« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

ええっ!何それ、新鮮!

Champ1

まだ読んだわけじゃない本のことを記事にするのは恐縮ですが、レビューだけでハッとしてしまった本がありまして・・・その本のタイトルは「服を買うなら、捨てなさい 著・地曳 いく子」


2ヶ月前に、こんまり流お片づけをし、服やモノを激減し、モノが少ないって、ほんと快適だと実感中。

で、減らした後にやってきた猛暑に対応できる服が必要になり、いよいよ自分が本当に好きなものだけを厳選して買うぞー!と意気込み、数枚の服を買った今日この頃。

少ない枚数の服で賢く素敵に着回すわよ!と、はりきったものの、あれ?なんか上手くいかない?
しっくりくる組合せって限られちゃってるから、結局、なんかワンパターン・・・もう少し買い足すべきかしら・・・

なーんて思っていたところに、上記の本の宣伝をみつけ、アマゾンでレビューを読んだところ、ガツンとやられちゃいました!

レビューだけで察するに、下記のようなことが書いてあるらしいのです。
(かぎかっこ部分がレビューを拾い読みした部分で、かっこがそれを読んだ私の心の声です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「おしゃれな人は流行に敏感で、いつも違う格好をしているとか、同じ服ばかりじゃみっともないという思い込み

↑(え!そう思ってたけど、ソレ、思い込みなんだ!)

「コーディネートのバリエーションを増やそうとしないほうがいい。手持ちの服に合わせて流行の服など買い足しても、すべてが上手くいくわけではないので、イマイチなコーディネートがいくつかできてしまう

↑(バリエーションを増やす事が、賢くオシャレを楽しむ事だと思ってました!)

「残念な着回しコーディネートをするより、いけてるワンパターン

↑(そっか!それだよ! あれこれ悩んでコーディネートして出かけても、どこか気分がのらない、家に帰って着替えたいとか思う事あるある!)

「ワードローブには自分に似合う服だけがあればいい

↑(そのとおりだわ! ワンパターンでも、けっきょく自分が似合ってると思う事が一番の自信になるものね!)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「服を買うなら、捨てなさい」を図書館に予約したら300件近くの予約待ちでした。

読むまでしばらくかかりそうですが、「自分のお気に入りのワンパターン」は大きなヒントとなりました。

Champ2_2

さて、今回の写真は娘への証拠写真。

7/25はチャンプのお誕生日で、毎年、娘に言われるまで忘れてまして、今年も当日に娘から電話があり、「お花買ってあげてね」と言われ、「あ!ちょうどチャンプに似合いそうな花を買ったばかり☆」というような会話をしたので、その写真です☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

暑中お見舞いと下まつげのみエクステのコト。

Kingyo1

暑っつーーーいですね!
涼しげな暑中見舞いのカードを頂いたので涼のおすそ分け。

Kingyo2

二次元の状態で封筒で送られてきた三層構造の金魚鉢のカードを立体的にし窓辺に置いたら、海草のあいだを金魚がすいすい泳いでいる様子は、ほんと涼しげです。

Kingyo3

さて。
まつげエクステをやめて、下まつげだけマスカラにしていたのだけど・・・
ひと月くらい試してみた結果、やっぱ、マスカラはワタシにはダメだぁ~。
にじむし、目にしみたり。

マスカラをしないと、ファンデーションとアイブロウだけなのですが、私の目指す老い方は、美魔女になるより、より素敵なシワを刻みたいほうなので、それもいっかなと、ほぼすっぴんで電車に乗り仕事に行ってました。しばらくの間は。

でも、どうも顔に活気がナイ!
そう。元々地味な顔立ちなので、やはり通勤時くらいは、少々のメイクは必要なんじゃないかと思い直し、下まつげだけエクステという方法に着地した今日この頃。

