« アズレージョ | トップページ | ペーナ宮殿 »

気づかなかった事件。

Hotel1

リスボンで泊まったのはロッシオ駅と地下鉄レスタウラドーレス駅から徒歩1分という便利な立地のホテル。

今回は宿泊日程が短いため「便利なところ」に絞って決めました。
本当はホテルより、部屋だけ貸してくれるふつーのおうちが希望なのですが、チケットを買ったとこのオススメホテルなので少々の割引になっていたので、めずらしく即決。

空港バスのバス停までほんの1.2分というのも有難かった。
そのおかげか、迷わずにホテルにたどり着きました!
もしかして、すんなり着いたの初めてかも(笑)

とはいえ、実は、気づかぬうちに事件に巻きこまれていたらしい。。。

Hotel6

といのはね、私がホテルにはいって数秒後に、ラフな格好の4~5人の男女(西洋人かと思う)がはいってきて、チェック・インしている私の後ろに続いたのね。

後ろに続くといっても、日本人のようにきっちり並ぶわけじゃなくて、チェックインカウンターのあたり広がってぶらぶらしたり、私の後ろや横に来たり。

そしたら、私の対応をしていたスタッフが急にピリッとしたかんじの口調で、私の荷物をすぐカウンター内の荷物預りのスペースに入れるように言い出したの。

うん?あ、まぁ、チェックイン時刻の前だから荷物だけ預けるつもりだったとはいえ、なんか唐突なスタッフの変化にきょとんとしながら言われたとおりにしていると・・・

スタッフは私の後からはいってきたラフな格好の4~5人の男女たちにポルトガル語で何やら言って、そして彼らは出て行ったのですが、スタッフ、また最初のときの表情に戻り、英語で「今の奴らは窃盗集団なんだよ」と言ったのです!

初めて当地に来たのがまるわかりの観光客の後をつけ、そのホテルにチェックインするふりして、カモの後ろに張り付き、傍らに投げ出したトランクを持って行っちゃったり、パスポートを取り出したときにバッグを全開にした隙に、お財布をすったりするんですって!

で、まんまと私がその餌食だったらしく、スタッフが犯行を未然に防いでくらたということらしい!

そのハナシを聞くまで、まったくわからなかったからねー、ワタシ。
説明されて、やっと怖くなり、「Scary!! うっそー!! 超・Scary!!」と、思わず叫んだものの、言ってるそばから「超・Scaryってなんだ・・・」と恥ずかしくなり、「こわー!!」「きゃー!こわっ!!」と言い直しました(ある意味、冷静?)

Hotel5

ホテルは古い建物の内部を現代風にしてまして、北欧風というかポップというか。
こじんまりした部屋ですが、清潔で快適。朝食もまずまずでした☆

Hotel9

|

« アズレージョ | トップページ | ペーナ宮殿 »

コメント

やっぱりwhokoさん強運の持ち主ですね。

おー、怖かった。
でも、何にもなくて本当に良かった。
未遂に終わり”怪我の功名”ではないけれど、
この後、”気を付けねば”と思いますよね。

テラスの写真?!本当、北欧風ですね~。

投稿: kotokoto | 2015.03.26 14:10

kotokotoさん

はい。
気づかぬうちに未然に防いでいただきよかったです

おっしゃるとおり、その後の行動、少しだけ注意するようになりました

投稿: whoko | 2015.03.26 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気づかなかった事件。:

« アズレージョ | トップページ | ペーナ宮殿 »