« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

RE・アレンジ

Bf1

バースディプレゼントの花束をもらってから、すでに2週間ほど経つのだけど、冬の切花はなかなかの長持ちさん。

枯れた花を取り除き、自己流アレンジしてみましたよん!

Bf3


くるりんとした葉っぱとカーネーションでブーケっぽくしてみたり

Bf5

一輪の花は小さく切って小さなビンに挿し

Bf8

窓際に並べてみたりして

Bf6_2

今週末くらいまでは楽しめそうです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワンカラーの楽しみ

N1

5週間ぶりにファストネイルに行ってきました~

今回は、絶対、淡い水色!と、決めていて、カウンターで何種類か実物の色を見せてもらうと、希望する色はなく、アクアブルーに白を混ぜると希望の色に近づくかもというアドバイスをもとにブレンドしてもらいました。

料金的には、ワンカラー(一色)だと税込3229円で、ブレンドは一色につき千円プラスで税込4309円。

今回の淡い水色、とっても気に入っていて、手をみるたびにニヤついてます☆

さて、私のオーダーは毎回ワンカラー。
料金が安いのが第一の理由ですが、こったデザインだと、案外、着る服によって合わせづらいと感じている事と、伸びてきたときや剥がれてしまったとき、遊べるというのも大きな理由です。

↓はココアブラウンのワンカラーに100円ショップのネイルシールをプラス

N2_2

↓さらに、剥がれてきたとこにやはり100円のネイルシールを組み合わせたり

N3

残っているジェルはココアブラウンですが、シールはパープルと白のもの。
貼ってから1週間ぐらい過ぎ、かなりボロボロになってからの写真ですが、この組合せ、なかなか評判がよかったです^^

この上下の写真は、同時期の左右のネイルですが、色をあまり増やさず、ベースと似たような色や白をチョイスすると、デザインが違っていても、うるさくならないと思います。

N4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANNIE

Annie_2

公開したばかりのアニーを観てきました。
(mi**riちゃんからのBrithdayプレゼントだったのです!Thanks!!mi**riちゃん!)

アニーといえば超有名ミュージカルで、ストーリはなんとなく存じ上げていて、その映画版最新作の主役は白人ではないというのは、ぼんやりと知っておりました。

アニーを演じたのは、クワベンジャネ・ウォレス。
観ていないのですが『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』の少女ですよね(観たい映画のひとつです)

そしてリッチな実業家がジェイミー・フォックス!
ジェイミー・フォックスはクールで超イケメンゆえ彼が子供向けミュージカルに?!と、その意外性にかなり驚いておりました。

意外性といえば、キャメロン・ディアスも負け犬キャラ、しかも脇役で出演しているのですが、突き抜けていて面白かったです。
彼女は、コメディタッチのアイドル的女優というイメージを見事に脱皮して、様様な役柄を演じられる素晴らしい女優だと思います。(あ、この映画はコメディー路線です)

全体的に楽しめる映画でした。
幅広い年齢層の方々が楽しめる映画だと思います。

劇中、「Moon Quake Lake」という映画が挿入されているのですが、その出演者もアシュトンカッチャーなどかなり豪華!
もっとも、彼のことは見終わって調べてから知ったのですが。
調べたのは、「It's time」とか言ってるのが、どうにもリアーナじゃん?と思ったから。そして、やはり、あのリアーナだったのでした!

あ!そうそう!
本編のほうでマイケル・ジェイ・フォックスも出てきましたよ!

いろんな意味で豪華な映画です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャム作り

Jam3

「ジャムを作る」とか「花を育てる」を、「ジャム作り」や「花作り」と表現するだけで、なんだか達人ぽく思えるから不思議。

でも実際できあがったモノはといえば、やはり気が向いたときにしか作らない素人感がたっぷりの仕上がり(笑)

Jam5

林檎のごろごろジャムはなかなか美味しかったのだけど

柑橘類数種で作ったジャムは、取り除いたはずの薄皮と、ときどき口の中で遭遇・・・しかも歯に挟まり気がついたりするもんだから、手間がかかったわりにはちょっと残念な仕上がりです~

Jam2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬枯れのベランダ

Da1

日本列島、今が一番寒い時期ゆえ、植物は葉を落とし、うら寂しい冬枯れのベランダ(あ、ウチのベランダじゃなくて、娘んちだけどね)ですが、なかなか素敵な鉢デコレーション発見(って、親ばかですみません)