上まつげのエクステはね、まぶたの筋力が落ちてきたせいか、すればするほど下向きになっちゃって逆効果だったからやめたのだけど、下まつげのみのエクステは、今のところ気に入っています。
ノーメイクよりは華やかになりますから。

下まつげのエクステは取れやすいといいますが、私の場合はそうでもないみたい。けっこうもってます。
もしかしたら、上まつげのエクステと絡まない分、取れにくいのかもしれないなと感じています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

バスブラシ

Bath_brush

湿気の多い季節は、お風呂のタイルが汚れやすい。
二十年前(すごい昔だわ)、タイルを張ってくれた職人さんが何度も「白のタイルでいいの?汚れが目立つよ」とアドバイスしてくれたのだけど、決して広いお風呂場ではないということもあり、少しでも圧迫感をカンジさせないよう白を選んだのでした。

しかし、あのときの職人さんの危惧はご指摘どおりでした。
ガシガシ磨いても、数日経つと黒い点々の汚れが付着するのですから。
(壁のタイルはツルツルしたタイプなので問題ないのですが、床は滑らないようざらつきのあるタイルで、それへの汚れ付着があるのです)

さて、写真のバスブラシは、先週、買ってきたものです。
それまで使っていたのはキャンドゥで買ったモノで、デザインも機能もまったく問題なく愛用していたのですが、さすがにブラシ部分がくたびれてきたので再購入しようとしたら、同じものはなかったのです。

世の中、シンプルとかミニマムとかの方向に向かっているのかと思いきや、蛍光ピンクやグリーンのブラシしかなく、ならばと、無印やフランフランを回ってみるも、目当てのモノがみつからず、そうだ!以前、KAYUCAにあったような・・・と向かうと、バス用品のところにはなく、店員さんに尋ねると廃番になったとのこと。

そっかぁと帰ろうとしたら、その店員さんがおいかけてきて、「一点だけ残っていて、値引商品のところにありました!」と、教えてくれました。

10%値引になっていて税込み680円也。
100円ショップで買ったブラシは、たぶん5年は使ったのだから、680円のこれ、10年ぐらいもったりして?(笑)
でも、値段よりも、家にあって気分の良いモノかどうかがワタシにとっては一番重要。
100円だからと、色やデザインの気に入らないものを買うのはホント嫌なのです~
逆に、気にいれば100円でもまったく問題なしですし(笑)

早速使ってみたところ、一点を除いて問題なし。
その一点とは、むかって右にある突起した穴にロープがついていたことです。
吊るして収納するためのロープなのでしょうが、ガシガシとタイルを掃除してるときに濡れたロープが手にあたったり、からんだりしてジャマなので、即、取り外しちゃいました。
収納時は持ち手の部分を直接ひっかけることにしました。

以前だったら、取り外したロープを取っておいたりしたのですが・・・ほら、いつか何かに使えるかもって。ほんの数10cmの紐だから場所を取るわけでもないから、みたいな(笑)

片付け祭りをしてから、こういうの、とっておく必要がまったくないということに気がつきました(笑)
スウェットパンツの紐とか、無印良品の寝具にかけられている綿リボンとか、なんか捨てずにいたけれど、気がつくとけっこうな数の紐!
今は、そういったモノ、ほとんど処分したけれど、困る事はナイ!という典型的なアイテムでした(笑)

あ、先週、燃やせないゴミに出したブランドものの未使用食器類、収集車が来る前に、誰かが持って行ってくれたようです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グーグルマップのルート検索

A3_2

紫陽花。だいぶ前の写真です。
なかなかブログを書くことができない今日この頃、写真と現在に時差が生じてます~

さて、先週末、図書館からの本も駅で受取ることができ、ウィーン旅行の計画を進めております。

もっとも、ウィーンにしたのは、たまたま安いチケットをみつけたからで、実は、行った事のない隣国のスロバキアとスロベニアに行きたいキモチが強いのです。

あと、同じく隣国チェコも、以前行った事はあるのですが、とても気に入ったので、再度入国し、砂糖菓子のような街並みのテルチにも行けたらいいな、とか、ハンガリーとの国境ちかくのクーセグ方面などなど、行けそうな気がするところばかり浮かんできて、オーストリア国内のプランをたてようにも気がちってしょうがありません!

