« 祭りの最中に作ったもの。 | トップページ | 八百屋さんに褒められた翌日は6月12日。 »

ルクセンブルクの要塞郡

Luxembourg8

ベルギーのブリュッセルから列車で3時間ほどで、お隣の国・ルクセンブルクへ到着。

ベネルクスの中でも小さな国ですが、その正式名称は「ルクセンブルク大公国(たいこうこく)」って、なんかいかにも由緒正しそうでカッチョイイ。

でも、隣接しているベルギーやドイツやフランスに比べ、知名度低いかも?(←あくまでワタシの印象)

最近の話題としては、ルクセンブルクのベッテル首相が5月15日、交際中のベルギー人の建築家の男性と同性結婚したので、ああ、あそこの国ね!と思い浮かべる方もいらっしゃるかも☆

Luxembourg2

さて、ルクセンブルクは日帰りでさくっと行くつもりだったので、あまり下調べもせずに駅に到着。

旧市街まで歩いていけると、どこぞに書いてあったような気がして、てくてく歩くも、あれ?けっこう遠いかも?と不安になり、ベビーバギーを押している女性に、旧市街はどこですかと訊ねると、そっち方面に行くところだからと連れ立って案内してくださいました。

歩きながら「、あそこが有名な銀行ね」「それから、あの橋はなかなか完成しないの」とか、「ほら、あっちに見えるのが教会で・・」などと観光案内も兼ねてくれたから大助かり。

旧市街に近づくと、「あそこにバスターミナルがあるから、帰りはバスで駅まで行くといいわ」という情報まで教えてくれました。

あ、やっぱり、駅から旧市街まで、歩いていけないことはないけど、ふつうはバスを使うんだなと遅まきながら知りました。

Luxembourg1

ルクセンブルクの見所はそんなになくって(と、旧市街まで案内してくれた彼女がそう言ったの)、ノートルダム大聖堂やフェスティバルをやっていた広場をぶらぶらしても1時間ほど。

少し歩くと、写真の城砦と要塞郡があり、そこの景観は、ああ、きてよかった!と思わせるものでした。

Luxembourg6

「ボックの砲台」という観光名所があり、それがどんなところなのか、わからなぬまま入場料を払い中に入ると、洞窟でした。

Luxembourg4

入り口から近いところでは、鉄格子から見る景色もきれいでワクワクしたのですが、だんだん、ただただ、真っ暗になり、もう一刻も早く出口に向かいたいのに、これがけっこうな広さの洞窟で、その上、迷路のような階段もたくさんあり、ぜいぜいぜいぜい・・・!!

途中、ちらほらとすれ違う観光客も、洞窟内を楽しむ人より、どちらかというと迷子状態!
なんとか出口を探し当てたいと、必死な形相で脱出を試みる人ばかりでした(笑)

Luxembourg5

|

« 祭りの最中に作ったもの。 | トップページ | 八百屋さんに褒められた翌日は6月12日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルクセンブルクの要塞郡:

« 祭りの最中に作ったもの。 | トップページ | 八百屋さんに褒められた翌日は6月12日。 »