお菓子を差し上げると、近所のおばさんに嬉しそうにみせ、別れ際はぎゅーっとハグしてくれました。

ルーマニア、危ない目に一度もあわなかったなー

今回、ブカレストなどの都会には行かず、地方都市と農村部中心だったからかもしれませんが、今まで行ったどこの国の人々よりもあたたかかったです。

↓マラムレシュの別のお宅。
羊毛や木製の民芸品がぎっしりでした☆

Maramurese1

|

« ドーハ乗継STPC | トップページ | ブルガリアでヨーグルト食べたかな? »

コメント

タイトル、「ルルル♪ルーマニア」にはそういう
意味があったんだ!!って読んでいて、興奮してきちゃいました

すごい観光地に行くよりも、海外旅行で出来ればしたいこと!”現地在住の方のお宅訪問”!!
それが、予期せぬ形で出来て、おまけに、可愛いお写真まで撮らせて頂けて。ハグまで!!!!!
もう、本当にすごい!!これは、もうハミング♪したくなりますよね。笑

投稿: kotokoto | 2016.05.20 19:19

お帰りなさい!!

遠い国の日常の生活が垣間見られて
感動です
日々の暮らしを大切にしなくちゃな~と
思いました。

投稿: トト | 2016.05.23 22:25

kotokotoさん

未知の国ルーマニアでしたが、行ってみたら素朴かつ明るい国でした。
ほんと、自然とハミングしちゃう国でした

投稿: whoko | 2016.05.24 09:29

トトさん

ただいまです!
旅先で普通の人々の暮らしを見る機会があると、普通ってすごいな!素敵だな!と思います。
日々の暮らしが軸にある人生は、何よりも素晴らしいですよね

投稿: whoko | 2016.05.24 09:34

ブカレストは行かれなかったんですね。
なんか、旅行というと、首都に行って、その周辺を回る、
という旅しか思いつかない私です。。。

マラムレシュ、行ってみたい。
そしてwhokoさんのように、普通のお宅を拝見できたら
いいなぁ。

投稿: puppy | 2016.05.27 22:29

puppyさん

短い日程だったので、行きたかったマラムレシュにしぼった日程を立てたのでブカレストは空港だけでした。
また行く機会がありましたら、けっこうヘビーな噂が富んでるブカレストにも行ってみたいです^^
私は、puppyさんのように国外での暮らしを体験してみたいです

投稿: whoko | 2016.05.30 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルルル♪ルーマニア:

« ドーハ乗継STPC | トップページ | ブルガリアでヨーグルト食べたかな? »