オーストリアというのは、ドイツ・スイス・イタリア・スロヴェニア・ハンガリー・スロヴァキア・チェコに囲まれた立地なのです。

とはいえ、4泊6日しかないのです。(有難い事に飛行機の現地発着時間が、夕方着・夜発なので、4泊のわりには滞在時間を有効に使えそうですが)

ウィーンからスロヴァキアのブラスチヴァは1時間、ハンガリーのブダペストへは2時間45分、チェコのプラハへは4時間40分・・・なーんてガイドブックに書いてあるものだから、ホントどこでも行けそうな気になっちゃうあげく、なかなか気持ちが固まらないのです。

A1

さて、ご存知の方は「え?いまさら?」と思われるかもしれませんが、グーグルマップって世界中のルートや乗換えの検索ができるのですね!

昨日、それに気がつき、ぬぁーーーーんて便利なの!!と興奮してしまいました!

いえね、ウィーンの空港からホテルまでの行き方をメールで問い合わせようとしたら(安いホテルなので場所が観光の中心地から微妙に離れております)、ホテルのメールアドレスが探せなくって。

で、地図と空港からの路線などで調べていたら、グーグルマップの画面左上に検索するための入力欄があることに気がついたのです。

ホテルの住所を入力し(地図上をクリックすれば住所勝手にはいります)、もうひとつの入力欄にAIRPORTと入力してみたら、プルダウンメニューが表示されたので、そこから該当する空港を選択し、徒歩とか車とか電車のアイコンを選択すればよいのです。
出発や到着の時間設定もモチロン可能。そのへんは日本国内の路線検索と同じです☆

空港からの路線案内とかかる時間、下車駅から徒歩10分程度で行ける事があっという間にわかり、今までの苦労(英文メールを書いたり、地図とにらめっこしたり)はいったい何だったのかというほど、カンタン!

その方法を覚えたものだから、隣国の行きたい地名を次々に入力し検索。

「あ、日帰りできそう」とか、「え!こんなんに時間かかるの?!」とかいう具合で、かえってプランが立てられていない状況です(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今度の旅のガイドブックは買わないの♪

W_2

公私共になんだか忙しく、夏の一人海外旅行の予定が立てにくく、いったい、いつ落ち着くのやらと思っているうちに7月も半ばを過ぎ、けっきょく夏季休暇はお盆の時期にしかとれませんでした~

その時期の旅行代金のあまりの高さに、今年の夏は旅行は諦めるかなーといったんは思ったものの、でもやっぱりと探してみたら、相場の半額以下のチケット、みつかりました!(燃料サーチャージ込みで往復11万♪)

アジア経由の乗り継ぎ便なのですが、行きは14時間45分、帰りは18時間なら、自分の中ではぜんぜんオッケー。あ、行き先は、音楽の都・ウィーンです!

ヨーロッパ、ほぼ制覇した気になっておりますが、ウィーン、スロバキア、スロベニア、ルーマニア、ブルガリア、アイルランド、ノルウエーが未踏。

ウィーンを拠点に、お隣のスロバキアかスロベニアにも行けたらいいなと妄想中です。

さっき、図書館からメールで、予約をしたウィーンのガイドブック受取可との連絡が来たので、仕事帰りに取りに行き、明日からの連休はガイドブックを読みながら、おおまかな予定がたてられそうです☆


B_2

さて、私の住む区に図書館はたくさんあるのですが、駅から徒歩10分以上の場所ばかりで、お休みの日しかいけないのが不満でした。

ところが、いつのまにか、下車駅で受取ることが可能なシステムが導入されていたのです!(ネットで旅のガイドブックを検索&予約したときに気がついたの!)