Da4

市販のプラスチックの鉢にデコパッチ(decopatch)の要領で紙を貼ったそう。しかもその紙は、読み終わった雑誌を利用したそうです。

ちなみに娘&その娘の共同作業とのこと。
うん。いいかも。特に今みたいに寒い季節、室内で子供とペタペタ・ハリハリ、楽しいんじゃないかしら☆

Da3

そして、もう一種類、感心したのがコチラ↓

Da2_2

やはりベースは市販の鉢に貝殻のデコレーション。
詳しく聞かなかったけど、紙粘土で埋め込んでいるのだと思います☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀のすみれ

Sumire

1年で一番寒い時期は、毎年、春の花のモチーフにやたらと惹かれます。
チューリップ、ヒアシンス、三色すみれ、クロッカス…etc

Sumire1

先日みつけた銀のすみれのネックレスはGUにて何と490円!(きゃぁ、嬉しい!)

Sumire2_2

若い子向けのお財布に優しいお店、オバちゃんも恩恵を受けてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015*CALENDAR

Cal

chisatoさんのイラストのカレンダー

年末、入院などでバタバタして注文するタイミングを逃してしまい、大晦日の日に「シマッタ!」と思っていたのだけど、2015年度版も無事入手(Thanks! chisatoさん!)

Cal2

毎年、「犬&ナニカ」のイラストで、今年は「犬と窓辺」のようです。
どの月も実にキュートなイラストで、見ているだけで口もとがゆるみます^^

Cal4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015*BIRTHDAY

2015birthday2

先週末、所用で娘の家に行ったところ、思いがけずバースディプレゼントをもらった!
思いがけず、というのは、すでに誕生日当日に電話でハッピーバースディの歌のプレゼントをもらっていたから。

写真上のたくさんの花の花束は娘から↑

↓コチラは孫娘がカードの封筒の裏ににぎっしりハートを書いてくれた写真。

2015birthday3

↓カードの裏面に描いてくれた絵はワタシの家があるところ。
ご近所の家や道が描かれていてり、駅からの道順を記憶していることにキュンとする婆心(笑)

2015birthday4

↓我が家だけは室内の様子が詳細に書き込まれてていて、一階のリビングにあるガラスの格子戸やテレビ、ソファやダイニングセット、2階の元・娘の部屋(泊まりに来たときはここで寝る)の、ベッドや天井からぶら下がった花の飾りもえがかれています☆

2015birthday8_3


↓娘がランチに作ってくれたサラダ。
わさび菜(「ママ、今、レタス高いねー。だからわさび菜ね☆」と娘が言っていた)、貝割れ、生ハムに、ひまわりの種、無花果ドレッシング(大量にあった無花果をペースト状にし冷凍しておいたそうです)

無花果ドレッシングだとかひまわりの種だとか、私には思いつきそうにないサラダ、とっても美味しかったです!

2015birthday5

↓パスタはシーチキンのトマトソース。これも美味しかった!

2015birthday6_2

娘曰く、クックパットと外食したときに食べた料理からヒントをもらって創作しているそうです。
そこに実家の母の味は登場しません(笑)が、料理や暮らしを楽しむ様子を見るのは母としてひじょーに嬉しく、何よりの誕生日プレゼントです(thanks!)


2015birthday1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴーン・ガール

Gonegirl_2

Yちゃんと下高井戸で上映中の「リスボンに誘われて」を観に行くはずが、電車の乗り換えミスにより上映開始時刻に間に合わないという痛恨のミス!(Yちゃん、すんまそん)

ならば、吉祥寺の映画館で誕生月は自分と同伴者1名までは1000円という特典を思い出し、急遽、吉祥寺でゴーン・ガールを観る事となりました。

いやぁ、これがかなり見ごたえありました!
さすがのデヴィッド・フィンチャー監督です、心底、震え上がりました!
夫婦や恋人同士で観に行かないほうがいいという前評判の意味が身に突き刺さすかのように理解できましたヨ!

