« ペーナ宮殿 家具とステンドグラス | トップページ | サトイモサラダ »

ペーナ宮殿のだまし絵

Pda2

だまし絵といえばチェコのチェスキー・クルムロフの建物の外壁にもありましたが、ペーナ宮殿の部屋の壁のだまし絵も楽しく美しくだまされさせていただきました!

上のグリーンの壁、彫られた模様のように見えましたが、描かれたものでした。

じゃあ、こっちの壁の模様も描いてるのかな?と思って近づくと、コチラは立体的な細工!私にとっては逆パターンのだまし絵でした(笑)

P1

さて、↓コチラの壁は、どのように見えます?

Pda1_2

椅子の向こう側は奥行きがある回廊になってるのかと思ったら、絵でした。

けっこう間近で見て、絵なんだ!とやっと気がつくぐらいの見事なだまされ方でした(笑)

Pda3_2

↑コチラの壁も手描きです。

↓で、これは、えっと・・・

Pda4_2

ドアは正方形の大小の板が立体的に重ねられてましたが、白い壁は、彫られたものだったか描かれたものだったか忘れたー(笑)

|

« ペーナ宮殿 家具とステンドグラス | トップページ | サトイモサラダ »

コメント

だまし壁、いろいろあって面白いですね( ´ ▽ ` )☆

投稿: 亜季 | 2015.04.05 11:52

亜季さん

ね!面白いですよね

投稿: whoko | 2015.04.06 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペーナ宮殿のだまし絵:

« ペーナ宮殿 家具とステンドグラス | トップページ | サトイモサラダ »