ありがたいシステムです。
仕事帰りに、予約した本を地元の駅ビルで受け取れるなんて!(返却もそこで出来るようです)


今までは、旅行が決まると、そのガイドブックは、アマゾンで中古を探すか、書店で買うかしてきたのですが、2ヶ月前に片付け祭りをしてからというもの、出来る限り、家にモノを持ち込まないライフスタイルに変化したこともあり、図書館で借りることにしたのです。

こんまりさんの片付け方法は、リバウンドなしとのこと、アレ、本当ですね!
いっきにモノを減らし、自分が管理できる量のモノしか持たないようになると、それぞれの片付け場所が決まり、散かることはないのです。

そのメソッドが単純明快で、モノは少ないほうが快適だなーとつくづく思います。
その快適さが快感となり、さらに、もっともっと身軽になれないものかと、処分するものを探してしまいます。

明日は月2回ある燃やせないゴミ収集の日。
10年以上しまいっぱなしだった(そしてこれからも使う事はないであろう)ブランド物のカップ&ソーサーのセットと、器をふたつ(4つあるのですが、二人暮らしゆえ、全部一度に使う事はナイので)を処分するつもりです。

未使用の器って、重たいのでリサイクルショップに持っていくのが億劫で、燃やせないゴミで出していたのですが、集積場所に出しておくと、けっこうな確立で誰かが家に持ち帰っているようなの☆

この間は、高さ1メートルほどの花瓶というか壺を出し、大きすぎてゴミ収集車が持っていってくれなかったら、いったん自宅に持ち帰ろうと気にかけていたら、あっという間に誰かが持っていってくれました♪

捨てるのには少々の罪悪感が伴うし、リサイクルショップに持っていくのは面倒。
でも、こうやって、燃えないゴミの日に出しておくと、次の誰かのモノになる機会があるようで、実に嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

格差

Yellowgray_2

ここ数年、YELLOWが気になっている。
リネンのシャツやスカーフなど、今年はかなりのマストアイテムとなっているのだけれど、これがインテリアとなると上手く取り込めず、試行錯誤中。

片付け祭りで生地を大量処分したおかげで、今の気分で、なおかつ今後も仲良く出来そうなYELLOWのファブリックを新たに購入。ArtekのSIENA。1メーター・4530円なので、瞬間お買い上げとはいかず、しばらく考えての購入でした。

Yellowgray4_2

しかし、考え抜いて我が家に迎入れたわりには、なんか、うーん。。。という印象。

しっくりこない原因は何かと考えてみると、椅子の色(焦げ茶色の生地だったの)だと思いあたりました。

たぶん、(椅子の生地を)グレーにしたらイイんじゃないかなと思い、仕事の帰り、いざ日暮里へ。

Yellowgray6_2

日暮里の生地問屋街にあるTOMATOの営業時間は6時まで。
5時過ぎに職場をダッシュで飛び出し、山の手線に乗り、閉店時間の30分前に駆け込みました。

グレーと色は決めてはいたので、質感や彩度の違う数種類の中からインスピレーションで決めたのが、写真の生地です。

Yellowgray3


なんとメーター108円。10メーターを瞬間お買い上げできたのは、生地問屋さんの値段設定が大きな要因です。

生地は見比べるほど悩むので、閉店間際だったこともヨカッタ。
かなりの集中力で、直感を研ぎ澄まし、数分で選ぶことができました(笑)

Yellowgray1

しかし生地の値段格差、すごいですよねー

アルテックのシエナはメーター4,530円。こちらは1mだけ購入。
生地問屋さんで買い求めたのはメーター108円。こちらは10m買いましたが1080円ですからね!
ちなみにどちらも広幅です。