役者陣も素晴らしい。
ベン・アフレックは見事にはまり役だし(あー、いるいる、こういうタイプのオトコ)、ロザムンド・パイク演じるエイミーの冷たい美しさと悲しさ、そして完璧な彼女が見せるマヌケな部分にもリアリティを感じました。
エイミーの両親やニュースキャスターの、いわゆる勝ち組の異常さも素晴らしいと思いました。

たぶんですが男性は後味悪いかも。
とんでもないストーリーだ、こんな映画作るんじゃないって怒る男性、決して少なくないかも。

ワタシはモチロン女性目線で鑑賞したわけですが、エイミーに共感できないまでも、エイミーの痛みや怒りの一部がわかってしまうという自分に気づき、自分が恐くなりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKEAでフタふたつ。

Huta1

ずいぶん前にIKEAでみたフライパンのフタ。
持ち手が折りたため、すっごく薄くてスタイリッシュな姿にひと目ぼれしたのだけど、フライパンのフタならすでにあり、買いたいのをぐっとがまん。

その後もIKEAに行くたんびに、素敵だなー、ほしいなー、しかも安いしなー(499円なの!)と反応してました。

数ヶ月前、カードのポイントでマイヤーのフライパン2つを入手し、いい機会だからと、やっとフタを買い換えることにいたしました。

Huta2

28cmと20cmのフライパン用に28cmと24cmのふたを買いました。

収納時には持ち手部分を折りたたみ、スリムに収納(一番上の上の写真)できるところも気に入っていますし、持ち手を引き上げた状態の姿も美しいと惚れ惚れしております☆

Huta4_2

商品詳細はコチラ→STABIL ふた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そっか、正方形じゃない♪

Mattipikkujamsa1

去年のことですが、いつものように吉祥寺をぶらぶらしていると、何件かのお店におかれていたフライヤーが、もうツボで、思わず数枚持ち帰っておりました。

その翌週くらいに所用があり、また吉祥寺に行くと、別のお店におかれていた、先週のと同じフライヤーとまたも遭遇。ほぼ無意識に、なんとなく、またまた数枚手にとって持ち帰るというのを繰り返しておりました。

なんとも心惹かれるイラストを描いたのはフィンランドのイラストレーターMatti Pikkujamsa(マッティ・ピックヤムサ)さんで、日本各地で開催されるエキシヴィジョンのためのフライヤーだったのでした。(Matti Pikkujamsaで画像検索するとこの方のキュートなイラスト、たくさんヒットしますよ☆)

Mattipikkujamsa3_3

さて、冬休み中、掃除しているときに、出てきたフライヤーの数を数えたら、なんと9枚!

捨てフェチのくせになにやってるんだろう、アタシ・・・と、あまりの枚数の多さに驚愕しつつ、それらをテーブルに並べ、いくらタダとはいえ、こんなに持ち帰っていたなんてと、急激に恥ずかしくなり、ボーゼンと眺めていたところ、脳細胞が反応。

というのはですね、リビングに配電盤がむき出しで設置されている我が家。その配電盤の気配を隠すため、額縁の絵を飾っているのです。

そしてその額縁は「やや正方形」で、持ち帰ったフライヤーも正方形。

正方形が9枚ってことは、正方形に配置できるってことよね!と、その額縁に並べてみたのでした。

Mattipikkujamsa2

偶然による9枚ですが、1枚も処分することなく活用させていただき、自分的にはたいへん満足しております☆

でも、原画展で来日なさったマッティ・ピックヤムサさんには、「フライヤーで満足しちゃってごめんなさいっ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フフフのふぐ

Hugu1_3

ふぐの一夜干し、初めて食べたら、まぁ!美味しいこと!!
身が厚くってほくほくして、甘みがあるの~

Hugu2_2


鯵のみりん干しや明太子などなどと共にお正月届いたときには、まさにお年玉でした(Aさん、いつもありがとうございます!)
お求めはコチラからどーぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらにさらなるぐりとぐら

Guribin1

年末のことでした。

ポストの中にぐりとぐらの小包発見!
(サクランボは宛名を伏せるための小道具☆)

Guribin2

切手もぐりとぐら!

↓包みを開けるとさらなるぐりとぐら!!

Gurigura1

札幌はKUSHUKUSHU(くしゅくしゅ)オーナーのCHICAKOさんが贈って下さった「ぐりとぐら かるた」だったのです。


Gurigura2

添えられたお手紙にあった「お孫ちゃんと楽しんで」の言葉のとおり、冬休みに四歳児とカルタ遊びを楽しみました^^

Gurigura3

嬉しい贈り物はさらなる嬉しい時間をも作ってくれました!(chikakoさん、ホントにThanks!!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファランジは指骨なんだって

Acc1

Rさんが手作りのピアスとリング(イツモアリガトウゴザイマス!!)
作品の素晴らしさはもちろんのこと、遊び心あるラッピングも嬉しく、今回はミニチュアのハンガー&ケープにピアスがキラリでした。
こういうのもきっとご自分でちょこちょこっとつくられちゃうんだろうな♪

さて、いただいたリングはミディリングとかファランジリングなどと呼ばれている第一関節から第二関節あたりにつけるリング。
欲しくて探していたところだったのでヒジョーに嬉しく、日々、ジャラジャラつけています!

