« 夏は白! | トップページ | Concombre »

デュフィのデュ

Raoul_dufy2

渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中のデュフィ展へ行ってきました。

ラウル・デュフィ(RAOUL DUFY)の絵は、むかーし、昔、二番目の姉が「この絵、素敵でしょ」と、使い終わったカレンダーをくれたのが出会いです。
何種類かあったのですが、中でもピンクとブルーの配色の絵が気に入り、絵の部分を額に入れ、ずいぶん長いこと飾っていました。

Raoul_dufy1_2

10年以上前にも(記憶が定かではないのですが)都内でデュフイ展があり、観に行ったことがありました。
そのときはイメージしていた明るい色彩とは異なるタイプの絵が多く、あまり感動できなかったのですが、今回、Bunkamura ザ・ミュージアムの展覧会のポスターをみたとき、「そうそう!!この色彩!」と嬉しくなりました。

そして先日、Mちゃんと会う約束があり、そのときデュフィ展もつきあってもらったのです(THANKS!!)

Raoul_dufy7_2

今回の展示は、私の好きな明るい色彩の作品がたくさんあり大満足したのはもちろんですが、テキスタイルや版画の作品が観れた事も、また違った魅力の再発見となりました☆

ネットでもたくさんの彼の作品を見ることができます。
彼独特の線のタッチや色彩のイメージは伝わってきますので、渋谷までなかなか行けないって方でご興味ある方は、ラウル デュフィで画像検索してみてもいいかも☆

Raoul_dufy5


ところで。

この記事を書くにあたり、デュフィの「デュ」ってどうやって入力するんだっけ?となったことを白状します!

リュとかヴィとかは悩むことなく3文字のローマ字入力ができるのに、なぜか「デュ」が打てず・・・

事務職歴うん十年。入力作業は慣れたもんのはずですが、これが案外、忙しかったりすると調べもせずに「X」に頼っていたのが「デュ」が出てこない原因・・・。
(えっと、例えば、「D」「E」で「デ」を入力した後、小文字になる「X」を押しながら「Y」「U」入力という方法のことね)

X同時押しの小文字変換でもいいっちゃイイのですが、ひとつここは調べてみることに。

そしたら「DHU」でした!
あ、そっか!な答えでした(笑)

|

« 夏は白! | トップページ | Concombre »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デュフィのデュ:

« 夏は白! | トップページ | Concombre »