さて、椅子の生地をグレーにしたおかげで、ヘルシンキのマリメッコで買ったこの生地↓も合わせやすくなりました☆

Yellowgray5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金銀砂子

Silver1

笹野派 笹野は 佐々野は・・・

「笹の葉 さーらさらー」の「笹の葉」を入力したら、上記語句が出てきた今日は七夕。
短冊に願い事は書いてないけど(っていうより笹も短冊も用意してない)、私の今の願い事は「夏も旅行に行けますように」。

さて。片付け祭り後、金銀砂子ならぬ、金と銀の靴を買いました。
(七夕の歌を意識して金銀の靴を買ったわけじゃないですけど・笑)

片付け祭りのとき、はいて苦痛を伴う靴(・・・ってダジャレじゃありません)や、はきやすくてもクタビレ感が強く修復不可能なモノはいっきに処分したところ、ビーサンとスニーカーくらいしか残らなかった!

通勤がなければ、ビーサンとスニーカーでヨシとするのですが、実際問題支障があるので、バーゲンを待たずして探しました。

ただ、もう華奢なヒール靴は買いたくないなと思いました。
ストッキングをはく季節なら華奢な靴も大丈夫なのですが、夏場はストッキングなしでいたいのです。

ビルケンシュトックなどのコンフォートサンダルも、今年はかなり流行ってますが、もろビルケン・タイプは、職場には無理だし、私にも無理がありました(違和感なく女子と呼ばれるくらいの若さが感じられるキレイな足でなければオシャレにはきこなすのは至難の業のようです・・・笑)

痛くならなくって、職場にはいていける靴・一足目はシルバーのコンフォートサンダル。

Silver2

しめつけ感のないコンフォートサンダルは、楽ですが私の足をあまりキレイにはみせてくれないのですが、これは、やや細身で、かつ楽ちん。この夏、履き倒しそうな予感☆

二足目はゴールドのコチラ↓

Gold1

つま先のゴールドの金属性の飾りがあるので、傷になりにくいし、もし嫌なやつがきたら蹴飛ばす事も可能。(というのは冗談ですよん☆)

Gold2

このゴールドの靴は、最初の2.3回は親指にあたって痛かったのですが、すこし伸びたようで、今は素足ではいても痛くありません。(失敗品にならなくてホッ・笑)

それにしても、デザインが気に入っているのに、はくと足が痛む靴ほど厄介なものはありませんねー

なかなか処分できないし、だからといって、はかないことで罪悪感も抱いたりして・・・
片付け祭りで、そのへんの見極めができて気分すっきりしました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アントワープで見た雲は

A5

今日は七夕。
東京は曇り空で、今夜は、乙姫&彦星の逢瀬は無理らしいとの天気予報。

七夕ってことは、ベネルクス三国の旅行からすでに2ヶ月経過なのですが、たぶん、これが最後のベネルクス旅行記なので、おつきあいください~

写真はベルギーはアントワープの街中にて。

日本でも歩道などに設置されているのを見たことあるコレ、なんていう名称なのかな?
変電盤とか電圧機とかで画像検索してもヒットせず~
正解をご存知の方、よかったら教えてね☆

でね。
要は、その設備機器のイラストが面白かったので写真を撮ってきてたの☆

上の写真ではデニムにお団子ヘアーの女の子が鏡の前にいるとこで

その側面にはチュチュ、そしてぐるりと反対側にはバレエのイラスト。
ちょっとしたストーリー展開になっているイラストなのです~

A6

そしてコチラは↓

A

ひげのオジサマの左手の先には・・・

A3

髑髏だよー!

「To be or not to be.(生きるべきか 死ぬべきか)」のせりふが書かれているからハムレットなのかな?

A4_2


さて。アントワープの旧市街からずんずん歩いていったら、大きな川がありました。

川のむこうに広がる空が、すごいよ、やっぱしベルギーの雲は、まるでマグリットの絵みたいだ!と、妙に感心したのでした☆

Ac2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »