« 12年ぶりのファブリック | トップページ | Shine »

ロシアの朝ごはん

Wba2


「朝ごはんを通して世界を知る」

ワールド・ブレックファスト・オールデイのメニューは世界各地の朝ごはん。伝統的な朝ごはんは世界的に消えつつありますが、そこには歴史や、文化、栄養、生きることを楽しくしてくれるヒントがいっぱいつまっています。朝ごはんを通して旅に出よう。

というコンセプトのお店があるというのは小耳にはさんでおり、出版物は人様へのプレゼントなんかにしていたこともあり、いつか行きたいなと機会をうかがっていたところ、念願かない、先週末mgちゃんと行ってまいりました。

地理的には外苑前から行くのがわかりやすいようですが、原宿から歩いてもいける距離です。(とはいえ土地勘がないと厳しい立地かもです)

夕方以降しか予約できないので、並ぶの覚悟で参戦したところ、お店の前に行列なし。
おお、ラッキー!とばかりにドアを開けると満席で、電話番号をスタッフに伝え、席が空くと電話をもらえるというシステムでした。
寒い中、行列して待つより、この界隈はぶらぶらしても楽しい立地。

目と鼻の先にあるアクタスで目の保養と時間つぶし↓

Actus

さて呼び出しの電話がなり、店舗へ。

店内もとーってもコンパクですがとおりに面した間口も、とって小さいので、気をつけてないと通り過ぎちゃうかもです↓

Wba4

二ヶ月ごとに国がチェンジするようで、1月と今月2月は「ロシアの朝ごはん」↓

Wba3

ピンクのが「ビーツのサラダ」で、時計回りに「プリヌイ」(クレープのような生地はロシアの朝ごはんの定番とか)にサーモンとイクラが添えられています。
そしてハンバーグみたいな「カトレータ」が2つとソバの実と牛乳のお粥「カーシャ」。
9時の方向にあるのが「キノコのマリネ」

ほぼ初めて食べるものばかりでしたが美味しかったです☆

Wba1

ドリンクは「モルス」というロシアでポピュラーなベリーのジュース。
美味しく飲みやすかったです☆

Wba5_2

来月はどこの国の朝ごはんかなー?

|

« 12年ぶりのファブリック | トップページ | Shine »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの朝ごはん:

« 12年ぶりのファブリック | トップページ | Shine »