« 和風*いわしのトマトソース | トップページ | ポルトガルとエストニアでクリスマス支度 »

6才のボクが、大人になるまで。

612

連休最終日、6才のボクが、大人になるまで。を観て来ました~
祭日だったことと、上映会場が少ないせいか、満席だったのにびっくり。
前もってチケットを購入しておいてくれたEちゃんアリガトウです!

主人公である6才の少年とその家族の12年間を同じ役者がその時間の経過と共に演じるという、北の国から的な子供の成長を、『ビフォア』シリーズなどのリチャード・リンクレイター監督が撮った作品ということで興味を持ちました。(イーサン・ホークも好きだし)

それにしても上映時間がけっこう長く(160分!)、自分から誘っておいて、やはり、途中寝てしまいました。
決してつまらないわけではないのです。上質な作品という手ごたえはあるし。
が、淡々とした作りで、映画館、やけに暖かく、ランチで満腹になった後の鑑賞ということもあり・・・途中、数回、寝落ちしてしまいました。。

最後、大学生になった主人公がハイキングの岩場で交わす会話・・・「一瞬」と「一瞬の継続」が、時であり、ライフである・・みたいなことが、この映画のテーマだったのかな・・・などと、夢心地でぼんやり考えました。

|

« 和風*いわしのトマトソース | トップページ | ポルトガルとエストニアでクリスマス支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6才のボクが、大人になるまで。:

« 和風*いわしのトマトソース | トップページ | ポルトガルとエストニアでクリスマス支度 »