« カップケーキになるはずが | トップページ | ジャーミー! »

異国情緒魅力炸裂トルコ

Turkeya

ただいま!
国土がアジアとヨーロッパからなる異国情緒たっぷりのトルコから帰ってまいりました~!

今回の旅も、しょっぱなから「まさかの・・・!」があったのですが、結果的には素晴らしく楽しめて、相当好きになってしまったトルコでした☆

Turkeyb

旧市街あり、都会あり、海あり、坂あり、遺跡あり、自然遺産あり、寺院あり、教会あり、廃墟あり、可愛いもあり・・ぜいぜいぜい・・・と、まあ、色々な表情を持ち、なおかつ、イロイロがイロイロに混ざり合うもんだから、想定外の魅力が炸裂しておりました。

ほんと、恋に落ちちゃったかのように、大大大だーい好きだわ、トルコ。
ああ。帰ってきたばかりだけど、すぐにも戻りたい気分(笑)

Turkeyc

日本人的には考えられないようないい加減さもあるのに、なんだろう、悪気はないのは伝わってくるし、やる気になると、けっこう迅速かつ勤勉に行動したりする人々との出会いがトルコでの宝物になっております。

ひとつのエピソードとして

実は、、、またも事件勃発!

予約していたホテルに夜中に近い夜更けに到着すると、まさかのNO RESERVATION(予約なし)!!

そんなはずはないでしょー!
Your reservation is booked. No need to call us to reconfirm this reservation.って書かれた某ホテル予約サイトの書類を見せるも、予約はされていないし、部屋も満室とか言われちゃって!

Turkeyd

16時間も飛行機に乗って、空港からバスとトラムを乗り継ぎ、やっと到着したのに、ウソでしょ?!とうろたえていると、受付のイマドキのオニイサン、「まぁ、そこに座って」と椅子をすすめてくれて、「友達のホテルにきいてあげるから」って電話をしだし・・・
「じゃ、行こう」と電話を切って外に歩き出すオニイサン。

え!それってキケンな展開じゃない?!って思って、「いえ。けっこうです!」って言ったものの、「だって困ってるんでしょ?心配ないよ、すぐそこだから」と、ワタシのスーツケースを持って石畳の坂道を歩き出す。
しかも、自分のホテルの受付はかっらっぽ状態。。。いいのか?とそんな心配もする日本人気質のワタシ。

「えー。。。あの。。。ほんと、(別のホテル紹介してくれなくて)いいから。。。」と言いつつ、後を追うようについていくと、徒歩2分ぐらいのところにあるホテルへ入っていき、友達らしき、イマドキのオニイサンたちと何やら話し込み、数人が手分けして電話し出すのです。

どうやら本気でワタシの宿泊場所を探してくれているらしい。
その熱意に、あれ?この人たちを疑うなんて失礼かも、、、と気持ちもやわらいでいき、けっきょく、ともだちのともだちのパパのホテルが空いているということで、車で迎えに来てくれるという。

でも、どこだかわからないところに車で連れてかれるなんて、それはやっぱとってもキケンでしょうと、日本人としてめずらしくない思考回路で断ると、地図をひろげ、そのホテルの場所を示し、「安心して、駅はここで、グランドバザールもすごく近いよ」となだめられ・・・

やはり、この人たちは親切心から、自分たちの業務があるにもかかわらず、それをおっぽり出して動いてくれてるみたいだなーと感じられ、やがて、トモダチのトモダチのパパの車が到着。
乗り込みましたよワタシ。

そして到着したホテルで料金交渉。
最初に予約したホテルと同じ待遇(朝食付き・シャワーつき)金額しか払わないから!と強気で言い放ち、なめられないよう、強気な態度を示しました。

あっさり、その辺の条件はクリアし、無事部屋に通されると、あれ?アタシ、なんで同じ金額でって自分から言っちゃってるんだ?それより安くって言えばよかったー。。。などと、自分の間抜けさを感じつつ、とにかく、まぁ一安心。スーツケースを持ったまま野宿することは避けられました!(笑)

けっきょく、そのホテルには6泊しちゃいました。
値段は相場から見て安いわりには、スタッフの人たちがみな気持ちよい人たちで。

最初に予約したホテルで、予約されてないと言われてから、何人もの人があれやこれや動いてくれたのに、不信感からろくにお礼も言ってこなかったなーワタシ。
今思えば、あの中の誰も、金銭的に得したりなんてこともなかったわけで・・・それなのに、ワタシの振る舞いときたら高飛車でした。反省。。。

さて。
帰国後、某ホテル予約サイトに事の次第を報告。
オンライン上では予約が完了していたにもかかわらず、なぜこうなったのか調査し報告してくれるとの事です。

|

« カップケーキになるはずが | トップページ | ジャーミー! »

コメント

お帰りなさい~!
トルコ、わたしも憧れる国です!
よく国名で画像検索して擬似旅行するんですが
なかでもトルコは文化が面白くて。

あわや宿無しとは大変でしたね。
強気でないと海外の一人旅は乗り越えられないとはいえ
根っからの親切に出会うと心がほぐれますね。

投稿: 水間 | 2014.08.22 23:59

水間さん ただいまです!

国名で画像検索して擬似旅行!
面白そう!それ今度私もやってみます

気が小さい&弱いほうなので、私がどんなに強気にかまえても、おどおどしているのはバレバレで、負け犬の遠吠えくらいにしか見えてないかもしれません

それでもトルコの人たちはホント優しかった。
他の観光地と比べても、スリやぼったくりは、ごくごくわずかという印象でした

親切な人々に素直に感謝してこれなかったことが心残りです。

投稿: whoko | 2014.08.23 14:38

(*゚ー゚*)whokoさん、お帰りなさい!

いつも、いつもwhokoさんの旅行記、
ドキドキハラハラのエピソードを楽しく(?!)
読ませていただいています。

今回のホテルの件、私もきっとwhokoさんと
同じような思考と発言(値段のこととか)に
出たことが容易に想像がつきます(笑)

でも、本当に、いつも結果オーライで
強運(*^.^*)をお持ちなんだな。って。

トルコ。私の母が15年ほど前に行って、
べた褒めだったので、私もいつかは・・・。と
思っています。

投稿: kotokoto | 2014.08.26 10:31

kotokotoさん

ただいまです!

えへ!
「同じような思考と発言が出たかも」といっていただけ、なんか安心しております

トルコ。
今まで、ヨーロッパばかりだったということもあり、かなり新鮮な驚きと喜びがありました!
ワタシもお母様と同様にべた褒めです

投稿: whoko | 2014.08.26 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異国情緒魅力炸裂トルコ:

« カップケーキになるはずが | トップページ | ジャーミー! »