« エアコンはなかったけれど | トップページ | 建築とトランポリン »

カールスプラッツ駅

Karlsplatz7

ウィーンではいくつかの有名建築を訪ねました。

Karlsplatz

これは1899年に建てられたオットー ヴァーグナーという建築家によるカールスプラッツの駅舎

Karlsplatz12


向かい合わせに同じものが2棟あり、現在は駅としては使われておらず、それぞれ、記念館とカフェになっています。

Karlsplatz4_2

カフェ側から、そっくり同じ形の記念館を撮った写真↓

Karlsplatz10_2

カフェの内部も、古きよき時代感満載!

Karlsplatz1

カフェといえば、ウィーンの旅の定番はカフェめぐりらしいのですが、暑くて暑くて、コーヒーやケーキを味わう気分じゃなく、けっきょく、ここカールスプラッツの元駅舎カフェでSchweppesを飲んだくらいだったなー

Karlsplatz8

今頃なら、きっとウイーンも秋の気配が漂い、カフェめぐりにぴったりの時期かも☆

Karlsplatz11_2

|

« エアコンはなかったけれど | トップページ | 建築とトランポリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カールスプラッツ駅:

« エアコンはなかったけれど | トップページ | 建築とトランポリン »