« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

うっかり繋がっちゃった

Trip_2

2015年末ドイツ旅、ほとんど更新してなくて、ちょっと落ち着かない今日この頃です。
もしかしたら、旅行記を楽しみにしてくださる方もいるかもしれないという想いと、次回の旅のプランのための備忘録として、自分にとっても記しておきたいところなのですが^^;

一人旅歴も、遅いデビューのわりには30カ国近くとなり、そろそろ飽きてもいい頃でしょうと自分に聞いてみるも、いえ!まだまだ旅はしたいです!と元気のいい答えが迷うことなくかえってきます。

うん。実はもうGWの行き先決めたしチケットもとっちゃった。
けど、そのことは、また次の機会に記事にするとして、今回は「海外パケットし放題にうっかり繋がっちゃった件」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「海外パケットし放題」とは、海外でメールやネットが簡単に出来ちゃうよーというサービス。(そのサービスの呼称は各通信会社によって違うとはずですが、私の場合はソフトバンクなので)

事前に申し込む事もなく、海外にスマホを持っていけば、ほぼ勝手にそのサービスが機能するので、便利といえば便利ですが、日額1980円なので貧乏ツーリストとしては、使う気ゼロ。ホテルや空港の無料WIFIのみでやり過ごしております。

無料WIFIのみで過ごすというのは、モバイルデータ通信をすべてオフにし、フリーのWIFIが飛んでる所でだけでネットやメールをするということです。
(ちなみにモバイルデータt通信をすべてオフにしても電話はつながります。海外だと電話も高額になるので、地上でもフライトモードにして、つながらないようにしています)

モバイルデータ通信をオフにしていると、マップやsiriも使えませんが、それで不便を感じたことはないので、たいていはその状態で旅をしてきました。

さて今回の旅、腕時計のストラップが外れやすくなっていたので家に置いてゆきました。
ふだん、どこにでも時間表示はあるので(スマホ、公共の時計、家電にさえもね)、さほど困らないだろうと思ったのです。

が、乗継のとき時計ってすごく必要なのでした。
というのは、時差もあるし、搭乗ゲートの締め切り時間などをすばやく正確に知る必要があるのです。

フライトモードでモバイル通信をすべてオフの状態のまま海外にいくと、スマホの時間表示は日本から引き継いだ表示のままなので、「えっと、現地時間に何時間プラスするんだっけ?」とかなります。

なので、フライトモードやモバイル通信を日本にいるときのようにし、現地時間を表示させ、そしてまた、オフモードにし、いつものように海外では課金されないように行動したはず…なのです。

しかーし!
数日後、翌月のスマホ代がいつもより高いので明細を見たところ、「海外パケットし放題」が1日分課金されていたのです。

なので、近所のソフトバンクに行き事情を説明すると、スタッフのオニイサンに、「今、すごっく混んでるから、この電話で直接ソフトバンクに問い合わせて」とコールセンターへダイヤルした子機を渡されました。(←とても斬新な対応だと思いましたが、感じ悪いわけでもなかったので従いました^^)

数十分間、「ただ今、大変混雑しております。順番におつなぎしております」のアナウンスをたくさん聞いた後、やっとコールセンターに繋がりました。

「海外ではいつもモバイルデータ通信をオフにし、し放題に接続されないようにしていたつもりなんです・・・もし、繋がっちゃったとすれば、それは時刻合わせをした、ほんの数十秒の時間だけなんです」とダメモトでいうと、「今回だけですよー」と、海外し放題の課金を取り消す手続きをしてくれたのです!(ありがとう!ソフトバンクさん!)

ちなみに、じゃぁ海外で課金される事なく、現地時間を表示させるにはどうすればいいのかを調べてみました↓

【方法1】 日付と時刻が日本のまま手動で現地時間に合わせる。(設定⇒一般⇒日付と時刻⇒自動設定をオフ⇒時間帯から都市を選ぶ)

【方法2】一度でもWi-Fiに繋げればOK。自動で現地時間に変更されます(自動設定の場合)

ということでしたよん☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気に入らないのが気になりだすと

Nail2

スモーキーピンクに薬指だけホワイトの組合せで仕上げてもらった2月のネイル。

が、私の肌にはぼやけた印象となってしまい気に入らない。

気に入らないのが気になりだすと何をするにも気がそぞろ…

というわけで、シールで対処☆

上の写真はお花のシールを散りばめたり重ねたり↑

下の写真は氷河らシールを斜めにカットして張ってみました↓

Nail1

どちらも同じベースです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリザーブドが正解。

Green1

先月の誕生日に娘がプレゼントしてくれたのは、手作りのプリザーブドフラワーならぬプリザーブドリーフ。
箱の底には5歳児からの可愛いメッセージが書かれておりました(Thanks!)

ちなみにプリザーブド・フラワーとは、ご存知の方も多いとは存じますが、「1.新鮮な生花を脱水作用がある脱色液に漬け、2.花を取り出し、潤滑液入り着色液に漬け、3.花を取り出して乾燥」する手法で、生花を永久的に保存(preserve)する技術とのこと。

Green3_2

ところでワタクシ、これまでは、プリザーブドではなく、ブリザードフラワーとか言っちゃってたことに、このたび気がつきました。

でも、調べてみたら、日本ではブリザードフラワーと間違った呼称もけっこう浸透していたそうです。
うん。手芸用品売り場とかで、しっかり「ブリザードフラワー」ってカタカナで書いてあったと思うもん。

ちゃんと考えればBlizzardって言ったら猛吹雪なわけですが、英語耳じゃない日本人(もちろん自分を含めて)には、納得の間違え方だと思いました(笑)

(もっと言えば、プリザーブドではなくプリザーヴドというカタカナ表記にしたほうがスペルが思い浮かびやすいかも?)

Green4

さて、このプレゼント、箱底面を下にしてもいいし、写真上のように立て掛けたり、壁掛けにしてもGoodです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トレンチコートでバッグ

Td1

長年愛用したトレンチコート。
襟の形が古くなっていたのと、もう少し丈の長いのがイイなと買い替え。

そして、旧トレンチはバッグに生まれ変わりました☆
だってさ、トレンチコートって魅力的なパーツがいっぱいじゃない?

肩から胸元にかけてのフラップ、ボタンにベルトの革素材のバックル、肩や袖口のベルトなどなどもねっ♪

Td4

そして厚めで丈夫な生地もGOOD。

芯地も裏地も外さずにジョキジョキとハサミをいれ、バック部分になる長方形を4枚カットし、表になる部分と内側の部分にしました。
ちなみに内側は見返し部分やボタンホールの部分も気兼ねなく利用。

ベルトは二等分にし、それぞれ中央部分だけ二重にして縫い持ち手に。
さらに、トレンチならではのパーツを配置。これが楽しかった!

Td2

↑バッグ裏側は、ポケットをそのまま使えるように生地をカットしたのですよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »