« 捨てられないものの使い道。 | トップページ | リスボンに誘われて »

誰よりも狙われた男

Main

映画月間のような今月(笑)
週末またまたギンレイホールで2本立てを観て来ました。(Eちゃん、おつきあいありがとう!)

そのうちの1本が「誰よりも狙われた男」

事前情報を得ぬまま観たのですが、面白かったです。

イスラム過激派として国際指名手配されているイッサがハンブルグに密入国し、CIAの介入も得たドイツの諜報界はイッサを逮捕しようしていたのですが、テロ対策チームを率いる練達のスパイ、ギュンター・バッハマンはイッサをあえて泳がせ、彼を利用することでテロリストへの資金支援に関わる“ある大物”を狙おうとしていた・・・

といったストーリーなのですが、役者陣、撮りかたなど秀逸です。
ハリウッドのスパイ映画と違い、淡々と進行していくので、途中、うっかり寝落ちもしてるのですが(こらっ!)、計画遂行するにあたり、少しのミスも許されない緊迫したミッションが画面からひしひしと伝わり、どうぞ、うまくいきますように!と、寝落ちしたわりには、ものすごく入り込んで応援したりしてしまいました!

武力に頼らない方法で、すべてがいい具合に解決する、そっか、こんなふうな解決策があるのかと目からうろこで諜報活動を見守ったのに、なんと最後のどんでん返しは、そうきたか!
イッサは危険人物なんかじゃなくて、天使のように純粋な人なのに・・・(しかも超イイオトコ)
ラストは、正義ぶってるアメリカのばかやろー!と毒づいてしまいました(笑)

バッハマンを演じたフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となっってしまったこと、ヒジョーに残念です。

|

« 捨てられないものの使い道。 | トップページ | リスボンに誘われて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰よりも狙われた男:

« 捨てられないものの使い道。 | トップページ | リスボンに誘われて »