« アートなロイド | トップページ | セッション »

ロイド、やっと最終章になりました。

Lo5

ロイドホテルの記事ばかりでしたが、今回の記事でロイドは終わりとしましょう。
次回からは、隣国ベルギーの記事になる予定☆

さて写真はロイドホテル内の階段です。
大きな建物だからいくつも階段はあるのだけど、中央の階段の壁はgギャラリー風にモノクロ写真のパネルが展示されていました。

Lo6

0階(日本では1階ね)から、6階の階段にかなりの枚数。
内部のリノベーションの様子を写したものでした。

むき出しになった室内に配線が飛び出していたり、大掛かりな大工仕事やペンキを塗ったりなどなど・・・興味津々で見てきました(アートも面白いけど、リノベーションの様子の写真って現場の誇りや汗や熱気が伝わってきてわくわくします!)

そして、コチラは運河側の出入り口のロビーにある帆船のシャンデリア↓

Lo

元々は移民の収容センターとして建設されたという建物。
きっと、多くの移民は船でやってきたのかな、と想像がふくらみました。


Lo2

↑さて、このグリーンたちは、レストランスペースから下の階にあるトイレへの廊下に配置されていました。

Lo3

ここは半地下に位置するスペースで、お日様がたくさんはいってくる場所ではないのですが、手入れが行き届いているのでしょうね。みな、いきいきしてました。

Lo4_2

苔でおおわれたアームチェアが展示されていました。
たぶん、この椅子はアート作品なんだろうな。

しかし、ここのスペース。
レストランに入り、たまたまトイレに行き、やっと遭遇するような場所。

そんなところでも手抜かりがないのがさすが☆
いや、目立たない場所にわざわざ、という発想自体が遊び心からきているのかもしれませんね!

Loyda

またアムステルダムへ行ったら、ぜひまたロイドホテル(Lloyd Hotel & Cultural Embassy)へ行きたいな☆

|

« アートなロイド | トップページ | セッション »

コメント

 ロイド最終章ですか。
インテリアの本の中から飛び出したような
ホテルでしたね。
生で見られたwhokoさんいいなぁ。
もっと見てみたい!
って思わせるホテルでしたね。

投稿: kotokoto | 2015.05.26 19:06

kotokotoさん

うんうん!
まさにインテリアの写真集になるような場所に来ちゃったかんじでした!

これまでホテルでときめいたのは、ストックホルムの小さいホテルくらいだったのですが、ここアムステルダムのロイドでも久々にときめかせていただきました☆
もうもう本当に嬉しい経験でした!

投稿: whoko | 2015.05.27 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイド、やっと最終章になりました。:

« アートなロイド | トップページ | セッション »