Acc2

↑写真では、かなり上の位置にずらりと一列にして撮ってますが(なぜかというと、指のシワに我ながら愕然!としたためです!)、たいていはもうちょっと下だとか、通常の位置とか、高低差のあるつけ方をしてますよー☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えーえんとくちから

Een1

入院中、病院に姉から届いた宅配便。
「お見舞いはこなくていいよ、ていうか、こないでねー。」と、夫をはじめ、入院のお知らせをした人にはお願いしておいたの。
(だって、弱ってるときに人と会うの苦手だし。とか言ったわりには、まったくもって辛くなかったんだけどね!笑)

で、姉が送ってくれたパジャマやらパズルやらエッセイなどの中でも、静かに衝撃的に私の気持ちにすとんと入ってきたのが、

えーえんとくちから 笹井宏之作品集

ふだん短歌とか読まないのだけど、この作品集ときたら、見事に清々しくって、素晴らしい言葉と出会えてよかった!と心から思わせてくれました。

少々の諦めとか苦々しさというスパイスも効かせているから、「歯が浮いちゃう」とか「所詮、綺麗ゴト」という否定的な感情は一切浮かばず、制約のある文字数の中で(いや制約があるらこそなんだろーね)言葉が生き生きと佇んでいるかのよう。


Sasai

中でも、なんだかとっても好きなものを少しだけ・・・(抜粋なんておこがましいのですが、どうしても紹介したく、できたら実際に歌集を手にとってくださるきっかけになればいいなと願いを込めて)
 
 

       
「廃品になってはじめて本当の空を映せるのだね、テレビは」


「この森で軍手を売って暮らしたい まちがえて図書館を建てたい」


「胃の中でくだもの死んでしまったら、人ってときに墓なんですね」


「あのひとは階段でした のぼろうとしても沈んでしまうばかりの」


「スライスチーズ、スライスチーズになる前の話をぼくにきかせておくれ」


「切れやすい糸でむすんでおきましょう いつかくるさようならのために」


タイトルの「えーえんとくちから」は、

「えーえんとくちから えーえんとくちから 永遠解く力を下さい」

最初、ひらがなを目にしたときは、「えーえん」と口から・・・と、子供が泣いてるのかと思いましたが、たぶん、そのへんの言葉遊びもあるのでしょうね☆


| | コメント (4) | トラックバック (0)

カミワザ。

Paperflower9

年末、ひさびさに手作り魂が復活し、紙細工なぞいたしましたが、娘が自宅に飾らなくなったからと実家に持ってきたのも紙細工でした。

Paperflower5

大きいのが直径30cmくらい。小さいのが20cmくらいで、たーくさんあります。
それらを元・娘の部屋の天井に娘自ら画鋲でとめていきました。

Paperflower2_3

これらは娘が作ったそうです。

たくさん買うと、けっこうな値段になるので、自分で作れそうなものは作ってしまうという発想は遺伝ですね(笑)

Paperflower8

材料は、なんと!お習字に使う半紙ですって!

Paperflower7

和紙など買い求めたら、そこそこの値段になっちゃいますが、なるほど!半紙ならコストを抑えられますよね☆

ホワイト一色というのも気に入ってますが、水で薄めた絵の具なんかを染込ませてみてもいいかもしれませんね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年もよろしくお願いいたします!

Newyear

あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって素晴らしい年となりますように!

旅行に行けないのに九連休もいらないよー。。。なーんて休みの前は思っていたのですが、あっという間の九連休。連休最後の日は、もっと休みが続けばいいのにとか勝手な事を思っちゃいました。

Newyear2

年末は、気になっていた箇所を集中的に攻めた部分的大掃除でしたが、まぁまぁキレイになったので満足☆

おせちは例年通り手抜きでしたが、結婚した娘がおばあちゃんから受け継いだ松前漬を作って持ってきてくれました。

本来ならワタシが受け継ぐべき事柄ですが、するめを切ったりするのが面倒で、義母がつくらなくなってからというもの、なーんとなく省いていた松前漬。

いつの間にか娘が作るようになっていたので、一生ワタシは作らずにすみそう(笑)
どおってことのないハナシですが、我が家の歴史のひとコマです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »