« 長距離バスでサフランボルへ | トップページ | 滞在4時間。というのにサフランボルでハマム体験! »

サフランボルの古民家と手仕事

Safmu1

サフランボル日帰りというスケジュールのため、古民家ホテルに宿泊の夢は叶わなかったのですが、博物館として一般開放している古民家を見学してきました。

ソファのような長椅子もありますが、マネキンを使った展示では、床に座って食卓を囲むなどの生活様式がみられ、アジアとヨーロッパが混ざり合った地であることを実感しました。

Safumu2

その地方の伝統的な技術を見るのも旅先での楽しみのひとつ。

Safmu3_2

古いレースや刺繍のクロスなど、生活に溶け込んだ可愛いものをみると、胸中はきゃぁきゃぁ。

Safmu4

でも、静かにじっと、興奮を抑えて見学します。

くたびれた(・・・いい意味での古さ加減の表現のつもりです)タペストリー↓

Safmu5_2

糸を抜いて絵柄を作っていく手法のレース(だったと思う。確信はないけど)↓

Safmu7_2

古民家の壁は外も内もだいたい白。

Safmu6

柱や天井は濃い茶色というのが特徴的。

床に座っての生活様式や、白壁に茶色の建具など、日本の住居と似ているように思いました。

|

« 長距離バスでサフランボルへ | トップページ | 滞在4時間。というのにサフランボルでハマム体験! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サフランボルの古民家と手仕事:

« 長距離バスでサフランボルへ | トップページ | 滞在4時間。というのにサフランボルでハマム体験! »