« 気に入らないのが気になりだすと | トップページ | 美味しく淹れられました »

うっかり繋がっちゃった

Trip_2

2015年末ドイツ旅、ほとんど更新してなくて、ちょっと落ち着かない今日この頃です。
もしかしたら、旅行記を楽しみにしてくださる方もいるかもしれないという想いと、次回の旅のプランのための備忘録として、自分にとっても記しておきたいところなのですが^^;

一人旅歴も、遅いデビューのわりには30カ国近くとなり、そろそろ飽きてもいい頃でしょうと自分に聞いてみるも、いえ!まだまだ旅はしたいです!と元気のいい答えが迷うことなくかえってきます。

うん。実はもうGWの行き先決めたしチケットもとっちゃった。
けど、そのことは、また次の機会に記事にするとして、今回は「海外パケットし放題にうっかり繋がっちゃった件」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「海外パケットし放題」とは、海外でメールやネットが簡単に出来ちゃうよーというサービス。(そのサービスの呼称は各通信会社によって違うとはずですが、私の場合はソフトバンクなので)

事前に申し込む事もなく、海外にスマホを持っていけば、ほぼ勝手にそのサービスが機能するので、便利といえば便利ですが、日額1980円なので貧乏ツーリストとしては、使う気ゼロ。ホテルや空港の無料WIFIのみでやり過ごしております。

無料WIFIのみで過ごすというのは、モバイルデータ通信をすべてオフにし、フリーのWIFIが飛んでる所でだけでネットやメールをするということです。
(ちなみにモバイルデータt通信をすべてオフにしても電話はつながります。海外だと電話も高額になるので、地上でもフライトモードにして、つながらないようにしています)

モバイルデータ通信をオフにしていると、マップやsiriも使えませんが、それで不便を感じたことはないので、たいていはその状態で旅をしてきました。

さて今回の旅、腕時計のストラップが外れやすくなっていたので家に置いてゆきました。
ふだん、どこにでも時間表示はあるので(スマホ、公共の時計、家電にさえもね)、さほど困らないだろうと思ったのです。

が、乗継のとき時計ってすごく必要なのでした。
というのは、時差もあるし、搭乗ゲートの締め切り時間などをすばやく正確に知る必要があるのです。

フライトモードでモバイル通信をすべてオフの状態のまま海外にいくと、スマホの時間表示は日本から引き継いだ表示のままなので、「えっと、現地時間に何時間プラスするんだっけ?」とかなります。

なので、フライトモードやモバイル通信を日本にいるときのようにし、現地時間を表示させ、そしてまた、オフモードにし、いつものように海外では課金されないように行動したはず…なのです。

しかーし!
数日後、翌月のスマホ代がいつもより高いので明細を見たところ、「海外パケットし放題」が1日分課金されていたのです。

なので、近所のソフトバンクに行き事情を説明すると、スタッフのオニイサンに、「今、すごっく混んでるから、この電話で直接ソフトバンクに問い合わせて」とコールセンターへダイヤルした子機を渡されました。(←とても斬新な対応だと思いましたが、感じ悪いわけでもなかったので従いました^^)

数十分間、「ただ今、大変混雑しております。順番におつなぎしております」のアナウンスをたくさん聞いた後、やっとコールセンターに繋がりました。

「海外ではいつもモバイルデータ通信をオフにし、し放題に接続されないようにしていたつもりなんです・・・もし、繋がっちゃったとすれば、それは時刻合わせをした、ほんの数十秒の時間だけなんです」とダメモトでいうと、「今回だけですよー」と、海外し放題の課金を取り消す手続きをしてくれたのです!(ありがとう!ソフトバンクさん!)

ちなみに、じゃぁ海外で課金される事なく、現地時間を表示させるにはどうすればいいのかを調べてみました↓

【方法1】 日付と時刻が日本のまま手動で現地時間に合わせる。(設定⇒一般⇒日付と時刻⇒自動設定をオフ⇒時間帯から都市を選ぶ)

【方法2】一度でもWi-Fiに繋げればOK。自動で現地時間に変更されます(自動設定の場合)

ということでしたよん☆

|

« 気に入らないのが気になりだすと | トップページ | 美味しく淹れられました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うっかり繋がっちゃった:

« 気に入らないのが気になりだすと | トップページ | 美味しく淹れられました »