« やさしい本泥棒 | トップページ | ピザじゃなくてピサ »

フィレンツェでみた路上の画家

Dr2

フィレンツェは、評判どおりの美しい都。
旧市街は駅に近く、ホテルもその近辺を選びました。
というのも、フィレンツェ旧市街は、ほぼ一日でほぼ見て回れると聞いていて、列車やバスで近郊へ小旅行するためでした。

Dr1

写真はシエナからバスで帰ってきたとき。
旧市街の入り口辺りに人だかりができていて、近づくと、ごらんのような素晴らしいパフォーマンスが繰り広げれておりました。

Dr3

彼はフィレンツェ以外でも、路上に絵を描いているのかもしれないけど、フィレンツェで出会えたことが嬉しかったです。
(もちろん、いくらかのコインを箱にいれてきましたよん!)

ちなみに翌日の朝、同じ場所を通りましたが、絵は跡形もなく消えておりました。
パフォーマンスが終わったら彼自身が消していくのかしらね?

なんだかもったいないけど、またどこかの路上に素晴らしい絵が描かれているというのもロマンがありますね☆

それにしても、今気がついたのですが、これを見れたのはラッキーだったかも!

というのは、フィレンツェ近郊のシエナのあと、サンジャミーノにもその日の朝は行く予定でした。
ところが、シエナで少し疲れてしまったためサンジャミーノには寄らずに戻ったなです。
サンジャミーノへ行けなかったこと、帰りのバスで残念だな〜って、少々がっかりしてたんです。

でも、サンジャミーノをあきらめたから、見事なパフォーマンスを見れたわけで!
ラッキーだったんだね!^_^

|

« やさしい本泥棒 | トップページ | ピザじゃなくてピサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェでみた路上の画家:

« やさしい本泥棒 | トップページ | ピザじゃなくてピサ »