« 影響力。 | トップページ | ままごとサイズの »

行ってみないとわからない

Soap1

写真は、タビトモ(旅を共通の趣味とする友達の意)Yちゃんからのポルトガルのお土産の石鹸です。
すごっくいい香りで、夜寝るとき枕元においていて、本来の洗うという目的ではまだ使っておりませんが、ヘビロテアイテムとなっています!(Yちゃん、Thanks!)

香りもいいけどデザインも素敵で、目覚めたとき、図柄をぼーっと眺めるのもいい時間となっています☆

Soap2

さて、さきほど、別のタビトモEちゃんから「来週からスペイン旅行」とのメールがきました。
スペイン、好きだわー。過去2回訪れてますが、何度でも行きたい気持ちにさせる国で、まだまだ行き足りません!

とはいえ、次回の一人旅、既に決まっているのです。

病院や仕事のスケジュール調整の関係で、値段がアップする8月中旬しか休みがとれなかったのですが、なんとか安めのチケットを購入。行き先はトルコです。

日程は1週間ほどのため、イスタンブールを中心に、1日だけカッパドキアの予定をいれました。
本当はサフランボルというところにも行きたかったのですが、イスタンブールからバスで7時間の距離のため日帰りは難しそうで、現在思案中です。

さてさて、タイトルの「行ってみないとわからない」

フライトチケットや宿泊先を自分の身の丈にあった予算でおさえる個人旅行ゆえ、ほとんどの場合、期待値を上回っていて、まぁガッカリ感に襲われた場合も、自分で手配したことなので諦めもつき、その旅のテンションを損なうほどの被害ではありません。

それに、最初からなにもかもわかっいたら旅の面白さがありません。

でも。でも。でも!

ニオイに関しては、気分を切り替えるのが難しい・・・

亜熱帯の気候の市場や水場のニオイ。
観光地につきものの、観光馬車乗り場付近の馬糞のニオイ。
機内に充満する苦手な食べ物のニオイ。。。

これらのニオイは、その場を離れれば解決できるわけですが、とある宿泊先の配水管からあがってくるニオイやもしくは訳のわからない悪臭には困りました。

例えば、みすぼらしい部屋だったとしても、清潔なシーツに身を横たえ目をつむれば、旅の疲れもあいまって深い眠りに自然と入ることができます。
深夜の酔っ払いや、早朝のごみ収集車の騒音も、さほど気にならない体質のワタクシですし。

だけども、目をとじてもニオイだけは・・・

ホテルの詳細にもニオイの項目はないしなー
こればかりは、行ってみないことにはアタリかハズレかわかりません。

なので、このお気に入りの石鹸、旅先にも持っていくこと決定☆
心強い旅アイテムのひとつとなるのは間違いないでしょう^^

|

« 影響力。 | トップページ | ままごとサイズの »

コメント

ふうこさん、石鹸喜んでくれて嬉しいわぁ(*^^*)
そして旅友にしてくれるんですね、その子!
かなり嬉しい☆
匂いに関すること、すっごくわかります。
建物にはいった瞬間になんか感じるときもありますね。
マイナスな場合は特に…(*´-`)
確かに匂いが左右するかも…匂いの項目、ほしいですね(笑)

投稿: ゆきえ | 2014.07.11 23:02

whokoさん、
”におい” そうですね。
その場から逃れられるシチューエーションならば
まだしも、機内、ホテル、など、逃れられない場合。それはそれは辛いですね。
でも、不思議なことに、最初「くさっ!」と
思っていた匂いにも時間が経つと麻痺してくる。
経験がありました。それはどうやら科学的
根拠もあるそうです。

投稿: kotokoto | 2014.07.13 22:59

ゆきえちゃん

愛用させていただいてまーす!
こちらこそ感謝です

匂いの項目で「五つ星」とか「星評価」なしとか、「排水溝の匂いがお好きなかたにはオススメです」とか・・・

なんちゃってね!

投稿: whoko | 2014.07.14 11:33

kotokotoさん

ああ!そうですね!
時間が経つとなれてくるということ、あります!あります!あったわ!そういうこと。

慣れるまで連泊する・・・
というのもひとつの解決法だったりね

投稿: whoko | 2014.07.14 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみないとわからない:

« 影響力。 | トップページ | ままごとサイズの »