« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

エール!

Yell_2

フランス映画、自分の中ではあたりハズレが大きいのだけど、これは大当たりでした!
酪農を営む4人家族のうち、主人公の女の子をのぞく3人が耳が聞こえないのですが、力強い決断力とユーモアあふれるキャラクターたちで、カラダをはった表現やその表情が可笑しく愛しいです。
ストーリーも素晴らしいかったけど、田舎の風景や、インテリアも楽しめました!

エール!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴィンセントが教えてくれたこと

Vincent_2

ロクデナシとか、人としてどうよ?とか、非難の形容詞があてはまりそうな不良じーさんヴィンセント。しかも、同時に人として最高!なんだな(笑)
登場人物すべてがチャーミングでした!

ヴィンセントが教えてくれたこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイマー

Ha

出勤前のあわただしい時間、ゆで卵をゆでた。
タイマーをセットし、洗濯や着替えなど同時にこなす・・・って主婦なら、めずらしくもない朝の光景。

ちなみに我が家はキッチンとリビングが分かれているので、キッチンタイマーは必須で、セットしたらリビングに持ってくるようにしているし、洗濯物を干すときなどはエプロンのポケットに入れておくなどしている。

さて。
いつものように出かける用意も整い、飲み終えたコーヒーカップをキッチンに置きにいったら、ぬぁーんと、ゆで卵を茹でていたお鍋が真っ黒!卵の殻も焦げているし、ひとつのゆで卵など破裂しているではありませんか!

あわてて火をとめ、やっとそのときタイマーが鳴らなかったことに気づきました。

タイマーをみると作動していない!
ピッピッと15分という時間はセットしたのに、スタートボタンを押してなかった。。。というミスでした。

あのとき、もし、飲み終えたコーヒーカップをキッチンに持って行かなかったら、そのまま家を出ていたかも・・・・そう考えると、なんてオソロシイことをしたんでしょう・・・

タイマーは、スタートボタン押してこそ役立つモノなんですよね!自戒をこめてブログに残しておきます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

そんなサービスがあるんだ!

Bc_2

一人旅歴もかれこれ5年になるというのに、毎回、価格の安さでチケットを選ぶため、マイルの恩恵とは無縁です。
マイルを貯めるには、航空会社のシバリが否めないし、きっちり計算したわけではないけれど、これまでの旅費トータルは、マイル取得するよりも、結果的にお得なカンジじゃなかろうかと思っています。

もちろん、安いことだけがイイということではありません。
安いチケットは、乗継が多いとか、乗継時間が長いとか、時間帯が微妙で、結局、旅行在時間が短くなってしまうとか、深夜着でタクシーを使わなくてはいけなくなるなどそれなりに負の材料になる確立高かったりします。
そのへんのことと、どこまで折り合いがつけるかが貧乏旅行の面白さでもありますが^^

さて、今年のゴールデンウィークは、5/2、6の両日の有休がとれ、連続10日の休暇となりました。
本音を言えば、ゴールデンウィークを外したほうが安く行けるのですが、職場の関係でそうもいきません。いえ、もちろん10日間連続で休めるだけでも有難いです^^

しかし!
やはり、連休初日からのフライトは、ワタシにとってはとんでもなく高い。
JALが春からの燃料サーチャージを0円にするといっても手が出ません。
そのうえ、行きたい国のブルガリア・ルーマニアは直行便がないのでJALで行くメリットも感じられないし・・・(考えてみたら、JALやANAって1回か2回しか利用した事ないかも・・・)

そこで、出発日を2日ほどずらしてみたら、手頃な価格のカタール航空のチケットがありました。往路はブルガリアのソフィア空港着、復路はルーマニアのブカレスト発の周遊チケットです。

ただ、問題は、行きは8時間15分、帰りの便は13時間25分のドーハでの乗継時間があるのです。
う-ん。空港で時間をつぶすのはできれば4時間以内にしたい。それ以上だと、ホント苦痛なんです~

こんな長い乗継時間、人々はどうやってやり過ごすんだろうと疑問に思い、ネットで検索してみると、朗報発見!
なんと、カタール航空では、ドーハ国際空港の乗り継ぎ時間が長い場合、待ち時間に滞在するホテルの提供があるんですって!

しかし、私が購入しようとしているチケットはメチャクチャ安いやつ。もしかして、その特典が受けられないかもしれない。

有難い事にカタール航空は、ネットでチケット購入を進めていくと、24時間だったか48時間だったかキープができるのです。
なので、決済しないまま、電話で、そのSTPC(STOPOVER PAID BY CARRIERの略)というサービスが受けられるか問い合わせると、大丈夫でした☆

ちなみに、入国ビザ、ホテルへの送迎、条件に応じ一部のお食事提供まであるそうです♪
カタール航空が用意してくれるホテル、ちょっと楽しみです。
あまり期待しちゃいけないのかもしれないけれど、少なくとも自分で手配する宿泊施設は日本円にして一泊3千円程度のとこなので、そこよりはランクが上なんじゃないかしら~

あ、それからね。
空港での待ち時間の過ごし方を調べていたら、空港によっては無料の観光ツアーがあるようです。
カタール航空ではドーハの市内観光(3時間弱)があるそうですし、たしか、以前、韓国で乗継したときも、そんなサービスのことを見かけた気がします。
ただ、当日申し込みなので事前予約はできないみたいです。

空港での待ち時間、調べれば、いろんな空港でいろんなサービスがあるかもしれないですよ☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昔話や民話や旅のこと。

Hina

今日は三月三日。
我が家はスルーしているひな祭りですが、華やぐお祭りなので、ずっと残ってほしい伝統行事です。

下写真は、「柊鰯(ひいらぎいわし)」
節分に柊の小枝と焼いた鰯の頭を玄関に挿す魔除けです↓

Iwasi

先日、東京の小金井公園にある「江戸東京たてもの園」で、移築された古い藁葺き屋根の農家宅の玄関にあったものです。(mgちゃん、連れて行ってくれてアリガトウ!)


