« 現在、水玉中。 | トップページ | チャンプ柄 »

脳の疲労と甘いモノ。

Russian1

ぼんやりしてたりバタバタしたりの繰り返しで日々は過ぎ去り、気がつけば次の旅行まで20日ほど。

節約ひとり旅にて重要ポイントとしているのはフライトチケットの値段で、私にとってはチケットを取るまでが一番の重労働です。
しかも、キャパを超えての頭脳労働ゆえ、チケットを購入した後は燃え尽き症候群のようになり、しばらくはガイドブックを見るのも嫌になってしまうほど・・・(苦笑)

Russian2

さて、20日後に迫った初トルコへは初めてロシアの航空会社のアエロフロートを利用します。

で、そのアエロフロートなんですけど、最初にその社名と出会ったとき、脳が変なインプットをしてしまい、エアロフロートとかアフロエロートとか、言いまつがい状態になってます・・・

対処法としては、アルファベットのAEROFLOTをインプットしなおすのが一番効果的ね!(笑)

Russian3

さてさて、今回の記事の写真は先月ロシア出張から帰ってきたYちゃんから頂いたロシアのお菓子。デザインの可愛さに、またも年甲斐もなく、きゃぁきゃぁしております!(THANKS! Yちゃん!)

捨てフェチのはずが、そのLOVELYな包み紙が捨てられずにシワを伸ばして撮影したりして(笑)

Russian5

なかでも、↓の子供の顔の包み紙は、捨てられません。

Russian4

なんかこう、つぶらな緑の瞳に見つめられたら、くしゃっとできないもの~(笑)

Russian6

中はチョコとビスケットが何層にも重なったやつでヒジョーに美味!

他のチョコも、ナッツやキャラメルのミックスだったりで、どれも美味しかったです☆

海外のお菓子って、ジャケ買いしてみたものの、いざ食べたら「んんん????!!」なこと、多々ありますが、ロシア土産のこれらは、みんな美味しかったです!!

Russian7

さてさてさて。

アエロフロートにした理由は値段が安かったのと、飛行時間の短さから。
日本からトルコへの直行便は12時間とのことですが、お盆の時期の直行便なんて高過ぎて高すぎて手が出ません!

モスクワ乗り継ぎのアエロフロートは、往路が合計14時間30分、復路が13時間40分と、時間的には直行便と大差ないのです。

アジア乗り継ぎのフライトも値段は安かったのですが、片道30時間以上とか…!

Russian8

燃料サーチャージャーをいれても12万ほどのハイシーズンの往復チケットを、お得感満載で購入したつもりでしたが、よーく考えると、乗継時間が1時間20分(復路では1時間15分)しかありません。

一応、アエロフロートに直接電話して大丈夫と聞いてますが、実はちょっと不安も。。

というのは、前回の一人旅、イタリアから帰る時はロンドンのヒースロー乗継だったのですが、このときも乗継時間が短くて、けっこうな距離をすんごい走らされたのでした!

長い列から優先的に出してもらえると、係員に「走れー!」と追い立てられ、いやもう、この年で全速力ダッシュはきつかった!
なんとか乗り継ぎ便のシートに座っても、しばらくは息が、ぜいぜいぜいぜいぜいぜいぜいぜいぜい・・・・でした!

Russian9

どうして、そういうこと、忘れるかなー、自分。
安さに目がくらみ、脳が正しく判断できなくなったとしか思えません。

でもま。
航空会社の人が大丈夫とふんだフライトスケジュールなわけだから。

うん。
走れっていわれたら、走る覚悟をもって旅立つこととします!(汗)

脳の疲れと体力の消耗にも甘いものを持参していかなくちゃね☆

|

« 現在、水玉中。 | トップページ | チャンプ柄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳の疲労と甘いモノ。:

« 現在、水玉中。 | トップページ | チャンプ柄 »