さて、古い建築物や暮らしぶりも興味深いですが、民話や伝説みたいなものも嫌いじゃないほうです。

今度、ブルガリアとルーマニアへ行くつもりなのですが、旅本では「地球の歩き方」だけ。(しかも最新版15-16版でも、去年ソフィアに開通した空港-市内間の地下鉄路線情報が2015年以前の情報なので混乱しました)

可愛い旅本(ことりっぷとかARUCOとか)から発行されていないのは仕方がないとして、ネット情報も最近のモノは少なく、現地の情報収集に悪戦奮闘中です。(どなたか情報をお持ちでしたら提供してくださると嬉しいです☆)

旅の基本情報は収集しきれていないのですが、図書館から東欧関連の書籍を借りたところ、意外に面白かったのが「世界の国ぐに 民話と風土」の東ヨーロッパ編。

小学生向きの民族図鑑といった本で、発行年代は古く、現在の国名とは違ったりもしてますが、民族衣装をまとった人々の写真やお祭りの様子と共に、いくつもの民話が掲載されていました。

日本の昔話やグリム童話なども、けっこう恐ろしかったりしますが、この本の東欧各国の民話も、なかなかエグいです(笑)
発行年度が古いせいか、差別や偏見もたくさん盛り込まれていますが、現代のルールに乗っ取り編集されたら、ストーリー変わっちゃうのかな、なんて思いながら読んでいます☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

少数民族の住むバウツェン

Bautzen1

2015年末弾丸ドイツ旅行記、のんびりにもほどがあるだろうってくらいのSPU(スローペースアップをDIGO風で)ですが、おつきあいくださると嬉しいですm

写真↑は、少数民族の住むバウツェンという小さな町の丘の風景。
(暮れなずむ時間帯、iPhoneの望遠で撮ったため画像が荒すぎて写真じゃないみたいね)

ゲルリッツという、ドイツでもポーランドよりのマイナーな場所から、さらにマイナーなバウツェンに行ったのは、ザクセンチケット(ドイツのザクセン地方をリーズナボーに回れる1日周遊チケット)の存在があったから。

ザクセンチケットで、ゲルリッツからドレスデンに行き、その帰りにバウツェンで途中下車したのでした。

12月末の日照時間は短く、駅から旧市街に歩いて向かううちにだいぶ薄暗くなってしまいましたが、小さな町なので、駆け足でさくっと回りました。

とはいえ、英語がいっさい通じず、地図が手に入らず、町の人々が「観光ならこの道をあっちのほうへ向かうといいよ」と、たぶん言ってるんだろうなと、予想して歩いていきました。

地球の歩き方での情報もほんの数行で、何が観光ポイントなのかもよくわからずだったのですが、旧市街の街並みはカラフルで可愛らしかったです。
↑の写真は丘の途中からみた市街ですが、可愛らしい色のおうちでしょう?


↓は絵本にでてきそうな可愛らしいお墓だったので、思わず撮ってしまいました。

ちょうど、泊まっていた部屋のテレビで、エルザと白鳥にされちゃった王子たちのおとぎ話が実写版で放映されているのをみたあとだったので、エルザがこの墓地で兄たちの魔法をとくためイラクサをせっせと編んでいる様子を想像しちゃいました。

Bautzen

↑のお墓の向こうにぼんやりと教会がみえるのがおわかりになりますでしょうか?

↓簡素な教会は、子供の頃、絵に描いた教会と同じカタチでした^^

Bautzen2_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もヒヤシンス

Hy1

先月、ヒアシンスの鉢植えを購入。
ひと鉢に3つ植えられ、まだ花のない状態でした。

ひとつは水栽培に、ふたつはホーロー容器に移し替えましたが、何色の花が咲くのかはお楽しみ状態。

Hy2_2

そして先週くらいから咲き始めました。

今年は、やはり暖かいんじゃないかな。
去年は、もっと遅い時期に咲き出したから、茎ばかりが育っちゃったのでしたが、今年はバランスのよい咲き方となりました。

写真は1週間ほど前の咲き始めた頃のものですが、今は、ぎっしりお花が咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しく淹れられました

Coffee

だいぶ前のハナシなのですが、Yちゃんから珈琲を頂きました。
挽きたてのモノなんて久しぶり♪
というのも、ここ何年かは市販の小分けされた簡易ドリップ的なヤツばかりだったから。

さっそく頂いた珈琲を淹れようとして気がついた!

そう。捨てフェチな私は、とうの昔にドリップの器具類を処分していた!

でも、いい香りのうちに頂いた珈琲を楽しみたいと、現在、所持しているモノたちを頭に思い浮かべると、そうそう、アレがあったはず!と、見つけ出したのがコレ↓

Coffee1

以前、Rさんに頂いたベトナムコーヒーの器具です。
これ、ペーパーフィルターがなくても使えるから、ホント速攻淹れることができました。
頂いたモノということもありますが、可愛いから処分の対象にならなかったのよね。

いろいろ処分し過ぎて、一瞬、しまった!・・・と思いましたが、逆に言えば、しばらく使っていなくとも、すぐに家にあるモノがわかるので、やはり、モノは少なくても大丈夫と思いました☆

さらに言うなら、「持っていない」とわかっていると、無駄にあちこち探し回らなくてすむし、絶対必要なものならば躊躇せず入手できるってことも、モノが少ない事の良い点かと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »